フォト

カテゴリー

サイト増設コンテンツ及びブログ掲載の特異点テクスト等一覧(2008年1月以降)

The Picture of Dorian Gray

  • Sans Souci
    畢竟惨めなる自身の肖像

Alice's Adventures in Wonderland

  • ふぅむ♡
    僕の三女アリスのアルバム

忘れ得ぬ人々:写真版

  • 縄文の母子像 後影
    ブログ・カテゴリの「忘れ得ぬ人々」の写真版

Exlibris Puer Eternus

  • 吾輩ハ僕ノ頗ル氣ニ入ツタ教ヘ子ノ猫デアル
    僕が立ち止まって振り向いた君のArt

SCULPTING IN TIME

  • 熊野波速玉大社牛王符
    写真帖とコレクションから

Pierre Bonnard Histoires Naturelles

  • 樹々の一家   Une famille d'arbres
    Jules Renard “Histoires Naturelles”の全挿絵 岸田国士訳本文は以下 http://yab.o.oo7.jp/haku.html

僕の視線の中のCaspar David Friedrich

  • 海辺の月の出(部分)
    1996年ドイツにて撮影

シリエトク日記写真版

  • 地の涯の岬
    2010年8月1日~5日の知床旅情(2010年8月8日~16日のブログ「シリエトク日記」他全18篇を参照されたい)

氷國絶佳瀧篇

  • Gullfoss
    2008年8月9日~18日のアイスランド瀧紀行(2008年8月19日~21日のブログ「氷國絶佳」全11篇を参照されたい)

Air de Tasmania

  • タスマニアの幸せなコバヤシチヨジ
    2007年12月23~30日 タスマニアにて (2008年1月1日及び2日のブログ「タスマニア紀行」全8篇を参照されたい)

僕の見た三丁目の夕日

  • blog-2007-7-29
    遠き日の僕の絵日記から
無料ブログはココログ

« わたしは良心を持つてゐない。 | トップページ | 「パイドロス」終曲 »

2005/08/13

調髪染髪

5年前、何人もの教え子に逢い、虚心坦懐になって、僕が幾つに見えるか聞いた。答えは五十三、四。ショックだった(その時はまだ43歳だったから)。

それ以来、髪を染めることにした。カットを含めてやってもらっているのは、妻の友達で、ジャーナリストの江川紹子さんのヘアも担当している「倉ちゃん」だ。明るくて、芝居染みた話しっぷりが楽しくて、ちなみに文句なしの美人の美容師さんだ。

今日は、彼女が疲労困憊して学んだという、新しいカットをしてもらった。素敵に気に入った。

髪をあたってもらいながら、見た夢の話をお互いにするのが、お互いの至福。8月10日の「音楽夢」の話をしたら、暫く、大笑いのコケまくり、鋏が動かせなくなってしまっていた。先に、実は僕は、Dr.コトー役の純君になって、それでも顔の部分が僕であるという夢を見、これも大馬鹿受けだったのだが、今日は、それ以上のお祭り騒ぎだった。

そうだね、よーく考えると、大笑いだね! 久し振りに、僕は、本当に気持ちよく笑ったのであった。

« わたしは良心を持つてゐない。 | トップページ | 「パイドロス」終曲 »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。