フォト

カテゴリー

サイト増設コンテンツ及びブログ掲載の特異点テクスト等一覧(2008年1月以降)

The Picture of Dorian Gray

  • Sans Souci
    畢竟惨めなる自身の肖像

Alice's Adventures in Wonderland

  • ふぅむ♡
    僕の三女アリスのアルバム

忘れ得ぬ人々:写真版

  • 縄文の母子像 後影
    ブログ・カテゴリの「忘れ得ぬ人々」の写真版

Exlibris Puer Eternus

  • 吾輩ハ僕ノ頗ル氣ニ入ツタ教ヘ子ノ猫デアル
    僕が立ち止まって振り向いた君のArt

SCULPTING IN TIME

  • 熊野波速玉大社牛王符
    写真帖とコレクションから

Pierre Bonnard Histoires Naturelles

  • 樹々の一家   Une famille d'arbres
    Jules Renard “Histoires Naturelles”の全挿絵 岸田国士訳本文は以下 http://yab.o.oo7.jp/haku.html

僕の視線の中のCaspar David Friedrich

  • 海辺の月の出(部分)
    1996年ドイツにて撮影

シリエトク日記写真版

  • 地の涯の岬
    2010年8月1日~5日の知床旅情(2010年8月8日~16日のブログ「シリエトク日記」他全18篇を参照されたい)

氷國絶佳瀧篇

  • Gullfoss
    2008年8月9日~18日のアイスランド瀧紀行(2008年8月19日~21日のブログ「氷國絶佳」全11篇を参照されたい)

Air de Tasmania

  • タスマニアの幸せなコバヤシチヨジ
    2007年12月23~30日 タスマニアにて (2008年1月1日及び2日のブログ「タスマニア紀行」全8篇を参照されたい)

僕の見た三丁目の夕日

  • blog-2007-7-29
    遠き日の僕の絵日記から
無料ブログはココログ

« 芥川龍之介 奉教人の死 | トップページ | 芥川龍之介 大導寺信輔の半生 »

2006/03/28

岡田先生へ

今日で最後の、リハビリの岡田先生、ありがとう。
淡々と施療することは一つの鉄則です。
精神科医は患者とのラポートの状態が生じて、3年、長くても5、6年もすると、他病院に転勤するという話を聞きます。
患者と擬似的な親しそうな関係を作ることは、決して、治癒にいい効果をもたらさない。
あなたは、患者のメンタルな部分に関わるのは苦手だとおっしゃいましたが、いいえ、あなたは医師として(ここで、きっぱりと言っておかねばなりません。あなたは医師であり、作業療法士も理学療法士も、いや、私は看護師や病院に勤務する諸々の人々は「医師」と呼称されねばならないと思います。そうした総体なしに「医」というものは成り立ちません)、僕の生涯の中で、忘れ得ぬ名医でした。
整形外科の主治医の先生よりも、です。
私の腕は、80パーセント止まりの復元ですが、私の魂の復元は、120パーセントです。

最後に一言だけ。
IDカードの写真は、新たにお撮り直しなさい。
今の方が、数十段、美人です。

――カッチーニの「アヴェ・マリア」を聴きながら――
(この曲、機会があったら是非、聴いて下さい。私の好きな曲なのです。これが、半年の間、施療とは言え、中年のむくつけき不快なお喋りな私の腕を触り続けねばならなかった貴女への、私のささやかな御礼です。)

« 芥川龍之介 奉教人の死 | トップページ | 芥川龍之介 大導寺信輔の半生 »