フォト

カテゴリー

サイト増設コンテンツ及びブログ掲載の特異点テクスト等一覧(2008年1月以降)

The Picture of Dorian Gray

  • Sans Souci
    畢竟惨めなる自身の肖像

Alice's Adventures in Wonderland

  • ふぅむ♡
    僕の三女アリスのアルバム

忘れ得ぬ人々:写真版

  • 縄文の母子像 後影
    ブログ・カテゴリの「忘れ得ぬ人々」の写真版

Exlibris Puer Eternus

  • 吾輩ハ僕ノ頗ル氣ニ入ツタ教ヘ子ノ猫デアル
    僕が立ち止まって振り向いた君のArt

SCULPTING IN TIME

  • 熊野波速玉大社牛王符
    写真帖とコレクションから

Pierre Bonnard Histoires Naturelles

  • 樹々の一家   Une famille d'arbres
    Jules Renard “Histoires Naturelles”の全挿絵 岸田国士訳本文は以下 http://yab.o.oo7.jp/haku.html

僕の視線の中のCaspar David Friedrich

  • 海辺の月の出(部分)
    1996年ドイツにて撮影

シリエトク日記写真版

  • 地の涯の岬
    2010年8月1日~5日の知床旅情(2010年8月8日~16日のブログ「シリエトク日記」他全18篇を参照されたい)

氷國絶佳瀧篇

  • Gullfoss
    2008年8月9日~18日のアイスランド瀧紀行(2008年8月19日~21日のブログ「氷國絶佳」全11篇を参照されたい)

Air de Tasmania

  • タスマニアの幸せなコバヤシチヨジ
    2007年12月23~30日 タスマニアにて (2008年1月1日及び2日のブログ「タスマニア紀行」全8篇を参照されたい)

僕の見た三丁目の夕日

  • blog-2007-7-29
    遠き日の僕の絵日記から
無料ブログはココログ

« 寺島良安 和漢三才圖會 巻第五十 魚類 河湖無鱗魚 泥鰌(ドジョウ/シマドジョウ) | トップページ | 寺島良安 和漢三才圖會 巻第五十 魚類 河湖無鱗魚 完結! »

2008/02/23

フィオナ・マクラオド作 松村みね子訳 精/魚と蠅の祝日

神経症的な異常な仕事から、やっと一時、解放された。おぞましい現実を忘れるには、みね子訳のマクラオドのケルト幻想に若くはない。

フィオナ・マクラオド作・松村みね子訳「精」を、また同じく「魚と蠅の祝日」を(やぶちゃんによる合冊版)として「海豹」の前に追加し、「やぶちゃんの電子テクスト:小説・評論・随筆篇」に公開した。

僕は、この「精」こそみね子のマクラオド作品の金字塔と思う。僕は、この作品のラストシーンを惜しみつつ読み、読みながら恥ずかしくも通勤の車中であり乍ら、落涙していたのを思い出す――

実は、それぞれのテキスト注にも記していることであるが、底本の井村君江女史の解題によればみね子が「かなしき女王」の翻訳底本に用いたと思われるマウラオド全集第2巻には芥川龍之介の蔵書印があったという。彼女は言う。『みね子は、翻訳に使用していたこの大切な一冊を、思い出と共に芥川に贈っていたのであった。』――この出版の、同じ年の同じ月、大正15(1925)年3月1日、芥川龍之介は雑誌『明星』に「越びと」を発表している。

はっきりと言おう――僕はこの作品集自体が、松村みね子の芥川龍之介への恋文であると信じて疑わないのである。

そうしてこの恋文「かなしき女王」の思いと表現方法を受けて、芥川龍之介は「最期」の返礼の恋文として、昭和2(1927)年4月、あの「三つのなぜ」の「二 なぜソロモンはシバの女王とたつた一度しか會わなかつたか?」を書いたのではなかったか? と思えるのである――

« 寺島良安 和漢三才圖會 巻第五十 魚類 河湖無鱗魚 泥鰌(ドジョウ/シマドジョウ) | トップページ | 寺島良安 和漢三才圖會 巻第五十 魚類 河湖無鱗魚 完結! »