フォト

カテゴリー

サイト増設コンテンツ及びブログ掲載の特異点テクスト等一覧(2008年1月以降)

The Picture of Dorian Gray

  • Sans Souci
    畢竟惨めなる自身の肖像

Alice's Adventures in Wonderland

  • ふぅむ♡
    僕の三女アリスのアルバム

忘れ得ぬ人々:写真版

  • 縄文の母子像 後影
    ブログ・カテゴリの「忘れ得ぬ人々」の写真版

Exlibris Puer Eternus

  • 吾輩ハ僕ノ頗ル氣ニ入ツタ教ヘ子ノ猫デアル
    僕が立ち止まって振り向いた君のArt

SCULPTING IN TIME

  • 熊野波速玉大社牛王符
    写真帖とコレクションから

Pierre Bonnard Histoires Naturelles

  • 樹々の一家   Une famille d'arbres
    Jules Renard “Histoires Naturelles”の全挿絵 岸田国士訳本文は以下 http://yab.o.oo7.jp/haku.html

僕の視線の中のCaspar David Friedrich

  • 海辺の月の出(部分)
    1996年ドイツにて撮影

シリエトク日記写真版

  • 地の涯の岬
    2010年8月1日~5日の知床旅情(2010年8月8日~16日のブログ「シリエトク日記」他全18篇を参照されたい)

氷國絶佳瀧篇

  • Gullfoss
    2008年8月9日~18日のアイスランド瀧紀行(2008年8月19日~21日のブログ「氷國絶佳」全11篇を参照されたい)

Air de Tasmania

  • タスマニアの幸せなコバヤシチヨジ
    2007年12月23~30日 タスマニアにて (2008年1月1日及び2日のブログ「タスマニア紀行」全8篇を参照されたい)

僕の見た三丁目の夕日

  • blog-2007-7-29
    遠き日の僕の絵日記から
無料ブログはココログ

« 寺島良安 和漢三才圖會 巻第四十九 魚類 江海有鱗魚 鯔(ボラ) | トップページ | 片山廣子 大へび小へび »

2008/01/17

片山廣子 L氏殺人事件

片山廣子「L氏殺人事件」を正字正仮名で「やぶちゃんの電子テクスト:小説・評論・随筆篇」に公開した。
これは僕の注を、というよりそのリンク先の記事をお読みになると、不謹慎ながら、誠、2倍にも楽しめるであろう。
しかし、彼女は何故、この痛く古い凄惨な(少なくとも少女であった廣子=みね子にとって充分「凄惨」であった)殺人事件を、この清澄な珠玉のエッセイ集の中に書き入れたのであろうか?
実は、僕がこれをテクスト化した理由は、猟奇的興味でも、事件の意外な周縁的面白さでも、ない。またしても、それは芥川龍之介という森へと繋がる獣道である――
もう一度、その最後をお読み頂きたい。
『この時の悲劇はほんとうに突發的なもので、路傍に電線が垂れ下がつてゐて偶然それに觸れた人が感電したのと同じやうなわけだつた。何の原因があるでもなく誰のせゐでもない。もしL氏がほかの人と結婚して別の場所に暮してゐたら、彼は何の怪我もなく、學校の案内もよく知らずに侵入した泥棒は、校長かほかの先生かの指を二ほん切り落しただけで、殺人もしなかつたであらう。通り魔といふやうな物すごい一瞬の出來事ではあつたが、初めの一つの不幸がいくつもの不幸を引いて來たと言はれるかもしれない。生徒たちは學校の體面をおもひ、また二本の指を失くした未亡人の姿を朝に晩に見てゐるので、それ以後だれも決してこの悲しい事件を口に出すものはゐなかつた。しかし物に感じやすい少女たちの心にはいろいろな陰影がうごいてゐて、神祕的に考へるものと常識的に考へるものと、それはただ彼等のをさない心の世界にだけくり返された問答であつた。(中略)
 もうすでに一世紀の半分ほどを經過してゐるけれど、その事件を身近く見聞きした人たちの幾人かがまだ生きてゐると思ふ。その人たちの平和としづかな餘生を祈りたい、私自身もその中に含めてである。』
勝手に省略し書き換えてみよう――
『この時の悲劇はほんとうに突發的なもので、路傍に電線が垂れ下がつてゐて偶然それに觸れた人が感電したのと同じやうなわけだつた。何の原因があるでもなく誰のせゐでもない。もし芥川龍之介氏がほかの人と結婚して別の場所に暮してゐたら、彼は何の怪我もなく、指を二ほん程切り落しただけで、自殺もしなかつたであらう。不安といふやうなぼんやりした一瞬の出來事ではあつたが、初めの一つの不幸がいくつもの不幸を引いて來たと言はれるかもしれない。私たちは社会や家族の體面をおもひ、氏を失くした未亡人の姿を見てゐるので、それ以後だれも決してこの悲しい事件を口に出すものはゐなかつた。しかし物に感じやすい女たちの心にはいろいろな陰影がうごいてゐて、神祕的に考へるものと常識的に考へるものと、それはただ彼等のをさない心の世界にだけくり返された問答であつた。もうすでに四半世紀ほどを經過してゐるけれど、その事件を身近く見聞きした人たちの幾人かがまだ生きてゐると思ふ。その人たちの平和としづかな餘生を祈りたい、私自身もその中に含めてである。』
――これは勝手な言葉遊びでは、ある――
しかし路傍の電線に僕は直に「或阿呆の一生」のあの電線のスパアクを思い出した――
――松村みね子(=片山廣子)は芥川龍之介の自死を救い得なかったことを、何処かで後悔していたことは事実である。――救う? いや、彼女は思わなかっただろうか? 『彼が私と逢わなかったならば……』、そうして『私が彼とあわなかったとしたら……』と――彼の死後に「或阿呆の一生」を読んだみね子は、それをことあるごとに想起したに違いないみね子は、あの「越し人」の章をそのような思いと共に読まずに居られたであろうか? 『私自身もその中に含めてである。』と末尾に記した折の、その彼女のふっと制止したペン先が、僕には、見えるのである――

« 寺島良安 和漢三才圖會 巻第四十九 魚類 江海有鱗魚 鯔(ボラ) | トップページ | 片山廣子 大へび小へび »