フォト

カテゴリー

サイト増設コンテンツ及びブログ掲載の特異点テクスト等一覧(2008年1月以降)

The Picture of Dorian Gray

  • Sans Souci
    畢竟惨めなる自身の肖像

Alice's Adventures in Wonderland

  • ふぅむ♡
    僕の三女アリスのアルバム

忘れ得ぬ人々:写真版

  • 縄文の母子像 後影
    ブログ・カテゴリの「忘れ得ぬ人々」の写真版

Exlibris Puer Eternus

  • 吾輩ハ僕ノ頗ル氣ニ入ツタ教ヘ子ノ猫デアル
    僕が立ち止まって振り向いた君のArt

SCULPTING IN TIME

  • 熊野波速玉大社牛王符
    写真帖とコレクションから

Pierre Bonnard Histoires Naturelles

  • 樹々の一家   Une famille d'arbres
    Jules Renard “Histoires Naturelles”の全挿絵 岸田国士訳本文は以下 http://yab.o.oo7.jp/haku.html

僕の視線の中のCaspar David Friedrich

  • 海辺の月の出(部分)
    1996年ドイツにて撮影

シリエトク日記写真版

  • 地の涯の岬
    2010年8月1日~5日の知床旅情(2010年8月8日~16日のブログ「シリエトク日記」他全18篇を参照されたい)

氷國絶佳瀧篇

  • Gullfoss
    2008年8月9日~18日のアイスランド瀧紀行(2008年8月19日~21日のブログ「氷國絶佳」全11篇を参照されたい)

Air de Tasmania

  • タスマニアの幸せなコバヤシチヨジ
    2007年12月23~30日 タスマニアにて (2008年1月1日及び2日のブログ「タスマニア紀行」全8篇を参照されたい)

僕の見た三丁目の夕日

  • blog-2007-7-29
    遠き日の僕の絵日記から
無料ブログはココログ

« 寺島良安 和漢三才圖會 巻第四十九 魚類 江海有鱗魚 鱸 | トップページ | 寺島良安 和漢三才圖會 巻第四十九 魚類 江海有鱗魚 鯖(サバ) »

2008/01/20

芥川龍之介 Gaity座の「サロメ」 + 片山廣子 花屋の窓

芥川龍之介『Gaity座の「サロメ」――「僕等」の一人久米正雄に――』片山廣子「花屋の窓」を『ペアのものとして』正字正仮名で「やぶちゃんの電子テクスト:小説・評論・随筆篇」に公開した。

ペアのものとして――

多くを語る必要はない。まずは僕の用意した片山廣子=松村みね子の「花屋の窓」をお読み頂きたい。当然、あなたは芥川龍之介の『Gaity座の「サロメ」――「僕等」の一人久米正雄に――』をお読みになりたくなる。それも僕が用意した、お読み頂こう――そうして、あなたは気がつくであろう、

『山手の坂のあの同じ花屋であることは確かである。妙に嬉しい心もちがしたと作者がいふところで私も妙にうれしくなつて、菊の花の群がつた上に漂つてゐる煙草の煙の輪を、私も見たやうな錯覺さへもち始めた。「夢のふるさと」といふやうな言葉でいふのはまはりくどいが、靜かなおちつきの世界を芥川さんも私もおのおの違つた時間に覗いて見たのであつたらう。』

みね子にとって確かにその花屋の窓こそ「夢のふるさと」であったことは間違いない――違いないが、しかしそれ以上に、彼女がこの龍之介の作品をさりげなく引用したのは――

この龍之介の遺言のエッセイ集ともいうべきものの一篇の彼女の胸を射たものは――

今は亡き失意の龍之介・アントニオ・芥川であり――

人の世のサロメを演じた老いた歌姫、横濱へ流れて来た女優みね子・ハンター・ワッツ・松村夫人であったのだ――

――僕は、確かにそう信じて疑わないのである……

追記:僕は今回のこのオリジナルなテキスト化作業の中で、何故か久し振りに、しみじみとした気持ちになったことを記しておく。

« 寺島良安 和漢三才圖會 巻第四十九 魚類 江海有鱗魚 鱸 | トップページ | 寺島良安 和漢三才圖會 巻第四十九 魚類 江海有鱗魚 鯖(サバ) »