フォト

カテゴリー

サイト増設コンテンツ及びブログ掲載の特異点テクスト等一覧(2008年1月以降)

The Picture of Dorian Gray

  • Sans Souci
    畢竟惨めなる自身の肖像

Alice's Adventures in Wonderland

  • ふぅむ♡
    僕の三女アリスのアルバム

忘れ得ぬ人々:写真版

  • 縄文の母子像 後影
    ブログ・カテゴリの「忘れ得ぬ人々」の写真版

Exlibris Puer Eternus

  • 吾輩ハ僕ノ頗ル氣ニ入ツタ教ヘ子ノ猫デアル
    僕が立ち止まって振り向いた君のArt

SCULPTING IN TIME

  • 熊野波速玉大社牛王符
    写真帖とコレクションから

Pierre Bonnard Histoires Naturelles

  • 樹々の一家   Une famille d'arbres
    Jules Renard “Histoires Naturelles”の全挿絵 岸田国士訳本文は以下 http://yab.o.oo7.jp/haku.html

僕の視線の中のCaspar David Friedrich

  • 海辺の月の出(部分)
    1996年ドイツにて撮影

シリエトク日記写真版

  • 地の涯の岬
    2010年8月1日~5日の知床旅情(2010年8月8日~16日のブログ「シリエトク日記」他全18篇を参照されたい)

氷國絶佳瀧篇

  • Gullfoss
    2008年8月9日~18日のアイスランド瀧紀行(2008年8月19日~21日のブログ「氷國絶佳」全11篇を参照されたい)

Air de Tasmania

  • タスマニアの幸せなコバヤシチヨジ
    2007年12月23~30日 タスマニアにて (2008年1月1日及び2日のブログ「タスマニア紀行」全8篇を参照されたい)

僕の見た三丁目の夕日

  • blog-2007-7-29
    遠き日の僕の絵日記から
無料ブログはココログ

« 友の追悼式の日に | トップページ | 篠原鳳作句集 »

2005/07/17

追悼式の後に

只今、午前2時。追悼式の後、横浜で友と二人で飲み、気がつけば小田原、気がつけば品川、奄美大島をニグザイルした運転手のタクシーでたどり着くも、家の鍵もなく、塀をよじ登って、泥棒の如、家に入る。しかし、書かずにはいられぬ。曰く、

必竟、生者は死者に敗北する。

永野広務。僕と同年。神奈川県公立高等学校社会科教諭。特定非営利活動法人草の根援助運動事務局長。マラリアによる多臓器不全。妻と娘。沢山の生徒達と友。

***

(通夜に僕が読んだ弔辞を転載する。僕の後悔を永遠に刻印するために)

弔辞

永野さん。
今日の涙雨が、枝に残った桜の花を散らしたように、あっという間に、僕たちの前から去っていってしまったね。
先日送った二人の思い出の泡盛、「心して飲ませてもらいます」と君は言っていたが、飲んでもらえたのかな。せめて、一杯、あの酒を二人で酌み交わしたかったよ。

短い付き合いの中で、君は僕の手の届かない手本だった。教師になるために生まれてきたような君に嫉妬さえ感じた。

生徒や同僚の悩みに、親身になって相談に乗る君、職員会議で管理職を鋭い論理で追い詰めてゆく君、しなやかなフットワークでバスケットボールを操る君。紛争と貧困に見舞われた国々への援助活動に一身を削る君……。

「自分の信条で日の丸のある卒業式には出ない」という君を、僕たちは言いくるめて無理に出した。君が代の始まると同時に、一緒に勢いよく座ったのは痛快だったね。

「己がポリシーに従って生きる」という君の信念の種は、教え子達の中で、しっかりと育まれ、それぞれ立派な若木となって、ほら、この式場にも沢山、やってきている。

忘れられない写真が一枚ある。
学年の卒業旅行の下田の海岸で撮った一枚だ。
君の少年のような笑顔が、他の先生たちに魔法をかけた。みんな少年少女のように微笑んでいるではないか。
あの世ではきっと三十年四十年はあっという間だろう。僕たちみんながあの世へ行ったら、学年旅行のやり直しをしようよ。おいさらばえた僕たちに対して、君だけが若いままなのはちょっと癪だが。それまで、待っていておくれよ。

永野さん。
僕たちが意に反したことをしてしまった時、どうか、あの少年の笑顔で僕らの心に戻ってきてくれたまえ。そうしてあのさわやかできっぱりとした「なんてことするんだよ!」と言う決り文句で叱ってくれたまえ。
君が安心して眠りにつくほど僕らは、この世界は、出来上がってはいないのだ。まだまだ、君の仕事はあるということだ。

だから、永野さん、僕は君に「さよなら」は言わない。
大切な、忘れ得ぬ沢山の思い出を、永野さん、ありがとう!

二〇〇五年四月二〇日通夜にて

 

***

一つの序詩    会田綱雄

雪ふり

雪つもり

わたくしはわたくしの

あなたはあなたの

火を掻き立て

わたくしはわたくしの

そして

あなたはあなたの

無を見すえる

       うずくものは

       わたくしたちがそれを生きてきた

                夢であり

       わたくしたちをささえるものは

       生傷である

 

雪降り

雪つもり

足跡はきえない

(現代詩文庫「会田綱雄詩集」思潮社刊より引用)

« 友の追悼式の日に | トップページ | 篠原鳳作句集 »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。