フォト

カテゴリー

サイト増設コンテンツ及びブログ掲載の特異点テクスト等一覧(2008年1月以降)

The Picture of Dorian Gray

  • Sans Souci
    畢竟惨めなる自身の肖像

Alice's Adventures in Wonderland

  • ふぅむ♡
    僕の三女アリスのアルバム

忘れ得ぬ人々:写真版

  • 縄文の母子像 後影
    ブログ・カテゴリの「忘れ得ぬ人々」の写真版

Exlibris Puer Eternus

  • 吾輩ハ僕ノ頗ル氣ニ入ツタ教ヘ子ノ猫デアル
    僕が立ち止まって振り向いた君のArt

SCULPTING IN TIME

  • 熊野波速玉大社牛王符
    写真帖とコレクションから

Pierre Bonnard Histoires Naturelles

  • 樹々の一家   Une famille d'arbres
    Jules Renard “Histoires Naturelles”の全挿絵 岸田国士訳本文は以下 http://yab.o.oo7.jp/haku.html

僕の視線の中のCaspar David Friedrich

  • 海辺の月の出(部分)
    1996年ドイツにて撮影

シリエトク日記写真版

  • 地の涯の岬
    2010年8月1日~5日の知床旅情(2010年8月8日~16日のブログ「シリエトク日記」他全18篇を参照されたい)

氷國絶佳瀧篇

  • Gullfoss
    2008年8月9日~18日のアイスランド瀧紀行(2008年8月19日~21日のブログ「氷國絶佳」全11篇を参照されたい)

Air de Tasmania

  • タスマニアの幸せなコバヤシチヨジ
    2007年12月23~30日 タスマニアにて (2008年1月1日及び2日のブログ「タスマニア紀行」全8篇を参照されたい)

僕の見た三丁目の夕日

  • blog-2007-7-29
    遠き日の僕の絵日記から
無料ブログはココログ

« 寺島良安 和漢三才圖會 巻第五十一 魚類 江海無鱗魚 鰐 | トップページ | 太田省吾悼 »

2007/07/15

エデンの東 Julie Harris

Jh アリスを可愛がりに行って母が見ていた「エデンの東」を、結局、最後まで見てしまった。僕は何度、あの作品を見ただろう。20回は下らないんだ。レッドパージの密告者として、理屈では好きになれない監督でも、いいものは、いい。

見始めたのが、またあの観覧車の印象的なシーンから。とんでもない演技をするキャル役のディーンは勿論のこと、実は、僕はアブラ役のジュリー・ハリスが、痺れるくらい大好き! でも、何故だろう? 今日それが判ったよ。小学校5年生の時に好きだった同級生の「洋子」に似ているからだ。50歳の僕が、今更ながら、そんなことに気づいて感銘しているのだった。その「洋子」さんが今、どうしているかも、気にはなるのだけれど、もっと気になるジュリーは? ネットで判る! 87歳になるが、まだ存命であるようだ。

だから、Julie Harris! 「君の瞳に乾杯!」  僕の永遠の恋人へ!

そうして、更に思い出す。僕は大学3年の時に付き合っていた女性から、彼女の妹が「エデンの東」見たいと言うので連れってくれと頼まれた不思議な経験がある(この付き合っていた女性は僕が生まれて初めて結婚しようと思った女性であるのだが)。今以て不思議では、ある。何故、彼女は妹と僕を送り出したのか? ともかく渋谷の小さな映画館に僕はその「彼女の妹」を連れて行った。満員に近かった。彼女をかろうじて空いていた通路脇の椅子に座らせ、僕は、その横の階段に座って見た……

何を言いたいか判るかい? 僕はその瞬間に、少しだけキャルになった気がしたんだよ……

……そうしてその「彼女の妹」と終映後に喫茶店で映画の話や彼女の話やら、一杯話したな(確か彼女と僕の門限の10時位まで)。それは不思議に覚えている。そうしてその中の彼女の言葉も忘れない、『あなたは私のライバルですから』……この言葉はフラッシュバックする。僕の親友(僕の親友少ない。50年間でたった5人を数えるだけである)の妻が、同じ頃ちょっと前に、僕に全く同じ『あなたはライバルです』と手紙を送ってきていたから……

……僕は、どうすれば、よかったのかな? そうして、彼らの謎めいた『ライバル』の意味……誰か、判ったら教えて下さい……

Juliejames  冒頭の写真はこの写真のトリミングだね。これはイメージ・スチールだ。一番、ジュリーが綺麗♡ 「刑事コロンボ」の「別れのワイン」で主人公(ドナルド・プリーゼンス)が殺人の証拠をネタに脅迫され結婚を強要されるオールド・ミスの秘書をやってたのを見た時は、泣いたぜ! 何で、こんな役? 何で、よりによって海坊主プリーゼンス?

*やぶちゃん後注:Donald Pleasenceは個人的には大好き怪優! 「アウターリミッツ」の「人間電池」(これには心理学者役であの「ある愛の詩」の父親役John Marleyまで出てる!)や「ミクロの決死圏」――白血球に溶かされる閉所恐怖症のトラウマ科学者というのははまり過ぎ!――「恐怖の植物人間」……異常者役をやらせれば右に出る者はないね(クリストファー・リー、ピーター・カッシング何するものぞ!)でも、この「別れのワイン」、ドナルドのフィルモグラフィの銘記すべき名作でもあると思う。いいね! あのまさに「味わいのある」エンディング!

「刑事コロンボ 別れのワイン」(原題“Any Old Port in a Storm”)Any_old_port_in_a_storm より

« 寺島良安 和漢三才圖會 巻第五十一 魚類 江海無鱗魚 鰐 | トップページ | 太田省吾悼 »