フォト

カテゴリー

サイト増設コンテンツ及びブログ掲載の特異点テクスト等一覧(2008年1月以降)

The Picture of Dorian Gray

  • Sans Souci
    畢竟惨めなる自身の肖像

Alice's Adventures in Wonderland

  • ふぅむ♡
    僕の三女アリスのアルバム

忘れ得ぬ人々:写真版

  • 縄文の母子像 後影
    ブログ・カテゴリの「忘れ得ぬ人々」の写真版

Exlibris Puer Eternus

  • 吾輩ハ僕ノ頗ル氣ニ入ツタ教ヘ子ノ猫デアル
    僕が立ち止まって振り向いた君のArt

SCULPTING IN TIME

  • 熊野波速玉大社牛王符
    写真帖とコレクションから

Pierre Bonnard Histoires Naturelles

  • 樹々の一家   Une famille d'arbres
    Jules Renard “Histoires Naturelles”の全挿絵 岸田国士訳本文は以下 http://yab.o.oo7.jp/haku.html

僕の視線の中のCaspar David Friedrich

  • 海辺の月の出(部分)
    1996年ドイツにて撮影

シリエトク日記写真版

  • 地の涯の岬
    2010年8月1日~5日の知床旅情(2010年8月8日~16日のブログ「シリエトク日記」他全18篇を参照されたい)

氷國絶佳瀧篇

  • Gullfoss
    2008年8月9日~18日のアイスランド瀧紀行(2008年8月19日~21日のブログ「氷國絶佳」全11篇を参照されたい)

Air de Tasmania

  • タスマニアの幸せなコバヤシチヨジ
    2007年12月23~30日 タスマニアにて (2008年1月1日及び2日のブログ「タスマニア紀行」全8篇を参照されたい)

僕の見た三丁目の夕日

  • blog-2007-7-29
    遠き日の僕の絵日記から
無料ブログはココログ

« 真鶴の思い出 | トップページ | 富永太郎詩集 »

2005/10/02

ユムシ

カテゴリー「海岸動物」を新設して、記事一つでは淋しかろう。私の好きな海洋生物、その一だ。

環形動物門  ユムシ Urechis unicinctus

典型的なデトリタス(プランクトン等の浮遊混濁物及沈殿堆積物を食う)食性のベントス(底棲生物)である。国産韓国産等を見ても、10センチ内外か(但し、一度20センチ近いものを金沢文庫の海岸で現認したことはある)。形状は、男性の性器にそっくりで、北海道辺りではそのものずばりの名称で呼ばれている。彼等は、その吻と肛門部の剛毛で砂泥地にU字型の巣穴を形成し、追い出されでもしない限り、そこから出ることはない。吻から粘膜の網を広げ、蠕動運動(呼吸運動も当然兼ねる)によって海水を吸い込むと、その粘膜に有機物質が付着するという寸法だ。するすると引き入れて、食べる(これは巻貝腹足綱のヘビガイの仲間も同じ手法をとる。ちなみにこのページは僕の縁がらみ)。

オオヘビガイの捕食網

食べにくい大型粒子はちゃんと排除され、棲穴に共生するマメガニやユムシ本体に寄生するウロコムシ(環形動物多毛類)が食べて綺麗にしてくれる。美事なフィールターフィーダー(濾過摂食者)なのだ。

実は、このグロテスクな生物、朝鮮では一般的な食材。永く食べたくて仕方がなかったのだが、6月に、国内のある店で、やっと僕も食すことができた。くせも生臭ささもなく、上質新鮮な貝肉の味わいと歯ごたえ、誠に美味であった。韓国に行かれたら是非、騙されたと思って食べてみるとよい。ちなみに朝鮮語ではユムシは「ケーブル」(「ケーブイ」と表記されたものがあるが、知人に聞いたらケーブルの方が近いとのこと)と発音する。しかし、一応以下のページなど見、形状の覚悟はされたほうが良いだろう。

ユムシ in 韓国

« 真鶴の思い出 | トップページ | 富永太郎詩集 »