フォト

カテゴリー

サイト増設コンテンツ及びブログ掲載の特異点テクスト等一覧(2008年1月以降)

The Picture of Dorian Gray

  • Sans Souci
    畢竟惨めなる自身の肖像

Alice's Adventures in Wonderland

  • ふぅむ♡
    僕の三女アリスのアルバム

忘れ得ぬ人々:写真版

  • 縄文の母子像 後影
    ブログ・カテゴリの「忘れ得ぬ人々」の写真版

Exlibris Puer Eternus

  • 吾輩ハ僕ノ頗ル氣ニ入ツタ教ヘ子ノ猫デアル
    僕が立ち止まって振り向いた君のArt

SCULPTING IN TIME

  • 熊野波速玉大社牛王符
    写真帖とコレクションから

Pierre Bonnard Histoires Naturelles

  • 樹々の一家   Une famille d'arbres
    Jules Renard “Histoires Naturelles”の全挿絵 岸田国士訳本文は以下 http://yab.o.oo7.jp/haku.html

僕の視線の中のCaspar David Friedrich

  • 海辺の月の出(部分)
    1996年ドイツにて撮影

シリエトク日記写真版

  • 地の涯の岬
    2010年8月1日~5日の知床旅情(2010年8月8日~16日のブログ「シリエトク日記」他全18篇を参照されたい)

氷國絶佳瀧篇

  • Gullfoss
    2008年8月9日~18日のアイスランド瀧紀行(2008年8月19日~21日のブログ「氷國絶佳」全11篇を参照されたい)

Air de Tasmania

  • タスマニアの幸せなコバヤシチヨジ
    2007年12月23~30日 タスマニアにて (2008年1月1日及び2日のブログ「タスマニア紀行」全8篇を参照されたい)

僕の見た三丁目の夕日

  • blog-2007-7-29
    遠き日の僕の絵日記から
無料ブログはココログ

« 哀歌拾遺 増田晃 | トップページ | 注記好評 »

2007/10/06

哀歌 増田晃

     哀歌   増田晃

肌さむの秋ゆふぐれの日のほてり
星うつる水ほどの蕭やぎに
身をよせて大いなるピアノによれば
その頃なりし はや葡萄(えび)の實も
紅(くれなゐ)ふかき頃にしてわがひとの
いまだ世に健やけきその頃なりし
薔薇いろおぼろの秋のゆふぐれ
くろき鏡のピアノにゆびふれ
シヨパンがワルツ三番を彈きたまへる
きみがうしろに寄りそひしまま
胡蝶の肩に手をうちかけて
泣かましと誘(さそ)ひしはその頃なりし
されどそれより幾年(いくとせ)經けむ
冷ききみの指(および)を撫でつつ
通夜する身ぞと思はざりし
かの噴水(ふきあげ)のかげ 白き露臺
きみが情けに泣きし日はあれど
その日はや鋭(と)き爪の死の病ひは
おそろしき青藥瓶の匂ひとともに
きみが肉身を蝕みゐしにあらずや
われらが戀はかのうるし葉の秋の光に
うすく散り果つ柳葉(やなぎ)に如かず
復讐とがらんどうの死の病ひは
われを遠ざけし小さき胸に
鋭きあきらめとあざけりを浴せ
また寢ねず夜に衰へたるわが體には
恐しき釘を當てしにあらずや
けふわれピアノにワルツを彈けば
わが背にかげのごと寄りて泣くもの
肌さむの秋ゆふぐれの入日ぐも
鷄頭にさえて冷えまさるなり

    か へ し

 われもし逝かば花ちる下の
 ゆきし人のやすらき眠りに
 添ひてねむらん
 かかる折なお優しき鳥よ
 わが嘆きをば歌はざる……

[やぶちゃん注:「哀歌拾遺」と「哀歌」の順はママである。同一の女性への「哀歌」と思われ、不審な順であるが、その時間的逆行を感覚の遡行として試したとも言えるかも知れない。「かへし」の本文はポイント落ち。
・「蕭やぎ」は「蕭(しづ)やぎ」と読ませるか。「蕭」(しょう)には、さびしい形容、ひっそりとしている形容の用法があり、「~やぎ」という送り仮名は「~やか」という形容詞の動詞化から名詞化させた語の語尾と似ている。そうして、静謐微動だにしない水面の如き形容とすれば、「静やか」→「静やぐ」→「静やぎ」→同義の漢字である「蕭」を当て読みさせる、というのは無理がない気がするが、何如?
・「葡萄」を「えび」と訓ずるのは、「えび」がブドウの古名であるからである。イサナキの呪的逃走(偶然であるが「桃の樹のうたへる」を参照)でもヨモツシコメに投げつけるものの中に「クロミカヅラ」(葡萄の蔓で出来た髪飾り)があり、それは地に落ちて「エビカヅラノミ」(葡萄)となったとある。葡萄を「エビ」と呼称したのは、本邦に自生し、実が食用となったまさに現在の和名エビヅル(ブドウ科)の若い茎葉が赤紫色であったことからそれを蝦(エビ)の色に喩えたからである。後に「エビ」は、ブドウ全体の通称となったのである(但し、エビヅルは現在の食用のブドウとは別種)。
・「シヨパンがワルツ三番」“Chopin-Waltz No.3 a-moll op.34-2”イ短調。沈鬱な一聴忘れ難い曲である。
・「青藥瓶」の読みに悩む。「あおくすりびん」が自然であろうが、いかにも朗誦停滞。「あおきやくびん」とするならば増田は必ずルビを振ったであろう。さればやや不自然ながら、死の不吉なトーンを感じさせる「せいやくびん」では何如であろうか? ご意見を問う。
・「肉身」は「にくみ」。
・「鷄頭にさえて」はナデシコ目ヒユ科ケイトウ属ケイトウの花穂の鮮やかな赤い色が夕日に更に鮮やかに映えて、と言う意味と共に、続く言葉と同じ、しんしんと冷え込んでゆく(それは魂の温度である)の意をも掛けていると、私には感じられる。]

« 哀歌拾遺 増田晃 | トップページ | 注記好評 »