フォト

カテゴリー

サイト増設コンテンツ及びブログ掲載の特異点テクスト等一覧(2008年1月以降)

The Picture of Dorian Gray

  • Sans Souci
    畢竟惨めなる自身の肖像

Alice's Adventures in Wonderland

  • ふぅむ♡
    僕の三女アリスのアルバム

忘れ得ぬ人々:写真版

  • 縄文の母子像 後影
    ブログ・カテゴリの「忘れ得ぬ人々」の写真版

Exlibris Puer Eternus

  • 吾輩ハ僕ノ頗ル氣ニ入ツタ教ヘ子ノ猫デアル
    僕が立ち止まって振り向いた君のArt

SCULPTING IN TIME

  • 熊野波速玉大社牛王符
    写真帖とコレクションから

Pierre Bonnard Histoires Naturelles

  • 樹々の一家   Une famille d'arbres
    Jules Renard “Histoires Naturelles”の全挿絵 岸田国士訳本文は以下 http://yab.o.oo7.jp/haku.html

僕の視線の中のCaspar David Friedrich

  • 海辺の月の出(部分)
    1996年ドイツにて撮影

シリエトク日記写真版

  • 地の涯の岬
    2010年8月1日~5日の知床旅情(2010年8月8日~16日のブログ「シリエトク日記」他全18篇を参照されたい)

氷國絶佳瀧篇

  • Gullfoss
    2008年8月9日~18日のアイスランド瀧紀行(2008年8月19日~21日のブログ「氷國絶佳」全11篇を参照されたい)

Air de Tasmania

  • タスマニアの幸せなコバヤシチヨジ
    2007年12月23~30日 タスマニアにて (2008年1月1日及び2日のブログ「タスマニア紀行」全8篇を参照されたい)

僕の見た三丁目の夕日

  • blog-2007-7-29
    遠き日の僕の絵日記から
無料ブログはココログ

« 『やぶちゃん版「和漢三才図会」電子テクスト化プロジェクト 内容見本』画像挿入 | トップページ | 地獄の僕の居所 »

2007/04/12

すべての人々が国民である〔改〕

僕は今日、この国に心底、失望した。

国民とは、全ての日本に生きる民である。すべての国民とは、国家によって「教育」を受けた(現に受けている)人々である(物心ついたとは言わせない! いいか! 人を馬鹿にするな! 「国民」と数える、すべてだ! そもそも文部科学省〔この名前! 鉄腕アトムのあの頃、科学省なんて出来ると思ってた奴がどれくらいいただろう〕は教育公務員に「国旗」「国歌」の強力な指導を強い、処分までして正義面しているんだから、小中高校生の投票は少しも怖くあるまいよ。お前らの施策通りに行っているのなら、彼らはみんな「改正」に投票するんじゃないの? 勿論、僕は事実は反対だと思っているがね)。憲法を変えるためには、「すべて」のこの国に生きる人々の、3分の2の賛同なしにはあるべきではない。何より、これからの「日本」を生きる子供や若者達にこそ、真っ先に投票の権限が与えられなければならない(棺おけに片足突っ込んだ僕等マラ萎えジジイどもの投票権を0.5以下に減じたっていいくらいだ)。これは重要審議事項だ。勿論、その、3分の2に、論理的な決定的根拠があるとも思っているわけでは、ない。しかし、僕は全ての3分の2に、とりあえずの価値をおく。彼らが、テッテ的に好戦的な憲法を選び取り、そうあるべきだと、思うならそれが「日本」という国家という幻想であろう(勿論、平和憲法の「日本」が同様に幻想であることも言を待たない。ただ同じはかない幻想ならば僕は迷わず後者を選ぶということだ)。そう、あれば、よい。愛さない奴(それは僕であるかも知れない)は、去れば、いい。その対象が僕であるなら、僕は、いつでも、気持ちよく、去る。こんな、極下劣な排除論理の世界(それは現世というべきか)は、もう、沢山だ! めめしく(もしくは偉そうに)生きていたい奴だけが、めめしく(もしくは偉そうに)生きよ。さて、俺が、どうするか? そんなことを批判するまえに、お前のことを考えるが、いい! いつまでも永遠に生きていたいと思っている、下劣なお前のことを! いいか!? その「下劣なお前」とは、「僕」に繋がる、あらゆる「愚劣な生」を求める、「愚かな僕」に繋がる「生」そのものの、ホモ・サピエンスというみじめな、狂った「種」存在そのものなのだ!……僕は、君が批判するなら、何時でも、「君と」確かに死のう、君さえ、「この愚かで愚劣な僕と」死ねるならば、だ……その程度の覚悟もなしに、自己を表明するな。何時でも、俺は、待ってる――硬性憲法を、なし崩しに杜撰な国民投票法によって安易に「改正」しようとする今回の愚劣な行為は、明らかな「憲法」違反である。現政権や賛同した国会議員は、「非国民」的行為を行使している国家転覆罪を犯している。君等は、すべて死に値する。

〔2007年4月14日8:30改 酔って怒って書いたので、言葉足らずであった。一部修正し、補足した。したが、そうするうちに、またぞろムラムラと怒りが込み上げて来た。結局、また更に過激になった。悪しからず。〕

« 『やぶちゃん版「和漢三才図会」電子テクスト化プロジェクト 内容見本』画像挿入 | トップページ | 地獄の僕の居所 »