フォト

カテゴリー

サイト増設コンテンツ及びブログ掲載の特異点テクスト等一覧(2008年1月以降)

The Picture of Dorian Gray

  • Sans Souci
    畢竟惨めなる自身の肖像

Alice's Adventures in Wonderland

  • ふぅむ♡
    僕の三女アリスのアルバム

忘れ得ぬ人々:写真版

  • 縄文の母子像 後影
    ブログ・カテゴリの「忘れ得ぬ人々」の写真版

Exlibris Puer Eternus

  • 吾輩ハ僕ノ頗ル氣ニ入ツタ教ヘ子ノ猫デアル
    僕が立ち止まって振り向いた君のArt

SCULPTING IN TIME

  • 熊野波速玉大社牛王符
    写真帖とコレクションから

Pierre Bonnard Histoires Naturelles

  • 樹々の一家   Une famille d'arbres
    Jules Renard “Histoires Naturelles”の全挿絵 岸田国士訳本文は以下 http://yab.o.oo7.jp/haku.html

僕の視線の中のCaspar David Friedrich

  • 海辺の月の出(部分)
    1996年ドイツにて撮影

シリエトク日記写真版

  • 地の涯の岬
    2010年8月1日~5日の知床旅情(2010年8月8日~16日のブログ「シリエトク日記」他全18篇を参照されたい)

氷國絶佳瀧篇

  • Gullfoss
    2008年8月9日~18日のアイスランド瀧紀行(2008年8月19日~21日のブログ「氷國絶佳」全11篇を参照されたい)

Air de Tasmania

  • タスマニアの幸せなコバヤシチヨジ
    2007年12月23~30日 タスマニアにて (2008年1月1日及び2日のブログ「タスマニア紀行」全8篇を参照されたい)

僕の見た三丁目の夕日

  • blog-2007-7-29
    遠き日の僕の絵日記から
無料ブログはココログ

« 寺島良安 和漢三才圖會 巻第五十一 魚類 江海無鱗魚 望潮魚 イイダコ | トップページ | 柴田昌平「ひめゆり」についての追記1  »

2007/08/26

柴田昌平 ひめゆり

柴田昌平のドキュメンタリー「ひめゆり」を見る。

S400himeyuriposter001

僕は過去の多くのドラマとしての沖縄戦の映画を、残念ながら、映画として高く評価出来ないでいる。それは「三丁目の夕日」が僕に催涙効果を確かに与えながらあの頃の真の饐えた「匂い」を感じさせないことで、「作り物」の、ある意味、美化された違和感を感じさせるのと似ていた(但し僕は「三丁目の夕日」が好きである。それは自ずと製作コンセプトの相違による)。美形の女優の布陣、生暖かい血も肉も飛び散らない映像は、僕にはまさに「劇」としての中途半端な「悲劇」にしか見えなかったのだ。

しかし、この作品は、違う。確実に年老い、そう遠くない将来に消えてゆくであろう生き残ったひめゆりの人々が、実際に「あの時の」場にあって、証言する。その中には、戦後60年を経て、初めて、この映像のために、文字通り意を決して「あの時」の場に立った方もいる。その言葉は、記念館や講演で語られるものとは、自ずと異なっている。

作品の初めと後半に証言される宮城喜久子さんのお話を、僕は修学旅行の沖縄で二度聴いた。一昨年の二度目の折(それは僕の右腕骨折からの復活の沖縄でもあったのだか)、先生は残り少なくなってゆく語り部としての自分達を、映像証言として収めることが今進められており、それが「生き残ってきた私」の一つの区切りとなるとおっしゃったのを思い出す。それは、この映画のことであったのだ。

映画の中で宮良ルリさんは言う。

「ここから生き残ったのではなくて、生き残された」

すべてのあの時失われた永遠に少女である当り前に幸せに抜けるような青空のもとで「生きたかった」同胞たちの思いを語るための時間が、文字通り同胞の四肢がちぎれ膨れ上がり蛆の湧いた遺体を乗り越えて「生き残された」者としての自分自身の時間であると。

沖縄をともにした教え子の諸君、是非、この作品を見てもらいたい。2時間10分は短くはない。しかし、宮城喜久子先生の講演をあれほど静粛に聴き、多くの思いを文集に寄せたあのあなた方には、どうしても見てもらいたい。

[最終字幕]

沖縄戦で亡くなった

ひめゆりの生徒は211人

遺影の見つからない生徒は10人

生きた証を探しつづけている

一方 心の傷を

深くかかえたまま

資料館を訪れることのできない

生存者もいる

いまだ手記や証言などを

残していない人は20人である

« 寺島良安 和漢三才圖會 巻第五十一 魚類 江海無鱗魚 望潮魚 イイダコ | トップページ | 柴田昌平「ひめゆり」についての追記1  »