フォト

カテゴリー

サイト増設コンテンツ及びブログ掲載の特異点テクスト等一覧(2008年1月以降)

The Picture of Dorian Gray

  • Sans Souci
    畢竟惨めなる自身の肖像

Alice's Adventures in Wonderland

  • ふぅむ♡
    僕の三女アリスのアルバム

忘れ得ぬ人々:写真版

  • 縄文の母子像 後影
    ブログ・カテゴリの「忘れ得ぬ人々」の写真版

Exlibris Puer Eternus

  • 吾輩ハ僕ノ頗ル氣ニ入ツタ教ヘ子ノ猫デアル
    僕が立ち止まって振り向いた君のArt

SCULPTING IN TIME

  • 熊野波速玉大社牛王符
    写真帖とコレクションから

Pierre Bonnard Histoires Naturelles

  • 樹々の一家   Une famille d'arbres
    Jules Renard “Histoires Naturelles”の全挿絵 岸田国士訳本文は以下 http://yab.o.oo7.jp/haku.html

僕の視線の中のCaspar David Friedrich

  • 海辺の月の出(部分)
    1996年ドイツにて撮影

シリエトク日記写真版

  • 地の涯の岬
    2010年8月1日~5日の知床旅情(2010年8月8日~16日のブログ「シリエトク日記」他全18篇を参照されたい)

氷國絶佳瀧篇

  • Gullfoss
    2008年8月9日~18日のアイスランド瀧紀行(2008年8月19日~21日のブログ「氷國絶佳」全11篇を参照されたい)

Air de Tasmania

  • タスマニアの幸せなコバヤシチヨジ
    2007年12月23~30日 タスマニアにて (2008年1月1日及び2日のブログ「タスマニア紀行」全8篇を参照されたい)

僕の見た三丁目の夕日

  • blog-2007-7-29
    遠き日の僕の絵日記から
無料ブログはココログ

« 華燭賦 伊良子清白 | トップページ | 伊良子清白「孔雀船」についての告解 »

2007/07/02

五月野 伊良子清白

   五月野   伊良子清白

 

五月野の昼しみら
瑠璃囀の鳥なきて
草長き南國
極熱の日に火ゆる

 

謎と組む曲路
深沼の岸に盡き
人形の樹立見る
石の間青き水

 

水を截る圓肩に
睡蓮花を分け
のぼりくる美し君
柔かに眼を開けて

 

王藻髪捌け落ち
真素膚に翻へる浪
木々の道木々に倚り
多の草多にふむ

 

葉の裏に虹懸り
姫の路金撲つ
大地の人離野
變化居る白日時

 

垂鈴の百済物
熟れ撓む石の上
みだれ伏す姫の髪
高圓の日に乾く

 

手枕の腕つき
白玉の夢を展べ
処女子の胸肉は
力ある足の弓

 

五月野の濡跡道
深沼の小黑水
落星のかくれ所と
傳へきく人の子等

 

空像の數知らず
うかびくる岸の隈
湧き上ぼる高水に
いま起る物の音

 

めざめたる姫の面
丹穂なす火にもえて
たわわ髪身を起す
光宮玉の人

 

微笑みて下り行く
湖の底姫の國
足うらふむ水の梯
物の音遠ざかる

 

目路のはて岸木立
晝下ちず日の眞洞
迷野の道の奥
水姫を誰知らむ

 

*[やぶちゃん注:以下、底本準拠総ルビ。]

 

   五月野(さつきの)   伊良子清白

 

五月野(さつきの)の昼(ひる)しみら
瑠璃(るり)囀(てん)の鳥(とり)なきて
草(くさ)長(なが)き南國(みなみぐに)
極熱(ごくねつ)の日(ひ)に火(も)ゆる

 

謎(なぞ)と組(く)む曲路(まがりみち)
深沼(ふけぬま)の岸(きし)に盡き
人形(ひとがた)の樹立(こだち)見(み)る
石(いし)の間(ひま)青(あお)き水(みづ)

 

水(みづ)を截(き)る圓肩(まろがた)に
睡蓮(ひつじぐさ)花(はな)を分(わ)け
のぼりくる美(うま)し君(きみ)
柔(やはら)かに眼(め)を開(あ)けて

 

王藻髪(たまもがみ)捌(さば)け落(お)ち
真素膚(ますはだ)に翻(か)へる浪(なみ)
木々(きぎ)の道(みち)木々(きぎ)に倚(よ)り
多(さは)の草(くさ)多(さは)にふむ

 

葉(は)の裏(うら)に虹(にじ)懸(かゝ)り
姫(ひめ)の路(みち)金(こがね)撲(う)つ
大地(おほづち)の人離野(ひとがれの)
變化(へんげ)居(を)る白日時(まひるどき)

 

垂鈴(たりすゞ)の百済物(くだらもの)
熟(う)れ撓(たわ)む石(いし)の上(うへ)
みだれ伏(ふ)す姫(ひめ)の髪(かみ)
高圓(たかまど)の日(ひ)に乾(かは)く

 

手枕(たまくら)の腕(かひな)つき
白玉(しらたま)の夢(ゆめ)を展(の)べ
処女子(をとめご)の胸肉(むなじゝ)は
力(ちから)ある足(たり)の弓(ゆみ)

 

五月野(さつきの)の濡跡道(ぬれとみち)
深沼(ふけぬま)の小黑水(をぐろみづ)
落星(おちぼし)のかくれ所(ど)と
傳(つた)へきく人(ひと)の子等(こら)

 

空像(うたかた)の數(かず)知(し)らず
うかびくる岸(きし)の隈(くま)
湧(わ)き上(のぼ)ぼる高水(たまみづ)に
いま起(おこ)る物(もの)の音(おと)

 

めざめたる姫(ひめ)の面(おも)
丹穂(にのほ)なす火(ひ)にもえて
たわわ髪(がみ)身(み)を起(おこ)す
光宮(ひかりみや)玉(たま)の人(ひと)

 

微笑(ほゝえ)みて下(くだ)り行(ゆ)く
湖(うみ)の底(そこ)姫(ひめ)の國(くに)
足(あ)うらふむ水(みづ)の梯(はし)
物(もの)の音(おと)遠(とほ)ざかる

 

目路(めぢ)のはて岸木立(きしこだち)
晝(ひる)下(お)ちず日(ひ)の眞洞(まほら)
迷野(まよひの)の道(みち)の奥(おく)
水姫(みづひめ)を誰(たれ)知(し)らむ

« 華燭賦 伊良子清白 | トップページ | 伊良子清白「孔雀船」についての告解 »