フォト

カテゴリー

サイト増設コンテンツ及びブログ掲載の特異点テクスト等一覧(2008年1月以降)

The Picture of Dorian Gray

  • Sans Souci
    畢竟惨めなる自身の肖像

Alice's Adventures in Wonderland

  • ふぅむ♡
    僕の三女アリスのアルバム

忘れ得ぬ人々:写真版

  • 縄文の母子像 後影
    ブログ・カテゴリの「忘れ得ぬ人々」の写真版

Exlibris Puer Eternus

  • 吾輩ハ僕ノ頗ル氣ニ入ツタ教ヘ子ノ猫デアル
    僕が立ち止まって振り向いた君のArt

SCULPTING IN TIME

  • 熊野波速玉大社牛王符
    写真帖とコレクションから

Pierre Bonnard Histoires Naturelles

  • 樹々の一家   Une famille d'arbres
    Jules Renard “Histoires Naturelles”の全挿絵 岸田国士訳本文は以下 http://yab.o.oo7.jp/haku.html

僕の視線の中のCaspar David Friedrich

  • 海辺の月の出(部分)
    1996年ドイツにて撮影

シリエトク日記写真版

  • 地の涯の岬
    2010年8月1日~5日の知床旅情(2010年8月8日~16日のブログ「シリエトク日記」他全18篇を参照されたい)

氷國絶佳瀧篇

  • Gullfoss
    2008年8月9日~18日のアイスランド瀧紀行(2008年8月19日~21日のブログ「氷國絶佳」全11篇を参照されたい)

Air de Tasmania

  • タスマニアの幸せなコバヤシチヨジ
    2007年12月23~30日 タスマニアにて (2008年1月1日及び2日のブログ「タスマニア紀行」全8篇を参照されたい)

僕の見た三丁目の夕日

  • blog-2007-7-29
    遠き日の僕の絵日記から
無料ブログはココログ

« 芥川龍之介 魔術 | トップページ | 芥川龍之介 トロツコ »

2006/03/06

國木田獨歩「忘れえぬ人々」読み排除版

「やぶちゃんの電子テクスト:小説・随筆篇」の國木田獨歩「忘れえぬ人々」の初めに、読み排除版を追加したのを言い忘れていた。底本通りでは、実は大変読みがうるさい(実際に電子テクストでの括弧書きの読みはたまらなくうるさいと感じる人は多いと思う)。では、ルビを打てばいいのだが、タグの煩瑣もさることながら、僕にはルビ行の挿入によって、多くの電子テクストを見た時、ルビのある行とない行の行間の不一致が不快さを催すのである(行間補正をすればよいのだろうがそこまで労力を費やしてルビを振ることの価値を認めないのである)。ルビはないに越したことはないというのが僕の考えである(鏡花のようにルビが一つの個性として発揮されている場合は別である。彼の原稿を御覧になれば、ルビが一体のものであることがお分かり頂けるものと思う。だから、好きな作家でありながら、鏡花のテクストアップには躊躇する。俳句は例外中の例外)。芥川龍之介の公開作品でも、読みが振れるものや独特の読みをしているもの以外は省略したものがある(そうしたものは最初の注記で断ってある)。まあ、ルビをつけることの諸々の面倒が厭だというのが本音で、教師が良くやる手で、読めない字は自分で調べましょうと逃げを打つているのに大差はないとも言える。しかし、読みの有無の取捨選択に際しては、一度、声を出して朗読し、付けるべき読みは付けている。これは、不精な僕が、不精なりに己れに課している節ではあるのである。いや、この朗読という奴も、実を言えば己が楽しみなのではある。

「己れに課す」と言えば、今日、遂に自己拘束が起動した。これも、自身で覚悟したことではある。

« 芥川龍之介 魔術 | トップページ | 芥川龍之介 トロツコ »