フォト

カテゴリー

サイト増設コンテンツ及びブログ掲載の特異点テクスト等一覧(2008年1月以降)

The Picture of Dorian Gray

  • Sans Souci
    畢竟惨めなる自身の肖像

Alice's Adventures in Wonderland

  • ふぅむ♡
    僕の三女アリスのアルバム

忘れ得ぬ人々:写真版

  • 縄文の母子像 後影
    ブログ・カテゴリの「忘れ得ぬ人々」の写真版

Exlibris Puer Eternus

  • 吾輩ハ僕ノ頗ル氣ニ入ツタ教ヘ子ノ猫デアル
    僕が立ち止まって振り向いた君のArt

SCULPTING IN TIME

  • 熊野波速玉大社牛王符
    写真帖とコレクションから

Pierre Bonnard Histoires Naturelles

  • 樹々の一家   Une famille d'arbres
    Jules Renard “Histoires Naturelles”の全挿絵 岸田国士訳本文は以下 http://yab.o.oo7.jp/haku.html

僕の視線の中のCaspar David Friedrich

  • 海辺の月の出(部分)
    1996年ドイツにて撮影

シリエトク日記写真版

  • 地の涯の岬
    2010年8月1日~5日の知床旅情(2010年8月8日~16日のブログ「シリエトク日記」他全18篇を参照されたい)

氷國絶佳瀧篇

  • Gullfoss
    2008年8月9日~18日のアイスランド瀧紀行(2008年8月19日~21日のブログ「氷國絶佳」全11篇を参照されたい)

Air de Tasmania

  • タスマニアの幸せなコバヤシチヨジ
    2007年12月23~30日 タスマニアにて (2008年1月1日及び2日のブログ「タスマニア紀行」全8篇を参照されたい)

僕の見た三丁目の夕日

  • blog-2007-7-29
    遠き日の僕の絵日記から
無料ブログはココログ

« 清からの絵葉書 | トップページ | ギプス切断 »

2005/09/25

ギリヤーク尼ヶ崎

ギリヤーク尼ヶ崎が好きだ。でも、実際に見たのは、29年も前だ。

でもギリヤーク尼ヶ崎のことが書きたい。どうしようと考えあぐんだ末、その29年前、実演を見た大学二年の秋に、日記に書いたのを思い出した。

今、それを引っ張り出して、読んでみた。誠、臭い文章だ。臭過ぎる。今の文章も臭いが、これはまた超弩級に臭い。

でも、ギリヤーク尼ヶ崎が好きだ、書きたいのだ。

恥を忍んで、タイプした。ちなみにT美術館は上野の都立美術館、やっていたのは二紀展。好き好んで行ったわけではない。同会の画家が親族であるから、招待券をもらっただけだ。貧乏学生には文化的な休みのすごし方は、それほどになかった。

旅芸人のスケッチ――29年前:舞踊家ギリヤーク尼ヶ崎

その時、僕は彼がギリヤーク尼ヶ崎という名であることも何も知らなかった。彼が、青空公演を始めてまだ初期のころだ。

ギリヤーク尼ヶ崎、彼の舞踊を見る機会が偶然訪れたならば、それはあなたの幸福である。

彼の舞踊を思うとき、僕は考える。僕らは何と下劣で猥雑で陳腐な恥の意識に生きているのだろう、と。

僕に、もうこれから、何か心残りがあるとすれば、それは彼の演技をもう一度見たいということだ。

以下は、グーグルのキャッシュだから、近いうちになくなってしまうかも知れないが、ここが彼について知るには一番か。

死にもの狂いで踊るだけ

書いては消し、改造しては戻し、気がつけば、このブログを書いて、もう3時間半も経ってしまった。

気がつけば、台風が去ったのか、秋の高い青空と、夕日が目の前にある。

« 清からの絵葉書 | トップページ | ギプス切断 »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。