フォト

カテゴリー

サイト増設コンテンツ及びブログ掲載の特異点テクスト等一覧(2008年1月以降)

The Picture of Dorian Gray

  • Sans Souci
    畢竟惨めなる自身の肖像

Alice's Adventures in Wonderland

  • ふぅむ♡
    僕の三女アリスのアルバム

忘れ得ぬ人々:写真版

  • 縄文の母子像 後影
    ブログ・カテゴリの「忘れ得ぬ人々」の写真版

Exlibris Puer Eternus

  • 吾輩ハ僕ノ頗ル氣ニ入ツタ教ヘ子ノ猫デアル
    僕が立ち止まって振り向いた君のArt

SCULPTING IN TIME

  • 熊野波速玉大社牛王符
    写真帖とコレクションから

Pierre Bonnard Histoires Naturelles

  • 樹々の一家   Une famille d'arbres
    Jules Renard “Histoires Naturelles”の全挿絵 岸田国士訳本文は以下 http://yab.o.oo7.jp/haku.html

僕の視線の中のCaspar David Friedrich

  • 海辺の月の出(部分)
    1996年ドイツにて撮影

シリエトク日記写真版

  • 地の涯の岬
    2010年8月1日~5日の知床旅情(2010年8月8日~16日のブログ「シリエトク日記」他全18篇を参照されたい)

氷國絶佳瀧篇

  • Gullfoss
    2008年8月9日~18日のアイスランド瀧紀行(2008年8月19日~21日のブログ「氷國絶佳」全11篇を参照されたい)

Air de Tasmania

  • タスマニアの幸せなコバヤシチヨジ
    2007年12月23~30日 タスマニアにて (2008年1月1日及び2日のブログ「タスマニア紀行」全8篇を参照されたい)

僕の見た三丁目の夕日

  • blog-2007-7-29
    遠き日の僕の絵日記から
無料ブログはココログ

« 芥川龍之介「或阿呆の一生」の「二十八 殺人」のロケ地同定その他についての一考察 | トップページ | 僕の兄は静岡空港建設反対に殉じた »

2007/02/03

芥川龍之介 僕の好きな女/佐野花子「芥川龍之介の思い出」の芥川龍之介「僕の最も好きな女性」

芥川龍之介「僕の好きな女」を正字正仮名で「やぶちゃんの電子テクスト:小説・評論・随筆篇」に公開した。

佐野花子「芥川龍之介の思い出」の、「佐野さん」の一件を記述したその直後に、彼女は次のように記している。

『その後、大正八、九年の何月号でございましたか、淑女画報に左のような文が載りました。

 僕の最も好きな女性    田端居士

 僕は、しんみりとして天真爛漫な女性が好きだ。どちらかと言へば言葉すくなで内に豊かな情趣を湛へ、しかも理智のひらめきがなくてはいけません。二に二を足すと四といふやうな女性は余り好ましく思へないのです。

 かつて或る海岸の小さな町に住んでいたことがありました。そう教育が高いといふのでもなく又さう美人といふのでもない一婦人と知り合ひになったことがありました。この婦人に対して坐ってゐると恰も滾々として尽きない愛の泉に浸ってゐる様な気がして恍惚となって来ます。僕はいつか全身に魅力を感じて忘れやうとしても今尚忘れられません。かういふ女性が多ければ多いほど、世界は明るく進歩して男子の天分はいやが上にも増してゆくことでせう。[やぶちゃん注:一部歴史的仮名遣いに誤りがあるが、表記はすべてママ。]

 右の文において私はふっと自分の胸に思い当たるものを感じます。名前も出さず、或る婦人とか、或る海岸の小さな町とか、ぼかして述べてありますけれど、私には思い当たる節があるのでございます。ははあ私のことだとわかるのでございます。これが文学的な方法でございましょう。これに比べて「佐野さん」という文は何とムキ出しに夫を刺したものだったかと、今更のごとく比べて思いました。』(以下略)

……「僕の最も好きな女性」という題名の作品は岩波版旧全集には所収しない(新全集は未見)。「大正八、九年」という佐野花子の言う期間の中で、該当する作品は、掲載雑誌名も異なるが、本テクスト「僕の好きな女」である。その内容は、僕のテクストでお読み頂きたい。そうして、この佐野花子の示す「僕の最も好きな女性」と比べて頂きたい。……この数日の間の、一連の考察によって、僕は、ある一つの可能性に達しているのだが、それはしかし、今は、まだ差し挟まずにおくこととしたい。……

では、僕はこれより、伊豆に湯治に出かけることとする。随分、ごきげんよう……

« 芥川龍之介「或阿呆の一生」の「二十八 殺人」のロケ地同定その他についての一考察 | トップページ | 僕の兄は静岡空港建設反対に殉じた »