フォト

サイト増設コンテンツ及びブログ掲載の特異点テクスト等一覧(2008年1月以降)

コンタクト

  • メールアドレス:
  • アドレス(URL): http://yab.o.oo7.jp/index.htm

1行紹介

「臨済録」の「逢佛殺佛。逢祖殺祖。逢羅漢殺羅漢。逢父母殺父母。逢親眷殺親眷。」+逢己殺己。/Duchamp,Marcel "D'ailleurs,c'est toujours les autres qui meurent." 「さりながら、死ぬのはいつも他人なり。」  

自己紹介文

『あなたに申し上げよう。酔って墓の上に眠っても、何も面白くない。眠るのなら墓の中に寝るべきだ。』
 
本blogは孤独な
Aлaин Лэрoй Йaбунoвич Лука Taдaский
のモノローグであり、コメントもトラックバックもなしだ。そう、 “La fête est finie.”だ。
2012年3月をもってすっかり窮屈になった公務員(高校国語教師)生活にオサラバ(55歳で早期退職)し、文字通り藪「野人」となって己が不毛の魂の荒野を亡霊の如く彷徨している。

2008年1月以降のテクストへはblogの左コンテンツ「HP増設コンテンツ一覧」から直に行ける。

リンクはご自由に。そもそも僕は、リンクを制限するサイトやブログを見ると虫唾が走る部類の男である(だったらネット上にあなたの「ありがたい」情報を金輪際、載せるべきではない、と言いたいのである)。

★サイトURLを変更した。万一、記事内のリンクをクリックして「ページ移転のお知らせ」が出た場合は、戻ってリンク部分で右クリックしてアドレスをコピーして戴き、その頭の「http://homepage2.nifty.com/onibi」の部分を「http://yab.o.oo7.jp」に変えて戴けると、表示出来る★

Animalia,
Chordata,
Vertebrata,
Mammalia,
Primate,
Haplorhini,
Catarrhini,
Hominoidea,
Hominidae
動物界 脊索動物門 脊椎動物亜門 哺乳綱(サル亜綱・正獣下綱) 霊長目(サル目) 真猿亜目(サル亜目) 狭鼻下目(サル下目) ヒト上科 ヒト科 ヒト属
学名 Homo sapiens form. Alainea leroia yabunovichia tadaskea,NAOKAZU KASAI., 1957
和名 やぶちゃん
渾名 邪魅羅(死語)
俳名 唯至(但し古くは獨詩と号していた)
勝手に洗礼名 ルカ
俗名 藪野直史 
♂ 1957年2月15日鎌倉生
海辺の狂僧 又は 忌まわしくも壇上にておぞましくも糧を鬻ぐ無惨なる déraciné 果ては何者にも繋がらぬ野人と化す
(写像はブログの“The Picture of Dorian Gray”へ) 

*病歴
左肩結核性カリエス(固定治癒)・A型肝炎(γGTP2000メーター振切れるも悪運強く治癒)・糖尿病(不治)・右橈骨遠位端骨折(海岸生物観察指導の公務中の事故。2006年3月末固定治癒、2009年7月同軟骨部術後関節症発症、2011年6月同術後関節症悪化、漸次指及び関節拘縮増悪中)・2006年12月ベトナム行で航空性中耳炎から左右の聴力不可逆的に減衰(現在も左耳常時耳鳴)・IBS(過敏性大腸症候群)・大腸腺種(良性ポリープ)・上下行結腸に憩室多数。2012年年末へバーデン結節発症するも寛解。2015年8月8日、転倒して後頭部を強打し、反側損傷によって前頭葉の一部を挫滅、嗅覚をほぼ喪失。2016年10月、上記予後検査のためにMRIを撮ったところ、左内頸動脈に1・8ミリと2・5ミリの動脈瘤発見、経過観察――そして――魂は末期ホスピス段階――なお、僕の遺体は慶応大学医学部に献体契約済みである――僕には、葬式も墓も、ない――多磨霊園の慶応大学医学部無縁仏合葬墓――そこで一足先に待っている母と僕は一緒になる――

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
*母聖子テレジア
筋萎縮性側索硬化症により2011年3月19日天国へめされました――
*三女アリス
脳腫瘍のため2017年10月26日母のもとに旅立たせました――
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

*Blog第一日目より
『僕はここで、日々の私の「みじめな生き物」としてのくだらない瞑想、基、「迷走」をモノローグしたいと想う(従って、コメントもトラックバックも受けず付けない設定にしてある)。万一、読まれる方はそのような独白として承知頂き、通り過ぎて、ちょっと立ち止まって、見つめてくれるのであれば、恩幸これに過ぎたるはない。』

*メール
「題名」で、「目的とアイデンティティ」を明瞭にして送られたい。以上が鮮明でないメールは未開封廃棄するのみならず、以後、拒否メール扱いとなる。
また、貴方がフェイスブックやミクシィ及びツイッターに所属しておられるならば、以下を来訪されれば送信は即座に可能である。

http://www.facebook.com/tadashi.yabuno

http://mixi.jp/show_friend.pl?id=1248366

Yabunovich

*僕の遠き日の思い出に

 水中花   伊東靜雄

水中花と言つて夏の夜店に子供達のために賣る品がある。木のうすいうすい削片を細く壓搾してつくつたものだ。そのまゝでは何の變哲もないのだが、一度水中に投ずればそれは赤靑紫、色うつくしいさまざまの花の姿にひらいて、哀れに華やいでコツプの水のなかなどに凝としづまつてゐる。都會そだちの人のなかには瓦斯燈に照しだされたあの人工の花の印象をわすれずにゐるひともあるだらう。

今歳水無月のなどかくは美しき。
軒端を見れば息吹のごとく
萌えいでにける釣しのぶ。
忍ぶべき昔はなくて
何をか吾の嘆きてあらむ。
六月の夜と晝のあはひに
萬象のこれは自ら光る明るさの時刻。
遂ひ逢はざりし人の面影
一莖の葵の花の前に立て。
堪へがたければわれ空に投げうつ水中花。
金魚の影もそこに閃きつ。
すべてのものは吾にむかひて
死ねといふ、
わが水無月のなどかくはうつくしき。

●HP 鬼火(左の「HP増設コンテンツ一覧」の一番上からGO!)
『あなたに申し上げよう。酔って墓の上に眠っても、何も面白くない。眠るのなら墓の中に寝るべきだ。』
よろしかったら、どうぞ、僕の虚空の玄室へ。

*履歴~現在に至るまで間断なき愚劣な「狂育」の場に身を置いてきたことの怪異
大泉幼稚園→大泉東小学校→玉縄小学校→伏木中学校→伏木高等学校→國學院大學→高校教師33年6校……(但し、僕はこれら総てに如何なる愛校心も、これっぽっちも持ち合わせてはいない)……そして……鎌倉の野人……あるひは(つまづく石でもあれば私はそこでころびたい)……

*僕のシェガ・デ・サウダージ

●映画から
タルコフスキイ全作品
本多猪四郎監督「ゴジラ」
グレゴーリー・チュフライ監督「誓いの休暇」
ルイ・マル監督「鬼火」
スチュアート・クーパー監督「兵士トーマス」
マイケル・ラドフォード監督マッシモ・トロイージ主演「イル・ポスティーノ」

●舞台から
金春流「道成寺」
アントニオ・ガデス舞踊団「血の婚礼」
転形劇場「水の駅」

興味のあること

Андрей Тарковский,海産無脊椎動物,Caspr David Fridrich,漱石の「こゝろ」,Paul Celan,特撮,Glenn Gould,尾崎放哉,Bach,龍之介,Bud Powell,鏡花,Eric Dolphy,怪奇談蒐集,Eriade,円空,João Gilberto,能の道成寺,Surréalisme,,冤罪事件,Yves Tanguy,靉光,Redon,八雲,Wittgenstein,親鸞,Ingrid Bergman,李賀,HAL9000,酒,Louis-Ferdinand Celine,死