フォト

カテゴリー

サイト増設コンテンツ及びブログ掲載の特異点テクスト等一覧(2008年1月以降)

The Picture of Dorian Gray

  • Sans Souci
    畢竟惨めなる自身の肖像

Alice's Adventures in Wonderland

  • ふぅむ♡
    僕の三女アリスのアルバム

忘れ得ぬ人々:写真版

  • 縄文の母子像 後影
    ブログ・カテゴリの「忘れ得ぬ人々」の写真版

Exlibris Puer Eternus

  • 吾輩ハ僕ノ頗ル氣ニ入ツタ教ヘ子ノ猫デアル
    僕が立ち止まって振り向いた君のArt

SCULPTING IN TIME

  • 熊野波速玉大社牛王符
    写真帖とコレクションから

Pierre Bonnard Histoires Naturelles

  • 樹々の一家   Une famille d'arbres
    Jules Renard “Histoires Naturelles”の全挿絵 岸田国士訳本文は以下 http://yab.o.oo7.jp/haku.html

僕の視線の中のCaspar David Friedrich

  • 海辺の月の出(部分)
    1996年ドイツにて撮影

シリエトク日記写真版

  • 地の涯の岬
    2010年8月1日~5日の知床旅情(2010年8月8日~16日のブログ「シリエトク日記」他全18篇を参照されたい)

氷國絶佳瀧篇

  • Gullfoss
    2008年8月9日~18日のアイスランド瀧紀行(2008年8月19日~21日のブログ「氷國絶佳」全11篇を参照されたい)

Air de Tasmania

  • タスマニアの幸せなコバヤシチヨジ
    2007年12月23~30日 タスマニアにて (2008年1月1日及び2日のブログ「タスマニア紀行」全8篇を参照されたい)

僕の見た三丁目の夕日

  • blog-2007-7-29
    遠き日の僕の絵日記から
無料ブログはココログ

« 忘れ得ぬ人々 12 少女T | トップページ | 芥川龍之介 沼地 + Marcel Duchamp “Pharmacie” »

2006/07/09

翡翠 片山廣子氏著 芥川龍之介

芥川龍之介「翡翠 片山廣子氏著」を正字正仮名で「やぶちゃんの電子テクスト:小説・随筆篇」に公開した。

「越し人」片山廣子(松村みね子)への芥川龍之介晩年の思いは、頓に有名であるが、彼がこの書評を書いた時、それは八年後の予定調和のようにあったのであろう。この時、芥川龍之介24(数え25)歳、廣子38歳、但し、彼女の夫、日本銀行理事の片山貞次郎はまだ生きていた(四年後に死去)。

大正十三(1924)年の八月十九日、軽井沢の追分分去(わかさ)れで、片山と美しい虹を見た直後、芥川は「もう一度廿五才になつたやうな興奮を感じてゐる」(八月二十日付佐佐木茂索宛一二三七書簡)としたためている。

廣子は後年、芥川龍之介の思い出を「黒猫」(昭和三年)や「五月と六月」(昭和四年)等の随筆に記している。

前者では、黒猫を可愛がっていた芥川を回想し終え、その最後に「庭には影が見えないが、今たしかに黒猫が私の中をとほりすぎた。」と筆を擱く。

後の作品は、かつて夏に借りていた円覚寺の廃寺を再訪し、そこにある古井戸を覗きつつ、「そこへ来て死ねば、人に見えずに死ねるなと思」う。しかし、「同時に死んだつて、生きてるのと同じようにつまらない、と気」づく。「そのまゝ山を下りて来た。」と終わる。

どちらも、僕には慄っとするほど美しい……

(片山廣子の引用は2004年月曜社刊 片山廣子 松村みね子「燈火節」より)

« 忘れ得ぬ人々 12 少女T | トップページ | 芥川龍之介 沼地 + Marcel Duchamp “Pharmacie” »