フォト

カテゴリー

サイト増設コンテンツ及びブログ掲載の特異点テクスト等一覧(2008年1月以降)

The Picture of Dorian Gray

  • Sans Souci
    畢竟惨めなる自身の肖像

Alice's Adventures in Wonderland

  • ふぅむ♡
    僕の三女アリスのアルバム

忘れ得ぬ人々:写真版

  • 縄文の母子像 後影
    ブログ・カテゴリの「忘れ得ぬ人々」の写真版

Exlibris Puer Eternus

  • 吾輩ハ僕ノ頗ル氣ニ入ツタ教ヘ子ノ猫デアル
    僕が立ち止まって振り向いた君のArt

SCULPTING IN TIME

  • 熊野波速玉大社牛王符
    写真帖とコレクションから

Pierre Bonnard Histoires Naturelles

  • 樹々の一家   Une famille d'arbres
    Jules Renard “Histoires Naturelles”の全挿絵 岸田国士訳本文は以下 http://yab.o.oo7.jp/haku.html

僕の視線の中のCaspar David Friedrich

  • 海辺の月の出(部分)
    1996年ドイツにて撮影

シリエトク日記写真版

  • 地の涯の岬
    2010年8月1日~5日の知床旅情(2010年8月8日~16日のブログ「シリエトク日記」他全18篇を参照されたい)

氷國絶佳瀧篇

  • Gullfoss
    2008年8月9日~18日のアイスランド瀧紀行(2008年8月19日~21日のブログ「氷國絶佳」全11篇を参照されたい)

Air de Tasmania

  • タスマニアの幸せなコバヤシチヨジ
    2007年12月23~30日 タスマニアにて (2008年1月1日及び2日のブログ「タスマニア紀行」全8篇を参照されたい)

僕の見た三丁目の夕日

  • blog-2007-7-29
    遠き日の僕の絵日記から
無料ブログはココログ

« 芥川龍之介 7作品草稿追加 | トップページ | BARBER?! »

2006/07/17

胡同のひまわり

張楊(チャン・ヤン)監督の「胡同(フートン)のひまわり」を見る。
「こころの湯」の監督でもあり(あの朱旭はいつもながら、素晴らしい演技であった)、相応の期待の中で見たのだが、前半のほとんど文句の無い展開と映像の素晴らしさが、どうしたことか作品の後半に至って、プロット・撮影・演技共に「力」が急激に減衰してしまう。そこが誠に惜しい。
少年期から青年までの向陽を3人の俳優が演じるのだが、残念ながら、少年の美事なリアリズムが、後の二人になるに従い、段階的に陳腐になってゆく。父と母と隣人の劉さん以外の俳優の誰もが、哀しいかな、ものの美事に魅力的でなくなってゆくのである。
地震後の避難所のセットは、作中、唯一の大道具のバレである。明らかにテントの柱も被災した家具や葛篭も、整然とし過ぎた綺麗な避難所となってしまっている。「臭い」がないのである(これは「三丁目の夕日」と同じケースである)。しかし、これは逆に、随所に写されるかつての胡同、今、失われゆく胡同の姿が、強烈なリアリズムを産みだしている証しであり、瑕疵と言う程のものではない。
張暁剛(ジャン・シャオガン)の実際の絵を用いた後半の大きな展開は、僕には面白く映った。実際の画家の絵が、映画の展開上、極めて大きな意味を持って迫まってくるというのは、映画史の中でも、稀であろうと思う。しかもこれら絵は、この映画とは関係なく、1993年からシャオガンが描き続けてきた「全家福」シリーズの、まさに「本物中の本物」であるわけである。僕の妻などは、シャオガンの絵が気味が悪く、感情移入できなかったようであるが、僕は父が個展に出向き、そこで息子の中の家族に思い至るシーンでは大いに感動した。しかし、シャオガンの絵に対する僕の妻の反応は、極めて常識的な日本人の反応のようにも思われる。だが、では、他のどのような絵があそこに相応しいかと言われると、僕にはやはりシャオガンの暈されたあの霊のようなタッチでなくてはならなかったのだと思うのである。
では、大きなキズは何か。それは、やはり脚本の後半部にあるように思われる。この映画のポスターのコピーは、『画家になりたかった父の夢、30年たって初めて、ぼくはその意味を知った。』であるが、果たして、そうだろうか? これは「子」が「父」の真実に思い至る映画、ではない。これは「父」が「子」の内実に思い至ることによって、真の「父自身」を見出す映画、である。僕は少なくともそう観る。
しかし、それを象徴するエンディングの父の失踪(それは父にしてみれば旅であり失踪ではないのであろう)という大きな意外性の意味が、充分に観客に納得されない嫌いがあるように思われるのである。
それは唐突であり、リアルさを欠いている。なまじっかパーキンソン病の宣告という現実を前に持ってきてしまっているために、薬物も置き去りにしたまま(パーキンソンの発作は薬物なしでは極めて厳しい)、一年後も奥地の田舎で元気に向日葵を育てている、しかし孫の誕生は知っていて、その退院の日に向日葵を届けにくる、しかし父は戻ってこなかった、というのは、僕にはどうにもリアリティを感じさせないのである。「父」を死なせずに終らせるその手法の奇抜さは、一つの「意外性の筋書き」としては面白いけれども、前半から、ある感動の昂揚を期待している観客(少なくとも日本の観客の半数)には、やや戸惑わざるを得ないエンディングであると思うのである。
ただ、僕が注文をつけるのは、それだけこの映画に、中国映画の、新しい、素晴らしい種子が播かれている故のこと、いい映画故、なのである。私は嫌いな映画を批評しない。けなすための映画批評など、批評ではない。

帰りに、駒形どぜうへ行く。いい映画を観て、語り合い、どぜうを肴に酒をあおる。嗚呼、素晴らしき哉!

« 芥川龍之介 7作品草稿追加 | トップページ | BARBER?! »