フォト

カテゴリー

サイト増設コンテンツ及びブログ掲載の特異点テクスト等一覧(2008年1月以降)

The Picture of Dorian Gray

  • Sans Souci
    畢竟惨めなる自身の肖像

Alice's Adventures in Wonderland

  • ふぅむ♡
    僕の三女アリスのアルバム

忘れ得ぬ人々:写真版

  • 縄文の母子像 後影
    ブログ・カテゴリの「忘れ得ぬ人々」の写真版

Exlibris Puer Eternus

  • 吾輩ハ僕ノ頗ル氣ニ入ツタ教ヘ子ノ猫デアル
    僕が立ち止まって振り向いた君のArt

SCULPTING IN TIME

  • 熊野波速玉大社牛王符
    写真帖とコレクションから

Pierre Bonnard Histoires Naturelles

  • 樹々の一家   Une famille d'arbres
    Jules Renard “Histoires Naturelles”の全挿絵 岸田国士訳本文は以下 http://yab.o.oo7.jp/haku.html

僕の視線の中のCaspar David Friedrich

  • 海辺の月の出(部分)
    1996年ドイツにて撮影

シリエトク日記写真版

  • 地の涯の岬
    2010年8月1日~5日の知床旅情(2010年8月8日~16日のブログ「シリエトク日記」他全18篇を参照されたい)

氷國絶佳瀧篇

  • Gullfoss
    2008年8月9日~18日のアイスランド瀧紀行(2008年8月19日~21日のブログ「氷國絶佳」全11篇を参照されたい)

Air de Tasmania

  • タスマニアの幸せなコバヤシチヨジ
    2007年12月23~30日 タスマニアにて (2008年1月1日及び2日のブログ「タスマニア紀行」全8篇を参照されたい)

僕の見た三丁目の夕日

  • blog-2007-7-29
    遠き日の僕の絵日記から
無料ブログはココログ

« ある教え子の夢 | トップページ | 南方熊楠 マンモスに関する旧説/鯤鵬の伝説 »

2006/11/22

自然界最強の毒は?

ギボシムシの糞塊のように忙しい。HPの更新もままならぬ。ストレスがマリンスノーのように溜まってゆく。不快……

……ミクシィを見ていたら、教え子の日記にかなりマニアックな海洋生物(メガロドン:超巨大ザメ)の話を見つける。そこに「やぶさん、ごめんなさい」とあるので、何かと思えば、国語の教科書に巨大イカの落書きをして喜んでいたことを謝っている。イカ、基、以下は彼女の日記への、僕の書き込み。これで僕は、どんよりした深海底のような憂鬱を、少しだけ、忘れることが出来た……

嬉しいねえ、国語の教科書に巨大イカ!  では、

●質問

現在、化学的に解明された(人工的に全合成に成功した)自然界最強の毒を持っている生物は何か

○答え

(たかが)イソギンチャク
(されどその毒性は)青酸カリの50000倍 

一見何でもない岩場に地味に広がっているハワイのイワスナギンチャクの一種

palythoa toxica

だ。古来、ハワイ島の原住民は、この毒性を知っていて、部族間の戦いの折に槍に塗っており、その生育地は部族の長の最高機密に属していた。その毒成分は近年解析され、種小名に由来して

palytoxin パリトキシン

と名付けられた。

palytoxin化学構造式(英文:これは多糖類・タンパク質といった生体高分子を除くと、正確な構造式で表わされるものとしては最大の分子という) 

その発見と伝説(英文:サメも出てくる。アーバン・レジェンドの部分もブルっとくる。上の構造式はこのページの最下段からのリンク)

海産物の毒(邦文:ここにはpalytoxinを上回るいまだ全合成されない最強の自然毒maitotoxinマイトトキシン(←のリンクはウィキの「マイトトキシン})の話も所載) 

その毒性について、僕の目から鱗だったのはTBSブリタニカ内田紘臣著「イソギンチャクガイドブック」の中の以下の記述である。

『最近になって科学的研究が行われ、学名が付けられたのだが、そのときにハワイ大学の学生がこのスナギンチャクの群体の上を泳いだだけで数日間の入院が必要だった』 (下線やぶちゃん)

磯巾着、恐るべし。

« ある教え子の夢 | トップページ | 南方熊楠 マンモスに関する旧説/鯤鵬の伝説 »