フォト

カテゴリー

サイト増設コンテンツ及びブログ掲載の特異点テクスト等一覧(2008年1月以降)

The Picture of Dorian Gray

  • Sans Souci
    畢竟惨めなる自身の肖像

Alice's Adventures in Wonderland

  • ふぅむ♡
    僕の三女アリスのアルバム

忘れ得ぬ人々:写真版

  • 縄文の母子像 後影
    ブログ・カテゴリの「忘れ得ぬ人々」の写真版

Exlibris Puer Eternus

  • 吾輩ハ僕ノ頗ル氣ニ入ツタ教ヘ子ノ猫デアル
    僕が立ち止まって振り向いた君のArt

SCULPTING IN TIME

  • 熊野波速玉大社牛王符
    写真帖とコレクションから

Pierre Bonnard Histoires Naturelles

  • 樹々の一家   Une famille d'arbres
    Jules Renard “Histoires Naturelles”の全挿絵 岸田国士訳本文は以下 http://yab.o.oo7.jp/haku.html

僕の視線の中のCaspar David Friedrich

  • 海辺の月の出(部分)
    1996年ドイツにて撮影

シリエトク日記写真版

  • 地の涯の岬
    2010年8月1日~5日の知床旅情(2010年8月8日~16日のブログ「シリエトク日記」他全18篇を参照されたい)

氷國絶佳瀧篇

  • Gullfoss
    2008年8月9日~18日のアイスランド瀧紀行(2008年8月19日~21日のブログ「氷國絶佳」全11篇を参照されたい)

Air de Tasmania

  • タスマニアの幸せなコバヤシチヨジ
    2007年12月23~30日 タスマニアにて (2008年1月1日及び2日のブログ「タスマニア紀行」全8篇を参照されたい)

僕の見た三丁目の夕日

  • blog-2007-7-29
    遠き日の僕の絵日記から
無料ブログはココログ

« 暫 | トップページ | 三木清 旅について 本文訂正及び授業案増補 »

2008/01/07

松村みね子 新年

松村みね子「新年」を正字正仮名で「やぶちゃんの電子テクスト:小説・評論・随筆篇」に公開した。
僕はこの数日、彼女の「燈火節」を読み返しながら、芥川龍之介が「或阿呆の一生」で『彼は彼と才力の上にも格鬪出來る女』と彼女を言った意味が今さらながら腑に落ちたのであった。そこにはまさに女芥川龍之介の姿が彷彿とする。そのエッセイの中で匕首のように煌めく言葉の切り口によく現れている。この「新年」は岸田秀の「忘年会」(「続・ものぐさ精神分析」所収。何人かの教え子の諸君は私がオリジナル授業で用いたのを覚えているであろう)エッセイと並べてみると、誠に面白い。それは近代化が担う病んだ部分を、岸田とは異なった時間概念へのアプローチがある。それは、その一見懐古的な物謂いでありながら、今を照射し「刺す」。決して古びたものでない。
いや、一つだけ、芥川龍之介と同じように、彼女は楽観的に読み間違えた。
『だけれど、「新年」がどんなに變化して來ても、それがある以上、新年についてまはつてゐるのは、すくなくとも日本では、寒さだ。これは、當分變りさうもない。』
地球温暖化の中で毎年摂氏5℃上昇の線が温帯域に侵入してくるこのガイアの病を、さすがの芥川と格闘できる才力も予測出来なかったことに、僕は少しほっとするのである――

« 暫 | トップページ | 三木清 旅について 本文訂正及び授業案増補 »