フォト

カテゴリー

サイト増設コンテンツ及びブログ掲載の特異点テクスト等一覧(2008年1月以降)

The Picture of Dorian Gray

  • Sans Souci
    畢竟惨めなる自身の肖像

Alice's Adventures in Wonderland

  • ふぅむ♡
    僕の三女アリスのアルバム

忘れ得ぬ人々:写真版

  • 縄文の母子像 後影
    ブログ・カテゴリの「忘れ得ぬ人々」の写真版

Exlibris Puer Eternus

  • 吾輩ハ僕ノ頗ル氣ニ入ツタ教ヘ子ノ猫デアル
    僕が立ち止まって振り向いた君のArt

SCULPTING IN TIME

  • 熊野波速玉大社牛王符
    写真帖とコレクションから

Pierre Bonnard Histoires Naturelles

  • 樹々の一家   Une famille d'arbres
    Jules Renard “Histoires Naturelles”の全挿絵 岸田国士訳本文は以下 http://yab.o.oo7.jp/haku.html

僕の視線の中のCaspar David Friedrich

  • 海辺の月の出(部分)
    1996年ドイツにて撮影

シリエトク日記写真版

  • 地の涯の岬
    2010年8月1日~5日の知床旅情(2010年8月8日~16日のブログ「シリエトク日記」他全18篇を参照されたい)

氷國絶佳瀧篇

  • Gullfoss
    2008年8月9日~18日のアイスランド瀧紀行(2008年8月19日~21日のブログ「氷國絶佳」全11篇を参照されたい)

Air de Tasmania

  • タスマニアの幸せなコバヤシチヨジ
    2007年12月23~30日 タスマニアにて (2008年1月1日及び2日のブログ「タスマニア紀行」全8篇を参照されたい)

僕の見た三丁目の夕日

  • blog-2007-7-29
    遠き日の僕の絵日記から
無料ブログはココログ

« シャコOratosquilla oratoriaの学名について | トップページ | 寺島良安 和漢三才圖會 巻第五十一 魚類 江海無鱗魚 海馬(タツノオトシゴ) »

2007/09/17

吉田玉男一周忌追善 菅原伝授手習鑑

昨夜、吉田玉男一周忌追善「菅原伝授手習鑑」を見た。

初段二段の四時間半、妻との遲き晝飯に、駒形どぜうに丸四枚、麥酒一に枡酒一、法界坊のご鑑賞、加茂の堤は、人形も、三味も乘れぬ其の初め、若手太夫は早とちり、されど續ける筆法の、傳授を受けし築地下、名だたる杖で折檻し、東天紅の時の聲、後の総ては丞相の、名殘の段へ淀みなく、畏れし酒氣の睡魔なく、嬉しきことの其の内に、玉男なきこそ哀しけれ。

玉男なき今回、僕は初めて太夫と三味線に耳傾ける余裕が持てた。それはそれ、文楽の本来の醍醐味とは言われようものの、過去において、玉男という人形に霊を与え得る稀有の男の芝居にのみ、僕の関心は働き続けてきた。その「霊なき」ことの欠落は、自ずと耳目(厳密には玄人衆のように「目」を太夫に向けることは僕はない。金輪際ないと言ってよい。それは舞台の人形への、人形遣いではなく人形への、唯一絶対の礼儀であると心得ている。また謡と三味とは、飽くまで聴覚的効果に限るものでなくてはならぬと僕は勝手に思っているのである)を馬手へ向かわせた。
この度は、「筆法伝授の段」の切、豊竹嶋大夫と竹澤宗助の組み合わせにとどめを刺す。次段の「築地の段」は僕の好みで、思わず落涙しかけたが、それはこの前段の「切」のテンションの高揚と抑制の絶妙なバランスあってのことである。
そうして「東天紅の段」終曲……夫に殺害された立田の前の沈む池に浮かぶ、青白い人魂……僕は、玉男が来た、と、はっと思った。
「丞相の名残の段」では、吉田簑助の奴宅内の、下手の股火鉢ならぬ股提灯の諧謔が、すっかり他役どころか、本来ならば大事な主展開の上手の演技そのものをも慮外して食らい尽くしてしまった。しかし、これでよい、と僕はほくそ笑んだ。これは「吉田玉男一周忌追善」である。僕は、そこに確かに、玉男へのオードを奏でる簑助を見た。遠い昔、人形遣いになることを夢見て、歯を食い縛った苦しい黒子姿の、あの土門拳が撮った袖幕の、少年の簑助が、そこにはいた。
心からの追悼は、少年にのみ許される。いや、少年にのみ、出来る――
昨日の簑助は、確かに美事に少年だった――

« シャコOratosquilla oratoriaの学名について | トップページ | 寺島良安 和漢三才圖會 巻第五十一 魚類 江海無鱗魚 海馬(タツノオトシゴ) »