フォト

カテゴリー

サイト増設コンテンツ及びブログ掲載の特異点テクスト等一覧(2008年1月以降)

The Picture of Dorian Gray

  • Sans Souci
    畢竟惨めなる自身の肖像

Alice's Adventures in Wonderland

  • ふぅむ♡
    僕の三女アリスのアルバム

忘れ得ぬ人々:写真版

  • 縄文の母子像 後影
    ブログ・カテゴリの「忘れ得ぬ人々」の写真版

Exlibris Puer Eternus

  • 吾輩ハ僕ノ頗ル氣ニ入ツタ教ヘ子ノ猫デアル
    僕が立ち止まって振り向いた君のArt

SCULPTING IN TIME

  • 熊野波速玉大社牛王符
    写真帖とコレクションから

Pierre Bonnard Histoires Naturelles

  • 樹々の一家   Une famille d'arbres
    Jules Renard “Histoires Naturelles”の全挿絵 岸田国士訳本文は以下 http://yab.o.oo7.jp/haku.html

僕の視線の中のCaspar David Friedrich

  • 海辺の月の出(部分)
    1996年ドイツにて撮影

シリエトク日記写真版

  • 地の涯の岬
    2010年8月1日~5日の知床旅情(2010年8月8日~16日のブログ「シリエトク日記」他全18篇を参照されたい)

氷國絶佳瀧篇

  • Gullfoss
    2008年8月9日~18日のアイスランド瀧紀行(2008年8月19日~21日のブログ「氷國絶佳」全11篇を参照されたい)

Air de Tasmania

  • タスマニアの幸せなコバヤシチヨジ
    2007年12月23~30日 タスマニアにて (2008年1月1日及び2日のブログ「タスマニア紀行」全8篇を参照されたい)

僕の見た三丁目の夕日

  • blog-2007-7-29
    遠き日の僕の絵日記から
無料ブログはココログ

« 芥川龍之介 雪 / ピアノ | トップページ | 暗殺のオペラ »

2006/09/19

学級日誌 又は やぶちゃんに扮する萩原朔太郎

Yabhagi 皆さんはご存知ないだろうが、現在、学校の学級日誌というものは、校内必須保管書類の扱いである。有り体に言えば、何らかの問題(いじめ等)が生じた時の参考資料として「死蔵」され、卒業後3年程で廃棄処分される。何も残らない。残せない。子供たちの懐旧の思いなど、行政には不要なのだ。

僕は、幸いにして、この制度が施行される前までの学級日誌の内、忘れがたい何冊かを、今も保持している。クラス会に呼ばれる都度、確実に場を沸かしてくれる僕のまさにとっておきの、リーサル・ウュエポンだ(そのほかにも、当時の一クラス分の読書感想文やアフォリズム、創作俳句集等の秘密兵器もあるのだが)。

昨日は、ある教え子が、日誌でのジャズの書き込みの対話を思い出してメールをくれたのだが、当時の日記から、どんなことを彼が書き、僕がどう答えたかを活字にして返信した。彼も、吃驚していたが、僕も、読み返して、ほう、こんなことを書いていたかと興味深く読んだ(流石に僕も、保管はしていても、読み返すほどには暇ではない)。

今日は、殺人的な忙しさで、疲れた。テクストを打ち込む余力はない。それでも、この連休のテンションの高まりは断絶したくない気がした(3日でHPでアップしたファイル量は10MBを越えた)。さて、何をしよう。

そうだ、あれだ! 萩原朔太郎の「大渡橋」をやった22年前の3年生。

教科書の作者の写真を切り取って、悪戯書きをし(キモいアボガドロやドルトンなんぞで、あなたもやった記憶があるだろう)、日誌に貼り付けてあった。その似顔は……僕だった(勿論、酒とレコードに給料を使い果たす自転車操業、体重50キロの激痩せの僕を想像してもらうしかないのだが)。

僕は、その絵の横に赤で、「非売品 文部大臣賞!」とコメントを書いた……おおっ! 僕の愛してやまない朔太郎が、僕に、扮している!

1984年1月31日付学級日誌……自分で言うのもおこがましいが、素敵に似ている。ご笑覧あれ! 悔しいが、肩の上がり具合といい……あの頃の僕、邪魅羅を如実に捉えている!……筆者は僕の最も信頼する教え子である。だから著作権料は払わない。

« 芥川龍之介 雪 / ピアノ | トップページ | 暗殺のオペラ »