フォト

カテゴリー

サイト増設コンテンツ及びブログ掲載の特異点テクスト等一覧(2008年1月以降)

The Picture of Dorian Gray

  • Sans Souci
    畢竟惨めなる自身の肖像

Alice's Adventures in Wonderland

  • ふぅむ♡
    僕の三女アリスのアルバム

忘れ得ぬ人々:写真版

  • 縄文の母子像 後影
    ブログ・カテゴリの「忘れ得ぬ人々」の写真版

Exlibris Puer Eternus

  • 吾輩ハ僕ノ頗ル氣ニ入ツタ教ヘ子ノ猫デアル
    僕が立ち止まって振り向いた君のArt

SCULPTING IN TIME

  • 熊野波速玉大社牛王符
    写真帖とコレクションから

Pierre Bonnard Histoires Naturelles

  • 樹々の一家   Une famille d'arbres
    Jules Renard “Histoires Naturelles”の全挿絵 岸田国士訳本文は以下 http://yab.o.oo7.jp/haku.html

僕の視線の中のCaspar David Friedrich

  • 海辺の月の出(部分)
    1996年ドイツにて撮影

シリエトク日記写真版

  • 地の涯の岬
    2010年8月1日~5日の知床旅情(2010年8月8日~16日のブログ「シリエトク日記」他全18篇を参照されたい)

氷國絶佳瀧篇

  • Gullfoss
    2008年8月9日~18日のアイスランド瀧紀行(2008年8月19日~21日のブログ「氷國絶佳」全11篇を参照されたい)

Air de Tasmania

  • タスマニアの幸せなコバヤシチヨジ
    2007年12月23~30日 タスマニアにて (2008年1月1日及び2日のブログ「タスマニア紀行」全8篇を参照されたい)

僕の見た三丁目の夕日

  • blog-2007-7-29
    遠き日の僕の絵日記から
無料ブログはココログ

« 草に寝て…… 立原道造 | トップページ | 志賀丈二追悼 »

2005/08/07

僕がインターネットに感謝すること

1 西六郷少年少女合唱団の「僕らの町は川っぷち」を聴けたこと

小学校の時、「みんなのうた」が大好きだった(大学になっても田舎に帰ると聴いていた)。その曲が、強烈なノスタルジアと共にある映画の記憶と一緒に残っていた。この音源は版権その他の事情で、なかなか手に入らないことが分かり、合唱団のサイトに書き込みをした。すると僕の映像に残るのが、教育映画の「山の子の歌」であることを教えてくれた。そうして、遂に、恐らく元合唱団の団員であられた方で音楽の先生をされている方が、「僕らの町は川っぷち」を録音して送ってくださった。これは、僕のネットでの奇跡的な体験であった。6年前のことであった。

2 東京スカパラダイスオーケストラ「君と僕」

かなり以前から、TV番組等で用いられる、やはりノスタルジックな曲が気になっていた。口笛とオルガン(実はアコーディオン)だけ。ふと、2ヶ月前、ネットで検索をかけてみた。「口笛」「オルガン」「曲名が分からない」というかなり賭けに近い(事実、楽器が違う)検索だった。しかし、ひっかかった。「君と僕」という曲名が、キーワードを微妙に変化させると、幾つか出てきた。そこで、「君と僕」「ダウンロード」で検索。きた! 視聴サイトだ。満を持して、クリック! これだこれ! 翌日注文、その後、1週間、MDで行き帰りの歩きに聞き続けた。これも、「アコーディオン」を「オルガン」と間違った記述をしてくれていた人、あればこそであった。これも僕には奇蹟。ちなみに、このページがそのようなものとして機能することになる。これは僕のような渇仰を持つ新たな一人に、価値を持つかもしれぬ。ああ、なんて素晴らしいことだろう!

« 草に寝て…… 立原道造 | トップページ | 志賀丈二追悼 »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。