フォト

カテゴリー

サイト増設コンテンツ及びブログ掲載の特異点テクスト等一覧(2008年1月以降)

The Picture of Dorian Gray

  • Sans Souci
    畢竟惨めなる自身の肖像

Alice's Adventures in Wonderland

  • ふぅむ♡
    僕の三女アリスのアルバム

忘れ得ぬ人々:写真版

  • 縄文の母子像 後影
    ブログ・カテゴリの「忘れ得ぬ人々」の写真版

Exlibris Puer Eternus

  • 吾輩ハ僕ノ頗ル氣ニ入ツタ教ヘ子ノ猫デアル
    僕が立ち止まって振り向いた君のArt

SCULPTING IN TIME

  • 熊野波速玉大社牛王符
    写真帖とコレクションから

Pierre Bonnard Histoires Naturelles

  • 樹々の一家   Une famille d'arbres
    Jules Renard “Histoires Naturelles”の全挿絵 岸田国士訳本文は以下 http://yab.o.oo7.jp/haku.html

僕の視線の中のCaspar David Friedrich

  • 海辺の月の出(部分)
    1996年ドイツにて撮影

シリエトク日記写真版

  • 地の涯の岬
    2010年8月1日~5日の知床旅情(2010年8月8日~16日のブログ「シリエトク日記」他全18篇を参照されたい)

氷國絶佳瀧篇

  • Gullfoss
    2008年8月9日~18日のアイスランド瀧紀行(2008年8月19日~21日のブログ「氷國絶佳」全11篇を参照されたい)

Air de Tasmania

  • タスマニアの幸せなコバヤシチヨジ
    2007年12月23~30日 タスマニアにて (2008年1月1日及び2日のブログ「タスマニア紀行」全8篇を参照されたい)

僕の見た三丁目の夕日

  • blog-2007-7-29
    遠き日の僕の絵日記から
無料ブログはココログ

« 西丹沢の思い出 | トップページ | 短調 »

2007/11/14

西丹沢の夢又は強制された天使の羽の重量

先週の土曜日、西丹沢のキャンプ地で見た夢。

僕はそのキャンプ地にいる。夜である。沢の奥からワインレッドのケープを羽織った「天使」がしずしずとやってくる。トラック移動しながら(即ち霊のように足を動かさず)私の方へやってくる彼女は、見知らぬ東欧の鼻の高い美人の、だが中年の、「天使」なのである。裸の地面に横たわっっている私の足元に立つと、「天使」はチェコスロバキア語で[やぶちゃん注:以下そうであると夢の中では認識していた。これは今考えると「プルートゥ」の「ノース2号」の「ダンカン」の母親であったような気がするのである。]、こう言う。

「新製品の天使の羽が出来ましたのよ! どうぞ!」

そうして、両手に持った、それを笑顔で差し出すのだ。

僕はシュラフにくるまって金縛りになっていながら、何故か、叫ぶ。

「天使の羽なんか、い、ら、な、い!」

すると「天使」はひどく寂しそうな顔をした後、急に毅然たる面持ちになって、

「いいえ! 天使の羽をいらないなんて、あなたに! 言わせないわ!」

と言い放つと、僕の胸の上に、その純白な、美しい、天使の羽を、トンと置くと振り返って去ってゆく……僕はそれと共に、全く息が出来なくなる……僕は杭を刺された吸血鬼の断末魔の如くに

「うぉぉぉぉぉぉぉぉ!!!」と……

……と、その叫んだ自分の声に眼が覚めた。――同僚の先生は気がつかなかった(翌日隣りのテントにいた生徒は確かに聞きましたと言ったのが、恥ずかしい)。

時計を見ると、午前2時、丁度だった……丑満、だあな……

« 西丹沢の思い出 | トップページ | 短調 »