フォト

カテゴリー

サイト増設コンテンツ及びブログ掲載の特異点テクスト等一覧(2008年1月以降)

The Picture of Dorian Gray

  • Sans Souci
    畢竟惨めなる自身の肖像

Alice's Adventures in Wonderland

  • ふぅむ♡
    僕の三女アリスのアルバム

忘れ得ぬ人々:写真版

  • 縄文の母子像 後影
    ブログ・カテゴリの「忘れ得ぬ人々」の写真版

Exlibris Puer Eternus

  • 吾輩ハ僕ノ頗ル氣ニ入ツタ教ヘ子ノ猫デアル
    僕が立ち止まって振り向いた君のArt

SCULPTING IN TIME

  • 熊野波速玉大社牛王符
    写真帖とコレクションから

Pierre Bonnard Histoires Naturelles

  • 樹々の一家   Une famille d'arbres
    Jules Renard “Histoires Naturelles”の全挿絵

僕の視線の中のCaspar David Friedrich

  • 海辺の月の出(部分)
    1996年ドイツにて撮影

シリエトク日記写真版

  • 地の涯の岬
    2010年8月1日~5日の知床旅情(2010年8月8日~16日のブログ「シリエトク日記」他全18篇を参照されたい)

氷國絶佳瀧篇

  • Gullfoss
    2008年8月9日~18日のアイスランド瀧紀行(2008年8月19日~21日のブログ「氷國絶佳」全11篇を参照されたい)

Air de Tasmania

  • タスマニアの幸せなコバヤシチヨジ
    2007年12月23~30日 タスマニアにて (2008年1月1日及び2日のブログ「タスマニア紀行」全8篇を参照されたい)

僕の見た三丁目の夕日

  • blog-2007-7-29
    遠き日の僕の絵日記から
無料ブログはココログ

« 成分解析または時には軽いノリで | トップページ | 芥川龍之介 闇中問答 より »

2006/04/18

亡き友へ

木蔭で
  ――永野広務に

   草の根の運動の途次マラリアに倒れし友、
   彼の名を冠したる木のインドに植ゑられ
   しを聞きて

      木もれ日や見上ぐる子らの齒全き白

一本の苗木は
あまたの人々の思いとはぐくみによって
太い幹をつくり
鳥の羽のように木蔭を広げ
つがいの小鳥が巣を作る

その木蔭で――
未来の仏陀のような哲人が 悟りを開くかもしれない
熱に苦しむ旅人が ひとときの涼を得るかもしれない
子どもたちが 初めて文字を読み上げるかもしれない
恋人たちが 胸ふるわせる囁きをかわすかもしれない
宇宙の孤独に悩む者が 首括ろうとするかもしれない
しかし そのとき 木は
優しく彼らを包む
ただ 包む
羊水のごとく 包まれて 僕らは木とともにある……

……彼と僕ら
一本の
ユグ・ドラシル!

« 成分解析または時には軽いノリで | トップページ | 芥川龍之介 闇中問答 より »