フォト

カテゴリー

サイト増設コンテンツ及びブログ掲載の特異点テクスト等一覧(2008年1月以降)

The Picture of Dorian Gray

  • Sans Souci
    畢竟惨めなる自身の肖像

Alice's Adventures in Wonderland

  • ふぅむ♡
    僕の三女アリスのアルバム

忘れ得ぬ人々:写真版

  • 縄文の母子像 後影
    ブログ・カテゴリの「忘れ得ぬ人々」の写真版

Exlibris Puer Eternus

  • 吾輩ハ僕ノ頗ル氣ニ入ツタ教ヘ子ノ猫デアル
    僕が立ち止まって振り向いた君のArt

SCULPTING IN TIME

  • 熊野波速玉大社牛王符
    写真帖とコレクションから

Pierre Bonnard Histoires Naturelles

  • 樹々の一家   Une famille d'arbres
    Jules Renard “Histoires Naturelles”の全挿絵 岸田国士訳本文は以下 http://yab.o.oo7.jp/haku.html

僕の視線の中のCaspar David Friedrich

  • 海辺の月の出(部分)
    1996年ドイツにて撮影

シリエトク日記写真版

  • 地の涯の岬
    2010年8月1日~5日の知床旅情(2010年8月8日~16日のブログ「シリエトク日記」他全18篇を参照されたい)

氷國絶佳瀧篇

  • Gullfoss
    2008年8月9日~18日のアイスランド瀧紀行(2008年8月19日~21日のブログ「氷國絶佳」全11篇を参照されたい)

Air de Tasmania

  • タスマニアの幸せなコバヤシチヨジ
    2007年12月23~30日 タスマニアにて (2008年1月1日及び2日のブログ「タスマニア紀行」全8篇を参照されたい)

僕の見た三丁目の夕日

  • blog-2007-7-29
    遠き日の僕の絵日記から
無料ブログはココログ

« 花賣 伊良子清白 | トップページ | 25年ぶりの塔ヶ岳 »

2007/06/30

月光日光 伊良子清白

月光日光   伊良子清白

 

月光の
語るらく
わが見しは一の姫
  古あをき笛吹いて
  夜も深く塔の
  階級に白々と
    立ちにけり

 

日光の
    語るらく
わが見しは二の姫
  香木の髄香る
  槽桁や白乳に
  浴みして降りかゝる
  花姿天人の
  喜悦に地どよみ
    虹たちぬ

 

月光の
    語るらく
わが見しは一の姫
  一葉舟湖にうけて
霧の下まよひては
  髪かたちなやましく
    亂れけり

 

日光の
    語るらく
わが見しは二の姫
  顏映る圓柱
  驕り鳥尾を觸れて
  風起り波怒る
  霞立つ空殿を
  七尺の裾曳いて
  黄金の跡印けぬ

 

月光の
    語るらく
わが見しは一の姫
  死の島の岩陰に
  青白くころび伏し
  花もなくむくろのみ
    冷えにけり

 

日光の
    語るらく
わが見しは二の姫
  城近く草ふみて
  妻覓ぐと來し王子は
  太刀取の耻見じと
  火を散らす駿足に
  かきのせて直走に
  國領を去りし時
  春風は微吹きぬ

 

*[やぶちゃん注:以下、底本準拠総ルビ。]

 

月光日光(げつくわうにつくわう)   伊良子清白

 

月光(げつくわう)の
語(かた)るらく
わが見(み)しは一(いち)の姫(ひめ)
  古(ふる)あをき笛(ふえ)吹(ふ)いて
  夜(よ)も深(ふか)く塔(あらゝぎ)の
  階級(きざはし)に白々(しらじら)と
    立(た)ちにけり

 

日光(につくわう)の
    語(かた)るらく
わが見(み)しは二(つぎ)の姫(ひめ)
  香木(かうぼく)の髄(ずゐ)香(かを)る
  槽桁(ふなげた)や白乳(はくにう)に
  浴(ゆあ)みして降(ふ)りかゝる
  花姿(はなすがた)天人(てんにん)の
  喜悦(よろこび)に地(つち)どよみ
    虹(にじ)たちぬ

 

月光(げつくわう)の
    語(かた)るらく
わが見(み)しは一(いち)の姫(ひめ)
  一葉舟(ひとはぶね)湖(こ)にうけて
霧(きり)の下(した)まよひては
  髪(かみ)かたちなやましく
    亂(みだ)れけり

 

日光(につくわう)の
    語(かた)るらく
わが見(み)しは二(つぎ)の姫(ひめ)
  顏(かほ)映(うつ)る圓柱(まろばしら)
  驕(おご)り鳥(どり)尾(を)を觸(ふ)れて
  風(かぜ)起(おこ)り波(なみ)怒(いか)る
  霞立(かすみた)つ空殿(くうでん)を
  七尺(せき)の裾(すそ)曳(ひ)いて
  黄金(わうごん)の跡(あと)印(つ)けぬ

 

月光(げつくわう)の
    語(かた)るらく
わが見(み)しは一(いち)の姫(ひめ)
  死(し)の島(しま)の岩陰(いはかげ)に
  青白(あをしろ)くころび伏(ふ)し
  花(はな)もなくむくろのみ
    冷(ひ)えにけり

 

日光(につくわう)の
    語(かた)るらく
わが見(み)しは二(つぎ)の姫(ひめ)
  城(しろ)近(ちか)く草(くさ)ふみて
  妻(つま)覓(ま)ぐと來(こ)し王子(みこ)は
  太刀取(たちとり)の耻(はぢ)見(み)じと
  火(ひ)を散(ち)らす駿足(しゆんそく)に
  かきのせて直走(ひたばせ)に
  國領(こくりやう)を去(さ)りし時(とき)
  春風(はるかぜ)は微吹(そよふ)きぬ

 

***

 

朝の天気はよい。体調も少し復した。では、随分、ごきげんよう。

« 花賣 伊良子清白 | トップページ | 25年ぶりの塔ヶ岳 »