フォト

カテゴリー

サイト増設コンテンツ及びブログ掲載の特異点テクスト等一覧(2008年1月以降)

The Picture of Dorian Gray

  • Sans Souci
    畢竟惨めなる自身の肖像

Alice's Adventures in Wonderland

  • ふぅむ♡
    僕の三女アリスのアルバム

忘れ得ぬ人々:写真版

  • 縄文の母子像 後影
    ブログ・カテゴリの「忘れ得ぬ人々」の写真版

Exlibris Puer Eternus

  • 吾輩ハ僕ノ頗ル氣ニ入ツタ教ヘ子ノ猫デアル
    僕が立ち止まって振り向いた君のArt

SCULPTING IN TIME

  • 熊野波速玉大社牛王符
    写真帖とコレクションから

Pierre Bonnard Histoires Naturelles

  • 樹々の一家   Une famille d'arbres
    Jules Renard “Histoires Naturelles”の全挿絵 岸田国士訳本文は以下 http://yab.o.oo7.jp/haku.html

僕の視線の中のCaspar David Friedrich

  • 海辺の月の出(部分)
    1996年ドイツにて撮影

シリエトク日記写真版

  • 地の涯の岬
    2010年8月1日~5日の知床旅情(2010年8月8日~16日のブログ「シリエトク日記」他全18篇を参照されたい)

氷國絶佳瀧篇

  • Gullfoss
    2008年8月9日~18日のアイスランド瀧紀行(2008年8月19日~21日のブログ「氷國絶佳」全11篇を参照されたい)

Air de Tasmania

  • タスマニアの幸せなコバヤシチヨジ
    2007年12月23~30日 タスマニアにて (2008年1月1日及び2日のブログ「タスマニア紀行」全8篇を参照されたい)

僕の見た三丁目の夕日

  • blog-2007-7-29
    遠き日の僕の絵日記から
無料ブログはココログ

« 驚異終生交尾のフタゴムシ(「和漢三才圖會」注記訂正) | トップページ | 誤字指摘感謝 »

2007/10/08

野にいでて 増田晃

     野にいでて   増田晃

やさしい巣のやうに
萌えだした緑や罌粟は私をゆする。
戀人よ おまへは匂はしすぎる、
アネモネや菫をつんで、
てうど花の蕊になつて戻つてくる。
わたしらはこの祭に放たれて
何の逡巡もなく。………

五月の野のはげしい息が
わたしらの胸に四肢に氣魄を噴き
戀人よ おまへは息切つて笑ふ。
わたしは花もろとものおまへを
ここに咲かせようと おまへの全心身に
わたしの血をはげしく舞踏させる。
上昇させる。………

戀人よ けふわたしらには
何の制止もなく後悔もない。
花のなかに身を投げはるか遠く
沈んだ鐘のけはひを聞く幸ひよ。
自由と渇きはおまへの瞳を
天のやうに狂ほしく明るくさせ
わたしの瞳に涵(ひた)させる。………

[やぶちゃん注:奔放にして鮮烈な性=生のエクスタシーである。
・「罌粟」は「けし」。「芥子」とも書く。ケシ科ケシ属ケシに属する一年草。これを現実の景とするならば、鴉片(アヘン)を含まない観賞用のボタンゲシとせねばならないが、その必要はあるまい。増田の好きなギリシャ神話ではケシはゼウスの姉、豊饒の女神デメセルのシンボルで、一般に知られる花言葉は、「恋の予感」である。その娘ペルセポネの冥界の王ハデスによる略奪婚の話の中で、娘を探すデメセルが三途の川レーテ畔で出会う眠りの神ピュプノスとのエピソードにも現れ、そこでは人の夜に儚い夢を与える(アヘンの効用)ものとしても登場し、そこから「忘却」という花言葉も持つ。
・「アネモネ」はモクレン亜綱キンポウゲ目キンポウゲ科イチリンソウ属アネモネ。ギリシャ神話では美少年アドニスの血から生じたとする。またアネモネは花の女神フローラの寵愛したニンフであったが、フローラの夫である西風の神ゼビュロスが恋慕したため、嫉妬に狂ったフローラによってこの花に変えられたともあり、そこから、「儚い恋」や「孤独」の花言葉を持つ。
・「菫」は「すみれ」で、スミレ目スミレ科スミレ属の総称。女神ディアナがイオの姿をすみれに変えてアポロンからの横恋慕を守ったことから「真実の愛」という花言葉を持つ。
・「蕊」は「しべ」。雄しべと雌しべ。
・「涵」は「浸」と同義。
・「沈んだ鐘」は鷗外が絶賛したハウプトマンの戯曲「沈鐘」のイメージ。]

« 驚異終生交尾のフタゴムシ(「和漢三才圖會」注記訂正) | トップページ | 誤字指摘感謝 »