フォト

カテゴリー

サイト増設コンテンツ及びブログ掲載の特異点テクスト等一覧(2008年1月以降)

The Picture of Dorian Gray

  • Sans Souci
    畢竟惨めなる自身の肖像

Alice's Adventures in Wonderland

  • ふぅむ♡
    僕の三女アリスのアルバム

忘れ得ぬ人々:写真版

  • 縄文の母子像 後影
    ブログ・カテゴリの「忘れ得ぬ人々」の写真版

Exlibris Puer Eternus

  • 吾輩ハ僕ノ頗ル氣ニ入ツタ教ヘ子ノ猫デアル
    僕が立ち止まって振り向いた君のArt

SCULPTING IN TIME

  • 熊野波速玉大社牛王符
    写真帖とコレクションから

Pierre Bonnard Histoires Naturelles

  • 樹々の一家   Une famille d'arbres
    Jules Renard “Histoires Naturelles”の全挿絵 岸田国士訳本文は以下 http://yab.o.oo7.jp/haku.html

僕の視線の中のCaspar David Friedrich

  • 海辺の月の出(部分)
    1996年ドイツにて撮影

シリエトク日記写真版

  • 地の涯の岬
    2010年8月1日~5日の知床旅情(2010年8月8日~16日のブログ「シリエトク日記」他全18篇を参照されたい)

氷國絶佳瀧篇

  • Gullfoss
    2008年8月9日~18日のアイスランド瀧紀行(2008年8月19日~21日のブログ「氷國絶佳」全11篇を参照されたい)

Air de Tasmania

  • タスマニアの幸せなコバヤシチヨジ
    2007年12月23~30日 タスマニアにて (2008年1月1日及び2日のブログ「タスマニア紀行」全8篇を参照されたい)

僕の見た三丁目の夕日

  • blog-2007-7-29
    遠き日の僕の絵日記から
無料ブログはココログ

« 子らの想い | トップページ | 99人目のマイミク »

2006/11/26

円空 熊楠 駒形どぜう

国立博物館特別展「仏像」の、一木から円空が「彫り出した」岐阜高賀神社十一面観音菩薩・善財童子・善女竜王三体に、激心した。楽しみにしていたその後の木喰上人の作品群は、その前の円空の作品群、いや、このこの三体仏一つで、完全に霞みの彼方へと去った。単独で木喰の作品を見たら、きっと大いに「素直に」感動したはずである。自然木の洞に彫りこんだ愛媛光明寺子安観音菩薩の前に、僕は必ずや「素直に」立ち竦んだはず、だった。しかし、円空の後に展示されたのは致命的にいけなかった。そこにいるのは「信仰の喜び」を顕在化させた「鼻持ちならぬ芸術家」でしかなかった。円空の前に円空なく円空の後に円空なし!

円空が北の原野に小さくなってゆく……山から熊が下りてくる……。妻は夏の紀州以来、南方熊楠のことを気安く「熊ちゃん」と呼ぶ。その「熊ちゃん」の科学博物館の特別展を見る。円空の生涯10万体(実作12万体)結願の出発ちは、ただの契機に過ぎない。そこに円空なる稀有の天性の「無意識の芸術家」が在ればこそ、円空仏は「在る」。僕には洋行に旅立つ熊楠が、自身の肖像写真の裏に記した

洋行すました其後は

ふるあめりかを跡に見て

晴る日の本立帰り

一大事業をなした後

天下の男といはれたい

がその、同じ契機を象徴するものとして映る。篠原鳳作まがいに言うなら、銃一丁と僕の秋よろしくアメリカを横断し、曲馬団に入ってラブレターの代筆をしてキューバを巡り、ロンドンの自然史博物館で差別主義者のイギリス人に鉄拳を「ブチノメス」(今回、その日の日記を実見! 思わず快哉を叫ぶ。漱石も「ブチノメ」しておれば、統合失調症にならずに済んだものをと、しみじみ想うた)、孫文や土宜法竜(今回、遂に「南方マンダラ」の直筆図を見る! その横には、2004年発見の法竜宛書簡、そこには明確にプレ「南方マンダラ」たるユダヤのカバラを基底にした熊楠直筆のチャートを記した書簡が!)との精神の交感を経て、帰国後の那智山入り、菌類・粘菌類(今回、念願のG・リスターのミナカテラ・ロンギフィラの原図を見る! こりゃ昔、バルタン星人の解剖図を少年雑誌の図解で見て以来の感激だ!)・「南方民俗学」(複製ながら展示された「十二支考」の「虎」の「腹稿」――構想原図を熊楠がそう呼称した――にはもう手が震えた!)の深奥へと向かう姿は、僕には円空の後姿と見事にダブってゆく……。

至福の仕上げは駒形のどぜうを喰ふに若くはなし♡

« 子らの想い | トップページ | 99人目のマイミク »