フォト

カテゴリー

サイト増設コンテンツ及びブログ掲載の特異点テクスト等一覧(2008年1月以降)

The Picture of Dorian Gray

  • Sans Souci
    畢竟惨めなる自身の肖像

Alice's Adventures in Wonderland

  • ふぅむ♡
    僕の三女アリスのアルバム

忘れ得ぬ人々:写真版

  • 縄文の母子像 後影
    ブログ・カテゴリの「忘れ得ぬ人々」の写真版

Exlibris Puer Eternus

  • 吾輩ハ僕ノ頗ル氣ニ入ツタ教ヘ子ノ猫デアル
    僕が立ち止まって振り向いた君のArt

SCULPTING IN TIME

  • 熊野波速玉大社牛王符
    写真帖とコレクションから

Pierre Bonnard Histoires Naturelles

  • 樹々の一家   Une famille d'arbres
    Jules Renard “Histoires Naturelles”の全挿絵 岸田国士訳本文は以下 http://yab.o.oo7.jp/haku.html

僕の視線の中のCaspar David Friedrich

  • 海辺の月の出(部分)
    1996年ドイツにて撮影

シリエトク日記写真版

  • 地の涯の岬
    2010年8月1日~5日の知床旅情(2010年8月8日~16日のブログ「シリエトク日記」他全18篇を参照されたい)

氷國絶佳瀧篇

  • Gullfoss
    2008年8月9日~18日のアイスランド瀧紀行(2008年8月19日~21日のブログ「氷國絶佳」全11篇を参照されたい)

Air de Tasmania

  • タスマニアの幸せなコバヤシチヨジ
    2007年12月23~30日 タスマニアにて (2008年1月1日及び2日のブログ「タスマニア紀行」全8篇を参照されたい)

僕の見た三丁目の夕日

  • blog-2007-7-29
    遠き日の僕の絵日記から
無料ブログはココログ

« 手 増田晃 | トップページ | ゆめ 増田晃 »

2007/10/01

水の反映 増田晃

     水の反映   増田晃

黄いろい月がかたぶきながら
赤紫の貝やぐらを薫らすやうに
 水がかがやく かがやきながら………

日に燃える灼金のはちすに
神々の讃へのうたが匂ふやうに
             水がかがやく

黒水晶を撒くアコーデイオンの音いろ
青い薄荷のにほひ ゆめの螢
 水がかがやく かがやきながら………

若草のやうにふるへる睫毛を
まぶしさうに伏せて羞かみながら
             水がかがやく

水がかがやく 漣がうつる
見のこした夢を思ひだしたやうに
かすかな笑ひ聲をたてて漣がうつる

枯くさがほつかり積んであるあたりで
櫻草の戀のうたがまどろむやうに
水がうたふ うたひながら………

ピアノの白いキイを走る指が
みだれてほぐれて吹雪のやうに
             水がうたふ

幼いころほのぼの聞いたあの子守歌
桃太郎のもつてゐた白い旗印を
 水がうたふ うたひながら………

お母さん 白金の螢 螢のやうな私
さういひながらも ついうとうととして
             水がうたふ

水がかがやく 漣がうつる
見のこした夢を思ひだしたやうに
かすかな笑ひ聲をたてて漣がうつる

[やぶちゃん注:・「貝やぐら」は蜃気楼。
・「薫らす」は「薫(くゆ)らす」で、煙を立たせる、くすべる、いぶらす、といった意味であるが、ここでは「ゆらめく蜃気楼を更にゆらゆらとぼんやりさせるかのように」といった意味であろう。
・「灼金」の読みは不明。音ならば「しやくきん」、訓ずるとすれば「やきがね」「やけがね」(刀が合して擦れ合う際に流れ下る火花をこのように表現するようである)。焼いて赤くなった鉄を言い、蓮の枯れた葉莖部を言うか。枯れては居らず、単にまぶしい陽光を反射している蓮の葉をこのように描写したとも取れる。]

« 手 増田晃 | トップページ | ゆめ 増田晃 »