フォト

カテゴリー

サイト増設コンテンツ及びブログ掲載の特異点テクスト等一覧(2008年1月以降)

The Picture of Dorian Gray

  • Sans Souci
    畢竟惨めなる自身の肖像

Alice's Adventures in Wonderland

  • ふぅむ♡
    僕の三女アリスのアルバム

忘れ得ぬ人々:写真版

  • 縄文の母子像 後影
    ブログ・カテゴリの「忘れ得ぬ人々」の写真版

Exlibris Puer Eternus

  • 吾輩ハ僕ノ頗ル氣ニ入ツタ教ヘ子ノ猫デアル
    僕が立ち止まって振り向いた君のArt

SCULPTING IN TIME

  • 熊野波速玉大社牛王符
    写真帖とコレクションから

Pierre Bonnard Histoires Naturelles

  • 樹々の一家   Une famille d'arbres
    Jules Renard “Histoires Naturelles”の全挿絵 岸田国士訳本文は以下 http://yab.o.oo7.jp/haku.html

僕の視線の中のCaspar David Friedrich

  • 海辺の月の出(部分)
    1996年ドイツにて撮影

シリエトク日記写真版

  • 地の涯の岬
    2010年8月1日~5日の知床旅情(2010年8月8日~16日のブログ「シリエトク日記」他全18篇を参照されたい)

氷國絶佳瀧篇

  • Gullfoss
    2008年8月9日~18日のアイスランド瀧紀行(2008年8月19日~21日のブログ「氷國絶佳」全11篇を参照されたい)

Air de Tasmania

  • タスマニアの幸せなコバヤシチヨジ
    2007年12月23~30日 タスマニアにて (2008年1月1日及び2日のブログ「タスマニア紀行」全8篇を参照されたい)

僕の見た三丁目の夕日

  • blog-2007-7-29
    遠き日の僕の絵日記から
無料ブログはココログ

« タスマニア紀行2《タスマニアで聴く2》「ミツバチの羽音」 | トップページ | タスマニア紀行4《タスマニアで見る2》「海岸生物の宝庫ビシェノー」 »

2008/01/01

タスマニア紀行3《タスマニアで見る1》「ペンギンの帰還」

Img_0136タスマニア紀行3《タスマニアで見る1》「ペンギンの帰還」
人工物のゴミが殆んど全く見られない美しいフレシネ国立公園ワイングラスベイをハイキングした、その夜9:30、フェアリー・ペンギンEudyptula minorの帰巣行動を観察した。昼間、海に採餌に行っていた親達が陸に帰って来る(タスマニアのペンギンの95%は離島に生息しており、ここの彼等は、タスマニア本島を居住地とする希少な残り5%の個体群なのである)。僕はこの「ペンギンの帰還」(呼称としては「ペンギン・パレード」と称しているが、僕は断じてこの甘ったるいイベントとしての名を拒否したい。それは日々繰返される彼等の生死を賭けた生きざまなのである)を見るだけでも、このまさに南の果ての島へ来る価値があると感じた。エコ・ツーリズムという謂いも、そうお目出度く理想化するところに独善的な胡散臭い気がするが、ここでボランティアとして働く運転手も老ガイドも灯かり持ちのはにかんだ少年も――その誰もが皆「ペンギンの帰還」を確かに守っていると素直に感じられた。――そうして闇の中に照らされたいたいけな子ペンギンの切ない震えは、将に繁栄めいた絶滅的危機に瀕しつつある奢るホモ・サピエンスの痙攣に繋がっている――

(写真は観察用人口巣の中で親の帰りを待つ二匹のフェアリー・ペンギンの子)

« タスマニア紀行2《タスマニアで聴く2》「ミツバチの羽音」 | トップページ | タスマニア紀行4《タスマニアで見る2》「海岸生物の宝庫ビシェノー」 »