フォト

カテゴリー

サイト増設コンテンツ及びブログ掲載の特異点テクスト等一覧(2008年1月以降)

The Picture of Dorian Gray

  • Sans Souci
    畢竟惨めなる自身の肖像

Alice's Adventures in Wonderland

  • ふぅむ♡
    僕の三女アリスのアルバム

忘れ得ぬ人々:写真版

  • 縄文の母子像 後影
    ブログ・カテゴリの「忘れ得ぬ人々」の写真版

Exlibris Puer Eternus

  • 吾輩ハ僕ノ頗ル氣ニ入ツタ教ヘ子ノ猫デアル
    僕が立ち止まって振り向いた君のArt

SCULPTING IN TIME

  • 熊野波速玉大社牛王符
    写真帖とコレクションから

Pierre Bonnard Histoires Naturelles

  • 樹々の一家   Une famille d'arbres
    Jules Renard “Histoires Naturelles”の全挿絵 岸田国士訳本文は以下 http://yab.o.oo7.jp/haku.html

僕の視線の中のCaspar David Friedrich

  • 海辺の月の出(部分)
    1996年ドイツにて撮影

シリエトク日記写真版

  • 地の涯の岬
    2010年8月1日~5日の知床旅情(2010年8月8日~16日のブログ「シリエトク日記」他全18篇を参照されたい)

氷國絶佳瀧篇

  • Gullfoss
    2008年8月9日~18日のアイスランド瀧紀行(2008年8月19日~21日のブログ「氷國絶佳」全11篇を参照されたい)

Air de Tasmania

  • タスマニアの幸せなコバヤシチヨジ
    2007年12月23~30日 タスマニアにて (2008年1月1日及び2日のブログ「タスマニア紀行」全8篇を参照されたい)

僕の見た三丁目の夕日

  • blog-2007-7-29
    遠き日の僕の絵日記から
無料ブログはココログ

« フィオナ・マクラオド作 松村みね子訳 女王スカァアの笑い + かなしき女王(やぶちゃんによる合冊版) | トップページ | 悼猪瀬達郎先生 猪瀬達郎句集 叢蟾集 蘭秋 »

2008/02/09

悼猪瀬達郎先生

今日、僕が唯一国語の教師の「師」として尊敬する猪瀬達郎先生が、一月二十一日に肝不全で亡くなったことを知った(故人の遺志により自由葬・御香料・御供物等一切無用とのこと)。

梶井基次郎論が卒論であり、主任教授だった吉田精一が大学院に残って一緒に研究しないかと水を向けた切れ者、舞岡高校で御一緒してからというもの、定年後も肝臓癌と同棲しながら、僕の青臭い文学論を昔と変わらず酒を介して対等に相手してくれた気骨ある国語教師、昨年冨永太郎文学展に御一緒した折ここ一番小説を書くことを薦め、その気になったおられたのに――いや、何よりも文学者は須らく売文の士に過ぎぬことを教えてくれた唯一の「僕のラビ」であった――

その最後の言葉を奥様から頂いた御手紙から引用する。

一年ほど前から予感はありました。

しかし老少不定 人それぞれに定命というものがある。

自分の一生をふり返ってみると苦労の連続の中で成長し、長ずるに及んでは、さしたる社会的貢献もせずに今日まで来てしまった。しかし格別の悔いもない。

平々凡々の人生に今は満足して宇宙の塵になるつもりです。

 では 皆様さようなら

                 猪  瀬  達  郎

                 平成二十年一月十日 記

« フィオナ・マクラオド作 松村みね子訳 女王スカァアの笑い + かなしき女王(やぶちゃんによる合冊版) | トップページ | 悼猪瀬達郎先生 猪瀬達郎句集 叢蟾集 蘭秋 »