フォト

カテゴリー

サイト増設コンテンツ及びブログ掲載の特異点テクスト等一覧(2008年1月以降)

The Picture of Dorian Gray

  • Sans Souci
    畢竟惨めなる自身の肖像

Alice's Adventures in Wonderland

  • ふぅむ♡
    僕の三女アリスのアルバム

忘れ得ぬ人々:写真版

  • 縄文の母子像 後影
    ブログ・カテゴリの「忘れ得ぬ人々」の写真版

Exlibris Puer Eternus

  • 吾輩ハ僕ノ頗ル氣ニ入ツタ教ヘ子ノ猫デアル
    僕が立ち止まって振り向いた君のArt

SCULPTING IN TIME

  • 熊野波速玉大社牛王符
    写真帖とコレクションから

Pierre Bonnard Histoires Naturelles

  • 樹々の一家   Une famille d'arbres
    Jules Renard “Histoires Naturelles”の全挿絵 岸田国士訳本文は以下 http://yab.o.oo7.jp/haku.html

僕の視線の中のCaspar David Friedrich

  • 海辺の月の出(部分)
    1996年ドイツにて撮影

シリエトク日記写真版

  • 地の涯の岬
    2010年8月1日~5日の知床旅情(2010年8月8日~16日のブログ「シリエトク日記」他全18篇を参照されたい)

氷國絶佳瀧篇

  • Gullfoss
    2008年8月9日~18日のアイスランド瀧紀行(2008年8月19日~21日のブログ「氷國絶佳」全11篇を参照されたい)

Air de Tasmania

  • タスマニアの幸せなコバヤシチヨジ
    2007年12月23~30日 タスマニアにて (2008年1月1日及び2日のブログ「タスマニア紀行」全8篇を参照されたい)

僕の見た三丁目の夕日

  • blog-2007-7-29
    遠き日の僕の絵日記から
無料ブログはココログ

« カザルス「鳥の歌」 | トップページ | ユムシ »

2005/10/02

真鶴の思い出

もう一つ、骨折ばかりで忘れていた。
真鶴の海洋学習の思い出を二つ、忘れないうちに記しておく。

ウミフクロウ(Pleurobranchaea japonica)の卵塊

ウミウシの一種(背楯目)であるが、卵塊を見たことはなかった。岩塊とその下の砂地の間から、少しだけ姿を出している状態で、満潮に揺れているため、何でしょうという生徒に、ユムシか、ミズヒキゴカイの触手ではないかと言ったものの、触れてみると、通常の環形動物のそれなりの質感としての体制が感じられない。手で切断を試みるも、瓢箪なまず状態で、なかなか切れない。奮闘の末、数センチをちぎり取る。直径5ミリ、透明な円柱状ゼラチン質の中に、螺旋状の規則的な、極めて小さい白い粒状の物質が整然と入っている。生体の生物ではなく、何らかの卵と推測したところ、国大の教授が丁度そこにやってきて、ウミフクロウの卵塊であることを教えてくれた。綺麗な列をなしたもので、ネット上で幾つか検索してみたが、あれほどに美しいものは見つからない。産卵直後のものであったのだろう。

ウミフクロウ

ウミフクロウの卵塊

フクロムシ(Succulina sp.)とショウジンガニ(Plagusia dentipes )のこと

午後、折れた腕を吊って、実習所に戻ると、生徒達は実習室で観察を行っていた。ショウジンガニをスケッチしている生徒と話をすると、教授からフンドシの形状差による雌雄判別を教わったらしく、痛く感激していたので、フクロムシの話をしてやった。カニと同じ甲殻動物(蔓脚類)ながら、袋状の特異なこの生物は、蟹のフンドシの下に、極めて寄生種に特化した形で寄生する。メスは自分の卵だと思いながら、産卵行動をとるが、そこで放出されるのは多量のフクロムシの幼生である。更に特に雄に寄生すると、雄は雌に性転換(厳密には形態行動上の著しい雌化)をしてしまうのである。流石に、これには、生徒も流石に「ウソーでしょ! 先生?」だった。先日、報告書に資料を付けてやった。

ショウジンガニに寄生したフクロムシsp.

腕は折ったが、腕も鳴った一日だったのだ。

« カザルス「鳥の歌」 | トップページ | ユムシ »