フォト

カテゴリー

サイト増設コンテンツ及びブログ掲載の特異点テクスト等一覧(2008年1月以降)

The Picture of Dorian Gray

  • Sans Souci
    畢竟惨めなる自身の肖像

Alice's Adventures in Wonderland

  • ふぅむ♡
    僕の三女アリスのアルバム

忘れ得ぬ人々:写真版

  • 縄文の母子像 後影
    ブログ・カテゴリの「忘れ得ぬ人々」の写真版

Exlibris Puer Eternus

  • 吾輩ハ僕ノ頗ル氣ニ入ツタ教ヘ子ノ猫デアル
    僕が立ち止まって振り向いた君のArt

SCULPTING IN TIME

  • 熊野波速玉大社牛王符
    写真帖とコレクションから

Pierre Bonnard Histoires Naturelles

  • 樹々の一家   Une famille d'arbres
    Jules Renard “Histoires Naturelles”の全挿絵 岸田国士訳本文は以下 http://yab.o.oo7.jp/haku.html

僕の視線の中のCaspar David Friedrich

  • 海辺の月の出(部分)
    1996年ドイツにて撮影

シリエトク日記写真版

  • 地の涯の岬
    2010年8月1日~5日の知床旅情(2010年8月8日~16日のブログ「シリエトク日記」他全18篇を参照されたい)

氷國絶佳瀧篇

  • Gullfoss
    2008年8月9日~18日のアイスランド瀧紀行(2008年8月19日~21日のブログ「氷國絶佳」全11篇を参照されたい)

Air de Tasmania

  • タスマニアの幸せなコバヤシチヨジ
    2007年12月23~30日 タスマニアにて (2008年1月1日及び2日のブログ「タスマニア紀行」全8篇を参照されたい)

僕の見た三丁目の夕日

  • blog-2007-7-29
    遠き日の僕の絵日記から
無料ブログはココログ

« 芥川龍之介 人と死と | トップページ | 沙羅の花(相聞) 芥川龍之介  »

2005/09/04

葦間のニンフ ペーター・フーヘル

高校生の頃、似非文学少年気取りの僕は(今も全く変わらないな)、図書室の詩歌集を貪るように読み、読んでは己が琴線に触れるものを小さなノートに書き写して、それを一人朗読しては悦に入っていた気障な男だった(これもやはり今も全く変わらない)。

そんな中で、永く忘れていたのが、 ペーター・フーヘルの「葦間のニンフ」であった。

『(Peter Huchel 1903-1981)は、ドイツ北東部のブランデンブルク地方の自然と農村生活を原風景として詩を書きました。一方、フーヘルは、ドイツ帝国、ヴァイマル共和国、ナチスムスと第2次世界大戦、東ドイツの社会主義体制とその下での軟禁生活、西ドイツへの亡命などを体験しました。』(webの東北大学大学院講座案内の「言語芸術形象論」より引用 http://www.intcul.tohoku.ac.jp/culturaluselang/figure.htm

検索をかける内に、フーヘルの詩をblogに紹介されている方を知り、遂に昨日、御迷惑も顧みる余裕も無く、「葦間のニンフ」のリクエストのメールを出してしまった。

今朝、その方からメールを頂き、ニンフに再会した。

それは丁度、
「……さう言ひかけながら、僕はそのときふいに、ひどく疲れて何もかもが妙にぼうとしてゐる心のうちに、けふの晝つかた、淨瑠璃寺の小さな門のそばでしばらく妻と二人でその白い小さな花を手にとりあつて見ていた自分たちの旅すがたを、何だかそれがずつと昔の日の自分たちのことででもあるかのやうな、妙ななつかしさでもつて、鮮やかに蘇らせ出してゐた。」

と「瑠璃寺の春」の終曲で堀辰雄が描いたような、「妙ななつかしさ」を僕にもたらした。

千年の孤独を隔てて永遠の恋人の遺骨に口寄せたような……

絵と音楽と詩に満たされたその方に、僕の満腔の喜びと敬意を込めて。

HP「ナチュラル、アート」

http://homepage2.nifty.com/kogaihirokazu/

葦間のニンフ   ペーター・フーヘル

   葦間のニンフ
   みずは涸れ
   沼のかえるの腹も
   ひからびる

   真昼の壁に
   影くずれ
   石にトカゲ
   燃える
   かげろう
   白昼の光
   しずかな藪
   ものがなしい
   とんぼのうた
   湖の黒いトンボ
   うたをやめ  
   きこえるのは ただ
   するどい
   いやな音
   葦のしげみに
   陽がかたむく
   荒野をわたる
   風だけが
   しのび笑う

« 芥川龍之介 人と死と | トップページ | 沙羅の花(相聞) 芥川龍之介  »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。