フォト

カテゴリー

サイト増設コンテンツ及びブログ掲載の特異点テクスト等一覧(2008年1月以降)

The Picture of Dorian Gray

  • Sans Souci
    畢竟惨めなる自身の肖像

Alice's Adventures in Wonderland

  • ふぅむ♡
    僕の三女アリスのアルバム

忘れ得ぬ人々:写真版

  • 縄文の母子像 後影
    ブログ・カテゴリの「忘れ得ぬ人々」の写真版

Exlibris Puer Eternus

  • 吾輩ハ僕ノ頗ル氣ニ入ツタ教ヘ子ノ猫デアル
    僕が立ち止まって振り向いた君のArt

SCULPTING IN TIME

  • 熊野波速玉大社牛王符
    写真帖とコレクションから

Pierre Bonnard Histoires Naturelles

  • 樹々の一家   Une famille d'arbres
    Jules Renard “Histoires Naturelles”の全挿絵 岸田国士訳本文は以下 http://yab.o.oo7.jp/haku.html

僕の視線の中のCaspar David Friedrich

  • 海辺の月の出(部分)
    1996年ドイツにて撮影

シリエトク日記写真版

  • 地の涯の岬
    2010年8月1日~5日の知床旅情(2010年8月8日~16日のブログ「シリエトク日記」他全18篇を参照されたい)

氷國絶佳瀧篇

  • Gullfoss
    2008年8月9日~18日のアイスランド瀧紀行(2008年8月19日~21日のブログ「氷國絶佳」全11篇を参照されたい)

Air de Tasmania

  • タスマニアの幸せなコバヤシチヨジ
    2007年12月23~30日 タスマニアにて (2008年1月1日及び2日のブログ「タスマニア紀行」全8篇を参照されたい)

僕の見た三丁目の夕日

  • blog-2007-7-29
    遠き日の僕の絵日記から
無料ブログはココログ

« 片山廣子 アラン島 | トップページ | 存在 »

2008/02/04

神神

   神神

最も洗練された傳承や説話に殘る神神が慈悲に滿ちつゝ説教臭い癖に、よく考へれば現實的には理不盡で過剰に禁欲的である故は、偏へに其れが愚劣に近代的な支配者層の人種に依つて作成された在り得べからざる神に過ぎないと云ふこと、取りも直さずさうした何ものかを統制せんが爲に最下劣な神を作成し得ると愚かにも考へ得た人間そのもののアリバイとして表象された存在に過ぎないといふことの證明である。

翻れば、最も古い驅逐されたと思しき古譚に痕跡として顯現せる神神(それは或時は後世の壓迫によつて精靈と云ひ物の怪とも呼ばはるのではあるが)が、我々の欲望と同じく、否、其れを突き拔けつゝ殘酷であり無慈悲であり乍ら何故されど我々の胸を打つ程に愛を語り戀に炎を燃やすのかといふは、取りも直さず本來の我々の眞(まこと)なる心の想像する處の神神が、我々の中に、我々の間近に、我々と共に在ることを、自づと證明してゐる――エリアアデは云ふ、「俗の中にこそ聖は潛む」と――

(「贋作・侏儒の言葉」より。恣意的に正字正仮名に直した)

« 片山廣子 アラン島 | トップページ | 存在 »