フォト

カテゴリー

サイト増設コンテンツ及びブログ掲載の特異点テクスト等一覧(2008年1月以降)

The Picture of Dorian Gray

  • Sans Souci
    畢竟惨めなる自身の肖像

Alice's Adventures in Wonderland

  • ふぅむ♡
    僕の三女アリスのアルバム

忘れ得ぬ人々:写真版

  • 縄文の母子像 後影
    ブログ・カテゴリの「忘れ得ぬ人々」の写真版

Exlibris Puer Eternus

  • 吾輩ハ僕ノ頗ル氣ニ入ツタ教ヘ子ノ猫デアル
    僕が立ち止まって振り向いた君のArt

SCULPTING IN TIME

  • 熊野波速玉大社牛王符
    写真帖とコレクションから

Pierre Bonnard Histoires Naturelles

  • 樹々の一家   Une famille d'arbres
    Jules Renard “Histoires Naturelles”の全挿絵 岸田国士訳本文は以下 http://yab.o.oo7.jp/haku.html

僕の視線の中のCaspar David Friedrich

  • 海辺の月の出(部分)
    1996年ドイツにて撮影

シリエトク日記写真版

  • 地の涯の岬
    2010年8月1日~5日の知床旅情(2010年8月8日~16日のブログ「シリエトク日記」他全18篇を参照されたい)

氷國絶佳瀧篇

  • Gullfoss
    2008年8月9日~18日のアイスランド瀧紀行(2008年8月19日~21日のブログ「氷國絶佳」全11篇を参照されたい)

Air de Tasmania

  • タスマニアの幸せなコバヤシチヨジ
    2007年12月23~30日 タスマニアにて (2008年1月1日及び2日のブログ「タスマニア紀行」全8篇を参照されたい)

僕の見た三丁目の夕日

  • blog-2007-7-29
    遠き日の僕の絵日記から
無料ブログはココログ

« ひぐらし | トップページ | 何もしてない訳じゃないぜ! »

2007/03/10

KURO アフリカの月 

アフリカの月
   原作詞:KURO 作曲:西岡恭蔵
   唄:Ann Sally   
   歌詞採録恣意的記号挿入レイアウト:やぶちゃん

古い港町流れる 夕暮れの口笛
海の匂いに恋した
あれは 遠い日の 少年

酒場じゃあ 海で片足 失くしたおいぼれ
安酒に 酔って
唄う 遠い想い出

……俺が旅した 若いころは
  よく聞け! 若いの!
  酒と女と ロマン求めて
  七つの海を 旅したもんさ……

……母さんは 言うけど『船乗りはやさぐれ
  海に抱かれて 年とり
  あとは さみしく死ぬだけ……』……

 

……僕は夢見る 波の彼方の
  黒い大陸
  椰子の葉かげで 踊る 星くず
  見上げる 空には アフリカの月……

古い港町流れる 夕暮れの口笛
海の匂いに恋した
あれは 遠い日の 少年

ララル……ラル……ウルル……

これは確信犯である。勿論、これは著作権存続。作曲者西岡恭蔵氏のホームページも存続する。一応、形式的には憚って聞き取り採録とした。そうして、そのレイアウトや記号には、勿論、僕の恣意的な解釈が満杯だ。
でも、本当にいいものは、みなに語られ、みなに唄われてこそのもの、読まれてなんぼ、唄われてなんぼ――いや、それこそ文芸の、あらゆるアートと呼ばわるところのものの本質とは所詮そんなものではなかったか?!

いや、そんな吝嗇臭いことは、どうでもいいんだ。

どうしたって言っておきたいのは、作詞者は作曲者西岡恭蔵氏の亡くなった愛妻であること、そうして……そうして西岡氏はその愛妻の三回忌に自死したことだけだ。

『だから、どうだって?』 

だって? だったら、あんたとは、金輪際、語りたくない。

それだけのことだ。

僕は今日、遠い海鳴りじゃあない耳鳴りを振り捨てるように、これを大音響リピートで、聴いている。

……ちなみに、今日の診断で僕の「ふらふら」は明らかに内耳的な器質的疾患であることが明白となった。気の迷いではなく、確かな「眩暈」であるということだ。原因は分からない。航空性中耳炎からは、このような内耳疾患は発生しないという。こいつも、耳鳴りと一生もん、かい。「海鳴りと船酔い」、いや、今気づいたよ、この歌詞は、今の俺に、ぴったりじゃあねえか!

……さて! いいじゃねえか! この小憎らしい「あれは 遠い日の 少年」っていうフレーズは、よ! 「ケッ!」といつものように唾吐いて、俺は、明日からほんとに北の海の彼方へと、「あばよ、だ!」(おっと! 俺の「ジパング」の可愛い子ちゃん! おまえさんが「楽しみにしているよ」と言ってくれたルナールは、自動更新システムなんぞというゲロ吐きそうな文明開化のお蔭で、ちゃんとセットしといた、ぜ! ケッ![やぶちゃん注:唾の音。])

« ひぐらし | トップページ | 何もしてない訳じゃないぜ! »