フォト

カテゴリー

サイト増設コンテンツ及びブログ掲載の特異点テクスト等一覧(2008年1月以降)

The Picture of Dorian Gray

  • Sans Souci
    畢竟惨めなる自身の肖像

Alice's Adventures in Wonderland

  • ふぅむ♡
    僕の三女アリスのアルバム

忘れ得ぬ人々:写真版

  • 縄文の母子像 後影
    ブログ・カテゴリの「忘れ得ぬ人々」の写真版

Exlibris Puer Eternus

  • 吾輩ハ僕ノ頗ル氣ニ入ツタ教ヘ子ノ猫デアル
    僕が立ち止まって振り向いた君のArt

SCULPTING IN TIME

  • 熊野波速玉大社牛王符
    写真帖とコレクションから

Pierre Bonnard Histoires Naturelles

  • 樹々の一家   Une famille d'arbres
    Jules Renard “Histoires Naturelles”の全挿絵 岸田国士訳本文は以下 http://yab.o.oo7.jp/haku.html

僕の視線の中のCaspar David Friedrich

  • 海辺の月の出(部分)
    1996年ドイツにて撮影

シリエトク日記写真版

  • 地の涯の岬
    2010年8月1日~5日の知床旅情(2010年8月8日~16日のブログ「シリエトク日記」他全18篇を参照されたい)

氷國絶佳瀧篇

  • Gullfoss
    2008年8月9日~18日のアイスランド瀧紀行(2008年8月19日~21日のブログ「氷國絶佳」全11篇を参照されたい)

Air de Tasmania

  • タスマニアの幸せなコバヤシチヨジ
    2007年12月23~30日 タスマニアにて (2008年1月1日及び2日のブログ「タスマニア紀行」全8篇を参照されたい)

僕の見た三丁目の夕日

  • blog-2007-7-29
    遠き日の僕の絵日記から
無料ブログはココログ

« タスマニア紀行4《タスマニアで見る2》「海岸生物の宝庫ビシェノー」 | トップページ | Air de Tasmania »

2008/01/01

タスマニア紀行5《タスマニアで喰う》「タスマニア産カキ」

Img_0156_2 タスマニア紀行5《タスマニアのカキ》
五日目の昼食にオプショナルで生カキを食って火がついて以降、帰国するまでに幾つカキを食っただろうか(20個以上は有に食った)。日本のオイスター・バーで食ったのではやっぱりだめだ、採取から空輸の時間が微妙な生臭ささを生じていたのだと実感した。目の前のベイから揚がったタスマニア産のカキは小粒ながらクリーミーで実に旨い。しかしこれは日本から種苗を持ち込んだマガキCrassostrea gigasであろうと思われる。しかし、全くの別種がいた(今もいる)はずである。ガイドの中でアボリジニが「カキの取れる海」と呼称する湾があったと聞いた。さればこそ、そこで彼らが太古から採取していたのは、恐らく我々の知らない固有種であったのではないか。――されど養殖場所によってカキの味は驚くほど異なるのだ。このマガキもタスマニア固有の環境とプランクトンによって美事な文字通り「純正タスマニア産海のミルク」と冠して恥じないカキとなっている――

« タスマニア紀行4《タスマニアで見る2》「海岸生物の宝庫ビシェノー」 | トップページ | Air de Tasmania »