フォト

カテゴリー

サイト増設コンテンツ及びブログ掲載の特異点テクスト等一覧(2008年1月以降)

The Picture of Dorian Gray

  • Sans Souci
    畢竟惨めなる自身の肖像

Alice's Adventures in Wonderland

  • ふぅむ♡
    僕の三女アリスのアルバム

忘れ得ぬ人々:写真版

  • 縄文の母子像 後影
    ブログ・カテゴリの「忘れ得ぬ人々」の写真版

Exlibris Puer Eternus

  • 吾輩ハ僕ノ頗ル氣ニ入ツタ教ヘ子ノ猫デアル
    僕が立ち止まって振り向いた君のArt

SCULPTING IN TIME

  • 熊野波速玉大社牛王符
    写真帖とコレクションから

Pierre Bonnard Histoires Naturelles

  • 樹々の一家   Une famille d'arbres
    Jules Renard “Histoires Naturelles”の全挿絵 岸田国士訳本文は以下 http://yab.o.oo7.jp/haku.html

僕の視線の中のCaspar David Friedrich

  • 海辺の月の出(部分)
    1996年ドイツにて撮影

シリエトク日記写真版

  • 地の涯の岬
    2010年8月1日~5日の知床旅情(2010年8月8日~16日のブログ「シリエトク日記」他全18篇を参照されたい)

氷國絶佳瀧篇

  • Gullfoss
    2008年8月9日~18日のアイスランド瀧紀行(2008年8月19日~21日のブログ「氷國絶佳」全11篇を参照されたい)

Air de Tasmania

  • タスマニアの幸せなコバヤシチヨジ
    2007年12月23~30日 タスマニアにて (2008年1月1日及び2日のブログ「タスマニア紀行」全8篇を参照されたい)

僕の見た三丁目の夕日

  • blog-2007-7-29
    遠き日の僕の絵日記から
無料ブログはココログ

« 赤光 増田晃 | トップページ | 増田注釈停滞 »

2007/10/13

雪の山 増田晃

     雪の山   増田晃

あさ!
南佐久の巨人たちの
天上にめざめる譚詩をきけ!

たちのぼるきよい息に
大きな額をぬらしながら
山山は歡喜にむせぶ
白金に赤に黄に金に
立上る峯 ひかりあふ峯々
天空の大きな伽藍たちは
いまレースに飾られてゆく

すばらしい刺繡にかざられて
傳説と星座をささげる山山!
かれらはいただきにひかり受けて
胎兒のうごきのなかから
しづかに眉をひらいて祈り
すでに母の優しい聲につつまれる

その聲にうたれていまいただきは
原始の彌撒にかがやき
歡喜と動搖にうづまき
天の新酒はその赤の
酸い赤の泡立ちを
谷そこの湯氣のなかへ落してゆく

谷そこより立ちのぼる靄のうへに
山山のかゞやきは火となり
陶醉し 祈り 祝福し
朱丹にきらめく額をあげ
頂から谷そこへ 深い湯氣のなかへ
春の若駒の馳け下りるやうに
新酒は一度に濫入する

見よ 全貌をかゞやかしかける山山
かれらは今すでに新しい肉身である
新しい未來であり 聖母である
かれらは産聲と抱擁
そして祝福と復活!

新しい活動と肯定の展ける直前
この偉大なる敍事詩を見よ!
いまここに住む人の悲慘も寂莫も
そこに棲む動物の凍死も屈從も
しづめられたままの呪も木魂も
すべて報ひられ 新しい肉を享け
抱擁に醉ひ 今日を信じ
諸手をあげて立ち上るとき
總身水晶にかがやく山山は
すべてを抱き擁へうづくまり
あたらしい未來を指して啜泣いた

[やぶちゃん注:・「南佐久」は現在の長野県南佐久郡。
・「譚詩」はバラード(仏語“ballade”)。
・「額」は「ぬか」と読みたい。以下も同じ。
・「彌撒」は「ミサ」と読む。ローマ・カトリックに於ける祈りの儀式。
・「酸い」は「酸(す)い」。]

« 赤光 増田晃 | トップページ | 増田注釈停滞 »