フォト

カテゴリー

サイト増設コンテンツ及びブログ掲載の特異点テクスト等一覧(2008年1月以降)

The Picture of Dorian Gray

  • Sans Souci
    畢竟惨めなる自身の肖像

Alice's Adventures in Wonderland

  • ふぅむ♡
    僕の三女アリスのアルバム

忘れ得ぬ人々:写真版

  • 縄文の母子像 後影
    ブログ・カテゴリの「忘れ得ぬ人々」の写真版

Exlibris Puer Eternus

  • 吾輩ハ僕ノ頗ル氣ニ入ツタ教ヘ子ノ猫デアル
    僕が立ち止まって振り向いた君のArt

SCULPTING IN TIME

  • 熊野波速玉大社牛王符
    写真帖とコレクションから

Pierre Bonnard Histoires Naturelles

  • 樹々の一家   Une famille d'arbres
    Jules Renard “Histoires Naturelles”の全挿絵 岸田国士訳本文は以下 http://yab.o.oo7.jp/haku.html

僕の視線の中のCaspar David Friedrich

  • 海辺の月の出(部分)
    1996年ドイツにて撮影

シリエトク日記写真版

  • 地の涯の岬
    2010年8月1日~5日の知床旅情(2010年8月8日~16日のブログ「シリエトク日記」他全18篇を参照されたい)

氷國絶佳瀧篇

  • Gullfoss
    2008年8月9日~18日のアイスランド瀧紀行(2008年8月19日~21日のブログ「氷國絶佳」全11篇を参照されたい)

Air de Tasmania

  • タスマニアの幸せなコバヤシチヨジ
    2007年12月23~30日 タスマニアにて (2008年1月1日及び2日のブログ「タスマニア紀行」全8篇を参照されたい)

僕の見た三丁目の夕日

  • blog-2007-7-29
    遠き日の僕の絵日記から
無料ブログはココログ

« LIST of BUD POWELL'S SESSIONS I DON'T HAVE | トップページ | 村山槐多 癈色の少女 »

2006/10/21

LIST of ERIC DOLPHY'S RECORDS I DON'T HAVE

作成の主旨については、先のブログ“LIST of BUD POWELL'S SESSIONS I DON'T HAVE”をお読み頂きたい。コンセプトは同じであるが、こちらはアルバム別にした。ドルフィーの場合、僕がお世話になっているのは西ドイツのディスコグラファーによる以下のもの。

Uwe Reichardt “Like a human voice the Eric Dolphy discography” schmitten 1986 Norbert Ruecker

少々古いのだが、これは極めて詳細なディスコグラフィーで、製本後の追加資料も丁寧に折り込まれていたりするものである。勿論、それ以降の未発表曲も、それなりにアンテナを張って大体入手している。ただドルフィー・ファンなら、このリストを御覧になると一瞬にして分かると思うのだが、現在でも容易に入手可能なチャールズ・ミンガス(彼はチャーリーと呼ばれることに嫌悪した)・ワークショップのものが、並んでいる不思議がある。こんなものも持ってないの? と真正の蒐集家なら、せせら笑うであろう。言わせて貰うと、さすがに、決して聴かないと思われる演奏を買う気にはならないのである。ミンガスは好きだけれど、どうもあの一連のヨーロッパ・ツアーでの“Fables Of Faubus”を、これでもか! と聴き比べる根性は、今も昔も、ないのである。

パウエルの場合と同様に、このページではジャズ・ディスコグラフィー・プロジェクトのデスコグラフィーにリンクがさせてあるが、これは便宜上のものであって、当該サイトのリストに従って、僕のこのリストが作られているのではない点には、ご注意頂きたい。焼酎のボトルにまで書かれてしまった(しかし私もそれを手に入れたけれど)有名な、彼の“LAST DATE”の最後の肉声を引用・和訳して、彼を悼む(彼のこの台詞を表記する際には“...”など用いないのであるが、私にはそう聞えるのである)。

“When you hear music, after it's over, it's gone...in the air....
You can never...capture it again.”

「あなたが音楽を聴く、しかし、その演奏が終わった時、それは去ってゆく……虚空へと……。あなたはそれを二度と捉えることは……できない。」

唯一無二の誠実なる革命家――ERIC DOLPHY

« LIST of BUD POWELL'S SESSIONS I DON'T HAVE | トップページ | 村山槐多 癈色の少女 »