フォト

カテゴリー

サイト増設コンテンツ及びブログ掲載の特異点テクスト等一覧(2008年1月以降)

The Picture of Dorian Gray

  • Sans Souci
    畢竟惨めなる自身の肖像

Alice's Adventures in Wonderland

  • ふぅむ♡
    僕の三女アリスのアルバム

忘れ得ぬ人々:写真版

  • 縄文の母子像 後影
    ブログ・カテゴリの「忘れ得ぬ人々」の写真版

Exlibris Puer Eternus

  • 吾輩ハ僕ノ頗ル氣ニ入ツタ教ヘ子ノ猫デアル
    僕が立ち止まって振り向いた君のArt

SCULPTING IN TIME

  • 熊野波速玉大社牛王符
    写真帖とコレクションから

Pierre Bonnard Histoires Naturelles

  • 樹々の一家   Une famille d'arbres
    Jules Renard “Histoires Naturelles”の全挿絵 岸田国士訳本文は以下 http://yab.o.oo7.jp/haku.html

僕の視線の中のCaspar David Friedrich

  • 海辺の月の出(部分)
    1996年ドイツにて撮影

シリエトク日記写真版

  • 地の涯の岬
    2010年8月1日~5日の知床旅情(2010年8月8日~16日のブログ「シリエトク日記」他全18篇を参照されたい)

氷國絶佳瀧篇

  • Gullfoss
    2008年8月9日~18日のアイスランド瀧紀行(2008年8月19日~21日のブログ「氷國絶佳」全11篇を参照されたい)

Air de Tasmania

  • タスマニアの幸せなコバヤシチヨジ
    2007年12月23~30日 タスマニアにて (2008年1月1日及び2日のブログ「タスマニア紀行」全8篇を参照されたい)

僕の見た三丁目の夕日

  • blog-2007-7-29
    遠き日の僕の絵日記から
無料ブログはココログ

« 井上英作 フィリピーナ・ラプソディー | トップページ | 「フィリピーナ・ラプソディー」読後 »

2007/03/18

栗本丹洲「栗氏千蟲譜」巻十 全

栗本丹洲「栗氏千蟲譜」の巻十(末尾にある後記、跋、所有者の識は僕の海産生物に特化した翻刻という主旨とは無関係なので省略した)を「やぶちゃんの電子テクスト:小説・評論・随筆篇」に公開した。これで、海産生物関係の「千蟲譜」はすべて翻刻を終えた。耳鳴りと眩暈の中でも、充実感は、ある。

僕の充実感とは何か?

僕は別に、僕のこの杜撰な作業(少なくとも生物同定に関して言えば、門外漢の僕の仕儀は杜撰以下とも言われよう)に学術的な価値があろうなどとは到底思っていない。但し、こんな誰にでも出来ることを、誰もまともにやろうとしていない以上、それ以下でも以上ない、試みの端緒としての価値はあるであろう。そうして、まさに、そのようなものに触発されて、海の生き物に喜びを持つところの「遂に逢はざる」若者が、一人でも生まれてくれれば、それで本望である。僕は、小学生の時に買ってもらった海の生き物の図鑑を、本当に、本当に,ぼろぼろになるまで繰り返し読み続けた。

「僕」は、かつてのちっぽけな「僕」のような、それでいて生き生きと眼を輝かせていた「飢えた僕」のような「僕」に、これを捧げたいのである。

« 井上英作 フィリピーナ・ラプソディー | トップページ | 「フィリピーナ・ラプソディー」読後 »