フォト

カテゴリー

サイト増設コンテンツ及びブログ掲載の特異点テクスト等一覧(2008年1月以降)

The Picture of Dorian Gray

  • Sans Souci
    畢竟惨めなる自身の肖像

Alice's Adventures in Wonderland

  • ふぅむ♡
    僕の三女アリスのアルバム

忘れ得ぬ人々:写真版

  • 縄文の母子像 後影
    ブログ・カテゴリの「忘れ得ぬ人々」の写真版

Exlibris Puer Eternus

  • 吾輩ハ僕ノ頗ル氣ニ入ツタ教ヘ子ノ猫デアル
    僕が立ち止まって振り向いた君のArt

SCULPTING IN TIME

  • 熊野波速玉大社牛王符
    写真帖とコレクションから

Pierre Bonnard Histoires Naturelles

  • 樹々の一家   Une famille d'arbres
    Jules Renard “Histoires Naturelles”の全挿絵 岸田国士訳本文は以下 http://yab.o.oo7.jp/haku.html

僕の視線の中のCaspar David Friedrich

  • 海辺の月の出(部分)
    1996年ドイツにて撮影

シリエトク日記写真版

  • 地の涯の岬
    2010年8月1日~5日の知床旅情(2010年8月8日~16日のブログ「シリエトク日記」他全18篇を参照されたい)

氷國絶佳瀧篇

  • Gullfoss
    2008年8月9日~18日のアイスランド瀧紀行(2008年8月19日~21日のブログ「氷國絶佳」全11篇を参照されたい)

Air de Tasmania

  • タスマニアの幸せなコバヤシチヨジ
    2007年12月23~30日 タスマニアにて (2008年1月1日及び2日のブログ「タスマニア紀行」全8篇を参照されたい)

僕の見た三丁目の夕日

  • blog-2007-7-29
    遠き日の僕の絵日記から
無料ブログはココログ

« 村山槐多 稲生像 | トップページ | 忘れ得ぬ人々14 西原のお兄ちゃんのオモニ »

2006/11/03

トンマコッルへようこそ

パク・クァンヒョン監督の「トンマッコルへようこそ」を見た。Webで「ありえない」理想郷へとやってくる「三組のお客さん」を見た瞬間に、これは! と思った。先週、ネットで予告映像を見て、既にして涙腺が潤んでいた。勿論、今日はしっかり泣いた。

語ろうと思えば、尽きない。「墜落」する米兵、敵前「逃亡」した国軍兵、「敗走」してきた人民軍兵士が、辿りつく『ありえない理想郷』“トンマッコル(「子供のように純粋な」の意)”は正に老子の『小国寡民』を体現している。手榴弾の「落下」、ポップコーンの「落下」、連合軍の「落下」傘部隊、凄惨でありながら同時に浄化を感じさせる絨毯爆撃の「落下する」爆弾――対する、ジェルソミーナを髣髴とさせるイディオ・サパン“ヨイル”の「蝶の舞い」の軽やかな身のこなし、爆裂し「上昇」する玉蜀黍、猪退治での三組の兵士連携のスローモーションの「無重力」性、無数の魂の如き蜂の「飛翔」や、蝶の「飛翔」、カタストロフの業火であると同時に浄火として“トンマッコル”守る爆撃の「打ち上がる」花火……いや、民俗学的なシシガミから「もものけ姫」に通底するアニミズムのモチーフを、それを食う南北米兵にパロディとしての聖餐たる三位一体を……しかし、当面、そうした思いつきの解析には、今の僕には興味がない。

「ありえない」愛に僕らは感銘しないというか? 現実に痛みを覚えるからこそ僕らは「ありえない」と思いつつも、「誰をも愛すること」を望んでいるのではないのか?

朝鮮半島の悲劇は、僕らの想像を絶する悲劇である。しかし、それは同時に、すべての「戦場」(それは「個」としての人間存在の自他の関係のマクロ化にほかならない)の悲劇でもある。だからこそ同胞が同胞を愛することの「当り前」=「子供のように純粋な」大切さを、「ありえない」と第三者が冷笑するところのファンタジーの世界で、毅然として映像で語りきっている「馬鹿正直な」素晴らしさと美しさに、僕は心から打たれたのだ。

あえてメタな難解な書き方になってしまったけれど、それは、それでよいのだ、ネタバレはよくない。何故なら是非、あなたに見てもらいたい映画だから。僕は元来、他人が退屈で難解と評する映画に感銘することが多いし、そうした作品を薦めて退屈されるのも不愉快だけれど、これは安心してお薦めできる。是非、ご覧あれ!

« 村山槐多 稲生像 | トップページ | 忘れ得ぬ人々14 西原のお兄ちゃんのオモニ »