フォト

カテゴリー

サイト増設コンテンツ及びブログ掲載の特異点テクスト等一覧(2008年1月以降)

The Picture of Dorian Gray

  • Sans Souci
    畢竟惨めなる自身の肖像

Alice's Adventures in Wonderland

  • ふぅむ♡
    僕の三女アリスのアルバム

忘れ得ぬ人々:写真版

  • 縄文の母子像 後影
    ブログ・カテゴリの「忘れ得ぬ人々」の写真版

Exlibris Puer Eternus

  • 吾輩ハ僕ノ頗ル氣ニ入ツタ教ヘ子ノ猫デアル
    僕が立ち止まって振り向いた君のArt

SCULPTING IN TIME

  • 熊野波速玉大社牛王符
    写真帖とコレクションから

Pierre Bonnard Histoires Naturelles

  • 樹々の一家   Une famille d'arbres
    Jules Renard “Histoires Naturelles”の全挿絵 岸田国士訳本文は以下 http://yab.o.oo7.jp/haku.html

僕の視線の中のCaspar David Friedrich

  • 海辺の月の出(部分)
    1996年ドイツにて撮影

シリエトク日記写真版

  • 地の涯の岬
    2010年8月1日~5日の知床旅情(2010年8月8日~16日のブログ「シリエトク日記」他全18篇を参照されたい)

氷國絶佳瀧篇

  • Gullfoss
    2008年8月9日~18日のアイスランド瀧紀行(2008年8月19日~21日のブログ「氷國絶佳」全11篇を参照されたい)

Air de Tasmania

  • タスマニアの幸せなコバヤシチヨジ
    2007年12月23~30日 タスマニアにて (2008年1月1日及び2日のブログ「タスマニア紀行」全8篇を参照されたい)

僕の見た三丁目の夕日

  • blog-2007-7-29
    遠き日の僕の絵日記から
無料ブログはココログ

« ヴェトナム 又は 精神の絨毯爆撃 | トップページ | 芥川龍之介 病中雜記――「侏儒の言葉」の代りに―― »

2007/01/01

2007迎春 又は 冬虫夏草新種Cordyloceps aurum Yaburonsky,2007 ラピュタダケ

謹賀新年

本年もHPblog共々御付合ひの程宜しく御願申上候

昨年より來駕せる賀状にのみ緩々と御返事致す事と爲すが故に御返事の遲く至ることと相成候間其を無禮也なんどと思し給ふ御方々は向後小生へ賀状差し出すは貴方の精神衞生上の不快素因と成れるは必定にて有害不利益御無駄に被成候付御廢絶されんことを願ふそも平時に拙blogを閲みされし御仁は殊更に唯薄き賀状一葉の必然を感じ得ぬもの也とぞ思ふが故に

……それでも内心、心待ちしている賀状も、実は、あるのだ。漫画家の教え子の、手書きの美事な毎年の擬人化した干支の絵(今年は猪八戒だ)は、心待ちの僕のコレクションである。

……今年は、もう一枚、ある教え子の手製版画。1/1。それは博物学的な垂涎を誘う美事な生物の絵だった。題名はないが、それは確かに

『M.C.エッシャーの描く“ペダルテルノロタンドモヴェンス・ケントロクラトゥス・アルティクラトゥス”に寄生した冬虫夏草』

なのであった。

僕は、この2007年最初の菌類の新種の冬虫夏草に学名をつける栄誉を有難く頂戴することにする。

Cordyloceps aurum Yaburonsky,2007 和名 ラピュタダケ

(冬虫夏草 被寄生種名 Pedalternorotandomovens centoroculatus articulatus

Cordyloceps_aurum_yaburonsky 追記:本種について、属名は Cordyceps ではないかという指摘を原画作者から受けたが、 以下の冬虫夏草のサイト等を参考に、ラテン語として真正な名称を使うことを、これには適応する。そもそもこれは新属を呼称してさえ、よいと、僕は、思うのである。ふふふ♪

ちなみに、この絵は、既に公開している“Happy birthday dear Alice.”の絵を描いてくれた女性と同一人物の作品である。

« ヴェトナム 又は 精神の絨毯爆撃 | トップページ | 芥川龍之介 病中雜記――「侏儒の言葉」の代りに―― »