フォト

カテゴリー

サイト増設コンテンツ及びブログ掲載の特異点テクスト等一覧(2008年1月以降)

The Picture of Dorian Gray

  • Sans Souci
    畢竟惨めなる自身の肖像

Alice's Adventures in Wonderland

  • ふぅむ♡
    僕の三女アリスのアルバム

忘れ得ぬ人々:写真版

  • 縄文の母子像 後影
    ブログ・カテゴリの「忘れ得ぬ人々」の写真版

Exlibris Puer Eternus

  • 吾輩ハ僕ノ頗ル氣ニ入ツタ教ヘ子ノ猫デアル
    僕が立ち止まって振り向いた君のArt

SCULPTING IN TIME

  • 熊野波速玉大社牛王符
    写真帖とコレクションから

Pierre Bonnard Histoires Naturelles

  • 樹々の一家   Une famille d'arbres
    Jules Renard “Histoires Naturelles”の全挿絵 岸田国士訳本文は以下 http://yab.o.oo7.jp/haku.html

僕の視線の中のCaspar David Friedrich

  • 海辺の月の出(部分)
    1996年ドイツにて撮影

シリエトク日記写真版

  • 地の涯の岬
    2010年8月1日~5日の知床旅情(2010年8月8日~16日のブログ「シリエトク日記」他全18篇を参照されたい)

氷國絶佳瀧篇

  • Gullfoss
    2008年8月9日~18日のアイスランド瀧紀行(2008年8月19日~21日のブログ「氷國絶佳」全11篇を参照されたい)

Air de Tasmania

  • タスマニアの幸せなコバヤシチヨジ
    2007年12月23~30日 タスマニアにて (2008年1月1日及び2日のブログ「タスマニア紀行」全8篇を参照されたい)

僕の見た三丁目の夕日

  • blog-2007-7-29
    遠き日の僕の絵日記から
無料ブログはココログ

« 芥川龍之介 漱石先生の話/夏目先生 | トップページ | ブログ・アクセス30000 »

2007/01/22

ペコちゃんを追放する者共に、死を!!!

この騒ぎはゆゆしき事態を惹起している。本当に死活問題であるのは、不二家の下請けであり、特約店であり、そこで働くアルバイトやパートであり、そうして何よりペコちゃんなのである。上層部は経営利権の喪失だけを問題として、菓子文化の何たるかを全く理解していない最下劣なプチブル集団に過ぎない。恐らく内部告発によるものである以上、不二家という組織の、経常的な腐敗した管理の爛れは充分、明らかだ。その膿は膿として、出せ。それはそれとして、我々は甘受する覚悟がある。

しかし、それでも我々は断固として無垢のペコちゃんを守りたいのだ。

我々の時代にあって彼女は、年に何度しか口に出来ないケーキという「至福」の象徴以外の何ものでもない。不二家パーラーは、少年少女が憧れた、サンスーシだったではないか。私は30有余年、不二家のケーキを、最早食べてはいない。それでも、不二家のケーキは、いや、それに繋がるペコちゃんという「存在」は、このおぞましき望みなき現実世界にこそ、あらねばならぬ、失われた薔薇色未来のヴィーナスで在り続けているのだ。それがプエル・エテルヌスの(はっきり言っておく。「永遠の少女」にゼッタイ負けない自負を持って)飽くなき悲願である。

僕は賞味期限が百年前に切れたものを持ち出そうとする教育再生会議答申や、消費期限も剥がれた腐臭芬々の安部現政権への怒りと等質の怒りをもって、「僕たちのペコちゃん」を奪い去ろうとする蠻人への戦線布告をはっきりと表明するものである。

私は胸を張って言う。

49歳の今になっても、素面でペコちゃんの頭にふっと触るのを、人生の至上の愛としているのだ、と。

ペコちゃんを追放する者共に、死を!!!

« 芥川龍之介 漱石先生の話/夏目先生 | トップページ | ブログ・アクセス30000 »