フォト

カテゴリー

サイト増設コンテンツ及びブログ掲載の特異点テクスト等一覧(2008年1月以降)

The Picture of Dorian Gray

  • Sans Souci
    畢竟惨めなる自身の肖像

Alice's Adventures in Wonderland

  • ふぅむ♡
    僕の三女アリスのアルバム

忘れ得ぬ人々:写真版

  • 縄文の母子像 後影
    ブログ・カテゴリの「忘れ得ぬ人々」の写真版

Exlibris Puer Eternus

  • 吾輩ハ僕ノ頗ル氣ニ入ツタ教ヘ子ノ猫デアル
    僕が立ち止まって振り向いた君のArt

SCULPTING IN TIME

  • 熊野波速玉大社牛王符
    写真帖とコレクションから

Pierre Bonnard Histoires Naturelles

  • 樹々の一家   Une famille d'arbres
    Jules Renard “Histoires Naturelles”の全挿絵 岸田国士訳本文は以下 http://yab.o.oo7.jp/haku.html

僕の視線の中のCaspar David Friedrich

  • 海辺の月の出(部分)
    1996年ドイツにて撮影

シリエトク日記写真版

  • 地の涯の岬
    2010年8月1日~5日の知床旅情(2010年8月8日~16日のブログ「シリエトク日記」他全18篇を参照されたい)

氷國絶佳瀧篇

  • Gullfoss
    2008年8月9日~18日のアイスランド瀧紀行(2008年8月19日~21日のブログ「氷國絶佳」全11篇を参照されたい)

Air de Tasmania

  • タスマニアの幸せなコバヤシチヨジ
    2007年12月23~30日 タスマニアにて (2008年1月1日及び2日のブログ「タスマニア紀行」全8篇を参照されたい)

僕の見た三丁目の夕日

  • blog-2007-7-29
    遠き日の僕の絵日記から
無料ブログはココログ

« 志賀丈二追悼 | トップページ | 人造人間生成夢 »

2005/08/07

父のこと

前に父のことは書いたが、絵描き志望であることは落とした。ニ紀会の洋画家、故藪野正雄と、その息子、健(「藪野」でネットでひっかかるのはあらかた彼だ)は父の叔父と甥だ。

父は加納光於と一緒に版画をやっていた。エッチングが専門。作風は、エルンストに最も近い。コラージュも大好きだ。洗練された画風は、手前味噌ではなく僕は嫌いじゃない。しかし、所詮、エルンスト風でしかない。

父のところには、鑑定団なら驚天動地のものが一杯ある。

古いところでは、春信のビードロの中の金魚の浮世絵。残存枚数が少ない刷りだ。

三木富雄は耳の彫刻で国際的に有名だが、彼が初めて油絵(!)の個展を開いたときに、父は買った第一号だった。彼に、そのアブストラクトな絵の「天地は?」と聞いたら、好きな向きで飾って下さって結構ですと感動して言ったそうだ(ちなみに彼はアメリカで自死している)。

上野誠。ケーテ・コルヴィッツに通ずる版画家。被爆少年の横顔は一見、忘れられぬ。私を産む前の母と一緒に訪ねて、上野氏が僕の母を痛く気に入って、何枚か作品をくれた。それががひどく癪に障ったらしく、帰りに父は不機嫌だったと、後に母に聞いた。梟の好きな僕の妻は、その時の一枚をちゃっかりもらっている。

瀧口修造の版画。美術評論家たる彼の最初の個展で、父は当時の1カ月分の給料2/3をつぎ込んでそれを買った。カリエスを病んだ僕と家計にきりきり舞いの母は、その時、彼の念頭には全くなかったのであろう。

絵描きを志したが、叔父に食えないから止めろと言われ、アルミ会社でインダストリアル・デザイン一筋で来た。グッド・デザイン賞も幾つかもらったが、彼には、なんぼのものであったのだろう。

その後、幾つかの絵画の賞も獲ったが……さて、今の彼は?

鮎の毛ばり釣りに命をかけて、絵は、全く描かない。

それで、いいのかも知れないな……

« 志賀丈二追悼 | トップページ | 人造人間生成夢 »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。