フォト

カテゴリー

サイト増設コンテンツ及びブログ掲載の特異点テクスト等一覧(2008年1月以降)

The Picture of Dorian Gray

  • Sans Souci
    畢竟惨めなる自身の肖像

Alice's Adventures in Wonderland

  • ふぅむ♡
    僕の三女アリスのアルバム

忘れ得ぬ人々:写真版

  • 縄文の母子像 後影
    ブログ・カテゴリの「忘れ得ぬ人々」の写真版

Exlibris Puer Eternus

  • 吾輩ハ僕ノ頗ル氣ニ入ツタ教ヘ子ノ猫デアル
    僕が立ち止まって振り向いた君のArt

SCULPTING IN TIME

  • 熊野波速玉大社牛王符
    写真帖とコレクションから

Pierre Bonnard Histoires Naturelles

  • 樹々の一家   Une famille d'arbres
    Jules Renard “Histoires Naturelles”の全挿絵 岸田国士訳本文は以下 http://yab.o.oo7.jp/haku.html

僕の視線の中のCaspar David Friedrich

  • 海辺の月の出(部分)
    1996年ドイツにて撮影

シリエトク日記写真版

  • 地の涯の岬
    2010年8月1日~5日の知床旅情(2010年8月8日~16日のブログ「シリエトク日記」他全18篇を参照されたい)

氷國絶佳瀧篇

  • Gullfoss
    2008年8月9日~18日のアイスランド瀧紀行(2008年8月19日~21日のブログ「氷國絶佳」全11篇を参照されたい)

Air de Tasmania

  • タスマニアの幸せなコバヤシチヨジ
    2007年12月23~30日 タスマニアにて (2008年1月1日及び2日のブログ「タスマニア紀行」全8篇を参照されたい)

僕の見た三丁目の夕日

  • blog-2007-7-29
    遠き日の僕の絵日記から
無料ブログはココログ

« 寺島良安「和漢三才圖會 巻第五十一 魚類 江海無鱗魚」 鯨 完成 | トップページ | 花賣 伊良子清白 »

2007/06/28

夏日孔雀賦 伊良子清白

   夏日孔雀賦   伊良子清白

 

園の主に導かれ
庭の置石石燈籠
物古る木立築山の
景有る所うち過ぎて
池のほとりを來て見れば
棚につくれる藤の花
紫深き彩雲の
陰にかくるゝ鳥屋にして
番の孔雀砂を踏み
優なる姿睦つるゝよ

 

地に曳く尾羽の重くして
歩はおそき雄の孔雀
雌鳥を見れば嬌やかに
柔和の性は具ふれど
綾に包める毛衣に
己れ眩き風情あり

 

 

 

雄鳥雌鳥の立竝び
砂にいざよふ影と影
飾り乏き身を耻ぢて
雌鳥は少し退けり
落羽は見えず砂の上
清く掃きたる園守が
箒の痕も失せやらず
一つ落ち散る藤浪の
花を啄む雄の孔雀
長き花總地に垂れて
歩めば遠し砂原
見よ君來れ雄の孔雀
尾羽擴ぐるよあなや今
あな擴げたりことごとく
こゝろ籠めたる武士の
晴の鎧に似たるかな
花の宴宮内の
櫻襲のごときかな
一つの尾羽をながむれば
右と左にたち別れ
みだれて靡く細羽の
金絲の縫を捌くかな
圓く張りたる尾の上に
圓くおかるゝ斑を見れば
雲の峯湧く夏の日に
炎は燃ゆる日輪の
半ば蝕する影の如
さても面は濃やかに
げに天鷲絨の軟かき
これや觸れても見まほしの
指に空しき心地せむ

 

 

 

いとゞ和毛のゆたかにて
胸を纏へる光輝と
紫深き羽衣は
紺地の紙に金泥の
文字を透すが如くなり
冠に立てる二本の
羽は何物直にして
位を示す名鳥の
これ頂の飾なり
身はいと小さく尾は廣く
盛なるかな眞白なる
砂の面を歩み行く
君それ砂といふ勿れ
この鳥影を成す所
妙の光を眼にせずや
仰げば深し藤の棚
王者にかざす覆蓋の
形に通ふかしこさよ
四方に張りたる尾の羽の
めぐりはまとふ薄霞
もとより鳥屋のものなれど
鳥屋より廣く見ゆるかな

 

 

 

何事ぞこれ圓らかに
張れる尾羽より風出でゝ
見よ漣の寄るごとく
羽と羽とを疾くぞ過ぐ
天つ錦の羽の戰ぎ
香りの草はふまずとも
香らざらめやその和毛
八百重の雲は飛ばずとも
響かざらめやその羽がひ
獅子よ空しき洞をいで
小暗き森の巌角に
その鬣をうち振ふ
猛き姿もなにかせむ
鷲よ御空を高く飛び
日の行く道の縦横に
貫く羽を摶ち羽ぶく
雄々しき影もなにかせむ
誰か知るべき花蔭に
鳥の姿をながめ見て
朽ちず亡びず價ある
永久の光に入りぬとは
誰か知るべきこゝろなく
庭逍遙の目に觸れて
孔雀の鳥屋の人の世に
高き示しを與ふとは
時は滅びよ日は逝けよ
形は消えよ世は失せよ
其處に殘れるものありて
限りも知らず極みなく
輝き渡る樣を見む
今われ假りにそのものを
美しとのみ名け得る

 

振放け見れば大空の
日は午に中たり南の
高き雲間に宿りけり
織りて隙なき藤浪の
影は幾重に匂へども
紅燃ゆる天津目の
焔はあまり強くして
梭と飛び交ひ箭と亂れ
銀より白き穗を投げて
これや孔雀の尾の上に
盤渦巻きかへり迸り
或は露と溢れ零ち
或は霜とおき結び
彼處に此處に戲るゝ
千々の日影のたゞずまひ
深き淺きの差異さへ
色薄尾羽にあらはれて
涌來る彩の幽かにも
末は朧に見ゆれども
盡きぬ光の泉より
ひまなく灌ぐ金の波
と見るに近き池の水
あたりは常のまゝにして
風なき晝の藤の花
静かに垂れて咲けるのみ

 

 

 

今夏の日の初とて
菖蒲刈り葺く頃なれば
力あるかな物の榮
若き緑や樹は繁り
煙は探し園の内
石も青葉や萌え出でん
雫こぼるゝ苔の上
雫も堅き思あり
思へば遠き冬の日に
かの美しき尾も凍る
寒き塒に起臥して
北風通ふ鳥屋のひま
雙つの翼うちふるひ
もとよりこれや靈鳥の
さすがに羽は亂さねど
塵のうき世に捨てられて
形は薄く胸は痩せ
命死ぬべく思ひしが
かくばかりなるさいなみに
鳥はいよ/\美しく
奇しき戰や冬は負け
春たちかへり夏來り
見よ人にして桂の葉
鳥は御空の日に向ひ
尾羽を擴げて立てるなり
讃に堪へたり光景の
庭の面にあらはれて
雲を駆け行く天の馬
翼の風の疾く強く
彼處蹄や觸れけんの
雨も溶き得ぬ深緑
澱未だ成らぬ新造酒の
流を見れば倒しまに
底とごとくあらはれて
天といふらし盃の
落すは淺黄瑠璃の河
地には若葉
誰行くらしの車路ぞ
朝と夕との雙手もて
擎ぐる珠は陰光
溶けて去なんず春花に
くらべば強き夏花や
成れるや陣に騎慢の
汝孔雀よ華やかに
又かすかにも濃やかに
千々の千々なる色彩を
間なく時なく眩ゆくも
標はし示すたふとさよ
草は靡きぬ手を擧げて
木々は戰ぎぬ袖振りて
即ち物の證明なり
かへりて思ふいにしへの
人の生命の春の日に
三保の松原漁夫の
懸る見してふ天の衣
それにも似たる奇蹟かな
こひねがはくば少くも
此處も駿河とよばしめよ

 

 

 

斯くて孔雀は尾ををさめ
妻懸ふらしや雌をよびて
語らふごとく鳥屋の内
花耻かしく藤棚の
柱の陰に身をよせて
隠るゝ風情哀れなり
しば/\藤は砂に落ち
ふむにわづらふ鳥と鳥
あな似つかしき雄の鳥の
羽にまつはる雌の孔雀

 

*[やぶちゃん注:以下、底本準拠総ルビ。]

 

   夏日孔雀賦(かじつくじやくのふ)   伊良子清白

 

園(その)の主(あるじ)に導(みちび)かれ
庭(には)の置石(おきいし)石燈籠(いしどうろ)
物古(ものふ)る木立(こだち)築山(つきやま)の
景(けい)有(あ)る所(ところ)うち過(す)ぎて
池(いけ)のほとりを來(き)て見(み)れば
棚(たな)につくれる藤(ふぢ)の花(はな)
紫(むらさき)深(ふか)き彩雲(あやぐも)の
陰(かげ)にかくるゝ鳥屋(とや)にして
番(つがひ)の孔雀(くじやく)砂(すな)を踏(ふ)み
優(いう)なる姿(すがた)睦(む)つるゝよ

 

地(ち)に曳(ひ)く尾羽(をば)の重(おも)くして
歩(あゆみ)はおそき雄(を)の孔雀(くじやく)
雌鳥(めとり)を見(み)れば嬌(たを)やかに
柔和(にうわ)の性(しやう)は具(そな)ふれど
綾(あや)に包(つゝ)める毛衣(けごろも)に
己(おの)れ眩(まばゆ)き風情(ふぜい)あり

 

 

 

雌鳥雄鳥(めどりをどり)の立竝(たちなら)び
砂(すな)にいざよふ影(かげ)と影(かげ)
飾(かざ)り乏(とぼし)き身(み)を耻(は)ぢて
雌鳥(めどり)は少(すこ)し退(しりぞ)けり
落羽(おちば)は見(み)えず砂(すな)の上(うへ)
清(きよ)く掃(は)きたる園守(そのもり)が
箒(はゝき)の痕(あと)も失(う)せやらず
一つ落(お)ち散(ち)る藤浪(ふぢなみ)の
花(はな)を啄(ついば)む雄(を)の孔雀(くじやく)
長(なが)き花總(はなぶさ)地(ち)に垂(た)れて
歩(あゆ)めば遠(とほ)し砂原(いさごばら)
見(み)よ君(きみ)來(きた)れ雄(を)の孔雀(くじやく)
尾羽(をば)擴(ひろ)ぐるよあなや今(いま)
あな擴(ひろ)げたりことごとく
こゝろ籠(こ)めたる武士(ものゝふ)の
晴(はれ)の鎧(よろひ)に似(に)たるかな
花(はな)の宴(さかもり)宮内(みやうち)の
櫻(さくら)襲(かさね)のごときかな
一つの尾羽(をば)をながむれば
右(みぎ)と左(ひだり)にたち別(わか)れ
みだれて靡(なび)く細羽(ほそばね)の
金絲(きんし)の縫(ぬひ)を捌(さば)くかな
圓(まろ)く張(は)りたる尾(を)の上(うへ)に
圓(まろ)くおかるゝ斑(ふ)を見(み)れば
雲(くも)の峯(みね)湧(わ)く夏(なつ)の日(ひ)に
炎(ほのほ)は燃(も)ゆる日輪(にちりん)の
半(なか)ば蝕(しよく)する影(かげ)の如(ごと)
さても面(おもて)は濃(こま)やかに
げに天鷲絨(びろうど)の軟(やはら)かき
これや觸(ふ)れても見(み)まほしの
指(ゆび)に空(むな)しき心地(こゝち)せむ

 

 

 

いとゞ和毛(にこげ)のゆたかにて
胸(むね)を纏(まと)へる光輝(かゞやき)と
紫(むらさき)深(ふか)き羽衣(はごろも)は
紺地(こんぢ)の紙(かみ)に金泥(こんでい)の
文字(もじ)を透(すか)すが如(ごと)くなり
冠(かぶり)に立(た)てる二本(ふたもと)の
羽(はね)は何物(なにもの)直(すぐ)にして
位(くらゐ)を示(しめ)す名鳥(めいてう)の
これ頂(いたゞき)の飾(かざり)なり
身(み)はいと小(ち)さく尾(を)は廣(ひろ)く
盛(さかん)なるかな眞白(ましろ)なる
砂(すな)の面(おもて)を歩(あゆ)み行(ゆ)く
君(きみ)それ砂(すな)といふ勿(なか)れ
この鳥影(とりかげ)を成(な)す所(ところ)
妙(たへ)の光(ひかり)を眼(め)にせずや
仰(あふ)げば深(ふか)し藤(ふぢ)の棚(たな)
王者(わうじや)にかざす覆蓋(ふくがい)の
形(かたち)に通(かよ)ふかしこさよ
四方(よも)に張(は)りたる尾(を)の羽(はね)の
めぐりはまとふ薄霞(うすがすみ)
もとより鳥屋(とや)のものなれど
鳥屋(とや)より廣(ひろ)く見(み)ゆるかな

 

 

 

何事(なにごと)ぞこれ圓(まど)らかに
張(は)れる尾羽(をば)より風(かぜ)出(い)でゝ
見(み)よ漣(さゞなみ)の寄(よ)るごとく
羽(はね)と羽(はね)とを疾(と)くぞ過(す)ぐ
天(あま)つ錦(にしき)の羽(は)の戰(そよ)ぎ
香(かを)りの草(くさ)はふまずとも
香(かを)らざらめやその和毛(にこげ)
八百重(やほへ)の雲(くも)は飛(と)ばずとも
響(ひゞ)かざらめやその羽(は)がひ
獅子(しゝ)よ空(むな)しき洞(ほら)をいで
小暗(をぐら)き森(もり)の巌角(いはかど)に
その鬣(たてがみ)をうち振(ふる)ふ
猛(たけ)き姿(すがた)もなにかせむ
鷲(わし)よ御空(みそら)を高(たか)く飛(と)び
日(ひ)の行(ゆ)く道(みち)の縦横(たてよこ)に
貫(つらぬ)く羽(はね)を摶(う)ち羽(は)ぶく
雄々(をを)しき影(かげ)もなにかせむ
誰(たれ)か知(し)るべき花蔭(はなかげ)に
鳥(とり)の姿(すがた)をながめ見(み)て
朽(く)ちず亡(ほろ)びず價(あたひ)ある
永久(とは)の光(ひかり)に入(い)りぬとは
誰(たれ)か知(し)るべきこゝろなく
庭(には)逍遙(ぜうえう)の目(め)に觸(ふ)れて
孔雀(くじやく)の鳥屋(とや)の人(ひと)の世(よ)に
高(たか)き示(しめ)しを與(あた)ふとは
時(とき)は滅(ほろ)びよ日(ひ)は逝(ゆ)けよ
形(かたち)は消(き)えよ世(よ)は失(う)せよ
其處(そこ)に殘(のこ)れるものありて
限(かぎ)りも知(し)らず極(きは)みなく
輝(かゞや)き渡(わた)る樣(さま)を見(み)む
今(いま)われ假(か)りにそのものを
美(うつく)しとのみ名(なづ)け得(う)る

 

振放(ふりさ)け見(み)れば大空(おほぞら)の
日(ひ)は午(ご)に中(あ)たり南(みんなみ)の
高(たか)き雲間(くもま)に宿(やど)りけり
織(お)りて隙(ひま)なき藤浪(ふぢなみ)の
影(かげ)は幾重(いくへ)に匂(にほ)へども
紅燃(くれなゐも)ゆる天津目(あまつひ)の
焔(ほのほ)はあまり強(つよ)くして
梭(をさ)と飛(と)び交(か)ひ箭(や)と亂(みだ)れ
銀(ぎん)より白(しろ)き穗(ほ)を投(な)げて
これや孔雀(くじやく)の尾(を)の上(うへ)に
盤渦巻(うづま)きかへり迸(ほとばし)り
或(あるひ)は露(つゆ)と溢(こぼ)れ零(お)ち
或(あるひ)は霜(しも)とおき結(むす)び
彼處(かしこ)に此處(こゝ)に戲(たはぶ)るゝ
千々(ちゞ)の日影(ひかげ)のたゞずまひ
深(ふか)き淺(あさ)きの差異(けじめ)さへ
色薄尾羽(いろうずをば)にあらはれて
涌來(わきく)る彩(あや)の幽(かす)かにも
末(すゑ)は朧(おぼろ)に見(み)ゆれども
盡(つ)きぬ光(ひかり)の泉(いづみ)より
ひまなく灌(そゝ)ぐ金(きん)の波(なみ)
と見(み)るに近(ちか)き池(いけ)の水(みづ)
あたりは常(つね)のまゝにして
風(かぜ)なき晝(ひる)の藤(ふぢ)の花(はな)
静(しづ)かに垂(た)れて咲(さ)けるのみ

 

 

 

今(いま)夏(なつ)の日(ひ)の初(はじめ)とて
菖蒲(あやめ)刈(か)り葺(ふ)く頃(ころ)なれば
力(ちから)あるかな物(もの)の榮(はえ)
若(わか)き緑(みどり)や樹(き)は繁(しげ)り
煙(けぶり)は探(ふか)し園(その)の内(うち)
石(いし)も青葉(あをば)や萌(も)え出(い)でん
雫(しづく)こぼるゝ苔(こけ)の上(うへ)
雫(しづく)も堅(かた)き思(おもひ)あり
思(おも)へば遠(とほ)き冬(ふゆ)の日(ひ)に
かの美(うつく)しき尾(を)も凍(こほ)る
寒(さぶ)き塒(ねぐら)に起臥(おきふ)して
北風(きたかぜ)通(かよ)ふ鳥屋(とや)のひま
雙(ふた)つの翼(つばさ)うちふるひ
もとよりこれや靈鳥(れいてう)の
さすがに羽(はね)は亂(みだ)さねど
塵(ちり)のうき世(よ)に捨(す)てられて
形(かたち)は薄(うす)く胸(むね)は痩(や)せ
命死(いのちし)ぬべく思(おも)ひしが
かくばかりなるさいなみに
鳥(とり)はいよ/\美(うつく)しく
奇(く)しき戰(いくさ)や冬(ふゆ)は負(ま)け
春(はる)たちかへり夏(なつ)來(きた)り
見(み)よ人(ひと)にして桂(かつら)の葉(は)
鳥(とり)は御空(みそら)の日(ひ)に向(むか)ひ
尾羽(をば)を擴(ひろ)げて立(た)てるなり
讃(さん)に堪(た)へたり光景(くわうけい)の
庭(には)の面(おもて)にあらはれて
雲(くも)を駆(か)け行(ゆ)く天(てん)の馬(うま)
翼(つばさ)の風(かぜ)の疾(と)く強(つよ)く
彼處(かしこ)蹄(ひづめ)や觸(ふ)れけんの
雨(あめ)も溶(と)き得(え)ぬ深緑(ふかみどり)
澱(おり)未(ま)だ成(な)らぬ新造酒(にひみき)の
流(ながれ)を見(み)れば倒(さか)しまに
底(そこ)とごとくあらはれて
天(そら)といふらし盃(さかづき)の
落(おと)すは淺黄(あさぎ)瑠璃(るり)の河(かは)
地(ち)には若葉(わかば)
誰(たれ)行(ゆ)くらしの車路(くるまぢ)ぞ
朝(あさ)と夕(ゆふ)との雙手(もろで)もて
擎(さゝ)ぐる珠(たま)は陰光(かげひかり)
溶(と)けて去(い)なんず春花(はるばな)に
くらべば強(つよ)き夏花(なつばな)や
成(な)れるや陣(ぢん)に騎慢(けうまん)の
汝(なんぢ)孔雀(くじやく)よ華(はな)やかに
又(また)かすかにも濃(こま)やかに
千々(ちゞ)の千々(ちゞ)なる色彩(いろあや)を
間(ま)なく時(とき)なく眩(まば)ゆくも
標(あら)はし示(しめ)すたふとさよ
草(くさ)は靡(なび)きぬ手(て)を擧(あ)げて
木々(きゞ)は戰(そよ)ぎぬ袖振(そでふ)りて
即(すなは)ち物(もの)の證明(あかし)なり
かへりて思(おも)ふいにしへの
人(ひと)の生命(いのち)の春(はる)の日(ひ)に
三保(みほ)の松原(まつばら)漁夫(いさりを)の
懸(かゝ)る見(み)してふ天(あめ)の衣(きぬ)
それにも似(に)たる奇蹟(きせき)かな
こひねがはくば少(すくな)くも
此處(こゝ)も駿河(するが)とよばしめよ

 

 

 

斯(か)くて孔雀(くじやく)は尾(を)ををさめ
妻懸(つまこ)ふらしや雌(め)をよびて
語(かた)らふごとく鳥屋(とや)の内(うち)
花(はな)耻(はづ)かしく藤棚(ふぢだな)の
柱(はしら)の陰(かげ)に身(み)をよせて
隠(かく)るゝ風情(ふぜい)哀(あは)れなり
しば/\藤(ふぢ)は砂(すな)に落(お)ち
ふむにわづらふ鳥(とり)と鳥(とり)
あな似(に)つかしき雄(を)の鳥(とり)の
羽(はね)にまつはる雌(め)の孔雀(くじやく)

 

***

 

丸山応挙だろうが長澤蘆雪だろうが曽我蕭白だろうが何枚屏風や襖絵を持ってきても、清白のこの絢爛精緻な描写には、誰も勝てないね。

« 寺島良安「和漢三才圖會 巻第五十一 魚類 江海無鱗魚」 鯨 完成 | トップページ | 花賣 伊良子清白 »