フォト

カテゴリー

サイト増設コンテンツ及びブログ掲載の特異点テクスト等一覧(2008年1月以降)

The Picture of Dorian Gray

  • Sans Souci
    畢竟惨めなる自身の肖像

Alice's Adventures in Wonderland

  • ふぅむ♡
    僕の三女アリスのアルバム

忘れ得ぬ人々:写真版

  • 縄文の母子像 後影
    ブログ・カテゴリの「忘れ得ぬ人々」の写真版

Exlibris Puer Eternus

  • 吾輩ハ僕ノ頗ル氣ニ入ツタ教ヘ子ノ猫デアル
    僕が立ち止まって振り向いた君のArt

SCULPTING IN TIME

  • 熊野波速玉大社牛王符
    写真帖とコレクションから

Pierre Bonnard Histoires Naturelles

  • 樹々の一家   Une famille d'arbres
    Jules Renard “Histoires Naturelles”の全挿絵 岸田国士訳本文は以下 http://yab.o.oo7.jp/haku.html

僕の視線の中のCaspar David Friedrich

  • 海辺の月の出(部分)
    1996年ドイツにて撮影

シリエトク日記写真版

  • 地の涯の岬
    2010年8月1日~5日の知床旅情(2010年8月8日~16日のブログ「シリエトク日記」他全18篇を参照されたい)

氷國絶佳瀧篇

  • Gullfoss
    2008年8月9日~18日のアイスランド瀧紀行(2008年8月19日~21日のブログ「氷國絶佳」全11篇を参照されたい)

Air de Tasmania

  • タスマニアの幸せなコバヤシチヨジ
    2007年12月23~30日 タスマニアにて (2008年1月1日及び2日のブログ「タスマニア紀行」全8篇を参照されたい)

僕の見た三丁目の夕日

  • blog-2007-7-29
    遠き日の僕の絵日記から
無料ブログはココログ

« 公園の哀歌 増田晃 | トップページ | 冬近し 増田晃 »

2007/10/06

孤涯の許嫁が戰死せる夫に殉ぜしをききて歌へるばらあど 増田晃

     孤涯の許嫁が戰死せる夫(つま)に殉ぜしをききて歌へるばらあど

                     増田晃

耳をつんざく砲火のなかを
送りもどされる途中一人の傷兵は
炎天に照りつく酷熱のもとで息絶えゆく。
かれは祖國にのこしたその許嫁さへ
 そのゐることさへ思ふ氣なく死んだだらう。
 神よ そしてそれは立派なことだ。

そのしらせは幾月もたつてから
故郷の優しい娘のもとに届いてくる。
娘は聞いて目まひしつつも取亂しはしない。
生きてると思つて祈り捧げた昨日までの
 不安のうちに樂しい希みだけが眼の前を
 切り落ちる眞紅のフイルムとなり映つてゆく。

しかし神よ、その夜更けてこぼれる娘の泪のうちより、
ただ一人の賴りが、二人でゐた時の些少のことが、
二度ともどらない幸ひが溢れてくる。
そしてその幸ひは二人の愛情よりもつと大きな
 嵐と誕生に捧げられ また二人の約束が
 新しい神々に生まれかはるのを體にかんずる。

娘の耳には恐ろしい迫撃砲がきこえてくる。
かなた城門に揚るひらめきに續く雷鳴と
そして火線から送られる傷いた祖國兵が見えてくる。
それを見るなり彼女は止める手もふりきり
 赤い花の足で彈丸の下をくぐり
 息絶えかけた一人の男にたどり寄り抱きすがる。

その男はもう眼も利かないで(たとへ利いても
戀人の抱く手なぞ見むきもしまい)
野天の狂はんばかりの酷熱に息絶えゆく。
そのたまゆら流れ彈のひとつは戀人を
 抱きしめてゐる娘の熱もつ心臓を射ぬき
 折かさなしたまゝ殺してしまふ。

翌朝人人は冷いその娘をかかへ深い沈黙にしづむ。
しかし人人よ 悲しむなかれ この戀人らは
不思議な逢會に抱きあひむしろ嬉(うれ)しんで
大空の諸手ひらく父なる神へと翔りゆく。
 神のわれらを召し玉ふ、愛のこの世に果されし時なり、
 されば愛の如何を知る者こそ必ずやここに至るであらう。
[やぶちゃん注:「逢會」は「ほうくわい」。」

« 公園の哀歌 増田晃 | トップページ | 冬近し 増田晃 »