フォト

カテゴリー

サイト増設コンテンツ及びブログ掲載の特異点テクスト等一覧(2008年1月以降)

The Picture of Dorian Gray

  • Sans Souci
    畢竟惨めなる自身の肖像

Alice's Adventures in Wonderland

  • ふぅむ♡
    僕の三女アリスのアルバム

忘れ得ぬ人々:写真版

  • 縄文の母子像 後影
    ブログ・カテゴリの「忘れ得ぬ人々」の写真版

Exlibris Puer Eternus

  • 吾輩ハ僕ノ頗ル氣ニ入ツタ教ヘ子ノ猫デアル
    僕が立ち止まって振り向いた君のArt

SCULPTING IN TIME

  • 熊野波速玉大社牛王符
    写真帖とコレクションから

Pierre Bonnard Histoires Naturelles

  • 樹々の一家   Une famille d'arbres
    Jules Renard “Histoires Naturelles”の全挿絵 岸田国士訳本文は以下 http://yab.o.oo7.jp/haku.html

僕の視線の中のCaspar David Friedrich

  • 海辺の月の出(部分)
    1996年ドイツにて撮影

シリエトク日記写真版

  • 地の涯の岬
    2010年8月1日~5日の知床旅情(2010年8月8日~16日のブログ「シリエトク日記」他全18篇を参照されたい)

氷國絶佳瀧篇

  • Gullfoss
    2008年8月9日~18日のアイスランド瀧紀行(2008年8月19日~21日のブログ「氷國絶佳」全11篇を参照されたい)

Air de Tasmania

  • タスマニアの幸せなコバヤシチヨジ
    2007年12月23~30日 タスマニアにて (2008年1月1日及び2日のブログ「タスマニア紀行」全8篇を参照されたい)

僕の見た三丁目の夕日

  • blog-2007-7-29
    遠き日の僕の絵日記から
無料ブログはココログ

« 芥川龍之介 寫生論/發句私見/庭 | トップページ | 芥川龍之介 南京の基督 »

2006/02/28

芥川龍之介 玄鶴山房

満を持して、芥川龍之介の「玄鶴山房」を公開する。満を持して?――僕が最も芥川の作品中、真に絶望的で猥雑で露悪的で故にこそ好きな作品だからとだけは、言っておこう。

識者はエンディングのリイプクネヒトに新時代の光を読んだりするが、僕には「新時代」のインキ臭さ、芥川が内心、予兆し、美事に当たったプロレタリア文学の勃興と崩壊、そうして続く「近代文学」の不毛の荒野以外に、感じない。見え透いたかすかなロマン的望みは、大いなる現実的実在への冷徹な眼によって絶望を見据えている。しかし、この作は、芥川私生活の赤裸々な寓話でもある。校正しながら、今更に、玄鶴の部屋の病褥の饐えた匀(五章のラスト、己が行為を武夫に見つかるシーンは僕自身、是非演じてみたい欲求にかられるところだ)と、若き日のシモーヌ・シニョレに演じさせたい甲野に、慄とするほど吐気と色気を覚えて、美事に、痺れたものだ。

« 芥川龍之介 寫生論/發句私見/庭 | トップページ | 芥川龍之介 南京の基督 »