フォト

カテゴリー

サイト増設コンテンツ及びブログ掲載の特異点テクスト等一覧(2008年1月以降)

The Picture of Dorian Gray

  • Sans Souci
    畢竟惨めなる自身の肖像

Alice's Adventures in Wonderland

  • ふぅむ♡
    僕の三女アリスのアルバム

忘れ得ぬ人々:写真版

  • 縄文の母子像 後影
    ブログ・カテゴリの「忘れ得ぬ人々」の写真版

Exlibris Puer Eternus

  • 吾輩ハ僕ノ頗ル氣ニ入ツタ教ヘ子ノ猫デアル
    僕が立ち止まって振り向いた君のArt

SCULPTING IN TIME

  • 熊野波速玉大社牛王符
    写真帖とコレクションから

Pierre Bonnard Histoires Naturelles

  • 樹々の一家   Une famille d'arbres
    Jules Renard “Histoires Naturelles”の全挿絵 岸田国士訳本文は以下 http://yab.o.oo7.jp/haku.html

僕の視線の中のCaspar David Friedrich

  • 海辺の月の出(部分)
    1996年ドイツにて撮影

シリエトク日記写真版

  • 地の涯の岬
    2010年8月1日~5日の知床旅情(2010年8月8日~16日のブログ「シリエトク日記」他全18篇を参照されたい)

氷國絶佳瀧篇

  • Gullfoss
    2008年8月9日~18日のアイスランド瀧紀行(2008年8月19日~21日のブログ「氷國絶佳」全11篇を参照されたい)

Air de Tasmania

  • タスマニアの幸せなコバヤシチヨジ
    2007年12月23~30日 タスマニアにて (2008年1月1日及び2日のブログ「タスマニア紀行」全8篇を参照されたい)

僕の見た三丁目の夕日

  • blog-2007-7-29
    遠き日の僕の絵日記から
無料ブログはココログ

« 水とりや氷の僧の沓の音 芭蕉――明暗を取違えて凍てついた音ばかり聴きたがっていると解を謬る(安東次男) | トップページ | 芥川龍之介「地獄變」やぶちゃん注古文現代語訳 »

2008/05/31

直立す猿蓑着けて後影 唯至

先日、やはり通勤の車中で井本農一の「芭蕉入門」を再読した。
俳諧七部集の第五に当たる「猿蓑」は芭蕉にとってのエポック・メーキングな連句集となった。その題名は周知の通り、芭蕉46歳、元禄2年の9月24日、伊勢から伊賀越えをした折に得た

初しぐれ猿も小蓑をほしげ也

を巻頭句することによる。周知の通り、名実共に蕉門の最高傑作とされる連句集である。その「晋其角序」に言う。

我翁行脚のころ、伊賀越(ごえ)しける山中にて、猿に小蓑を着せて、俳諧の神(しん)を入たまひければ、たちまち斷腸のおもひを叫びけむ、あたに懼るべき幻術なり。

まさに旧弊を打破し、真に進化した新しい芭蕉のオリジナルな「わび」「さび」を体現したそれは、『和歌伝統から抜け出た新しい俳諧を志す人々の指標になった句』(上記「芭蕉入門」より)であった。この句を安東次男氏は前のブログで述べた「芭蕉百五十句」で挙げ、「初」に動いた興が「小」を誘い出して「ひびき」「にほひ」の連句の付け合いが美事に活かされている、とし、『一行詩だけを作っていてはできない句である。蓑を着た(あるいは蓑をほしがっている)人間の目で眺めれば、この句は、猿にも小さな蓑をやれという思付の句になってしまう。そういう観察の次元からは離れて作られている』と快刀乱麻の解き明かしをし、井本氏は『久しぶりに伊賀の故郷へ帰ろうと、伊勢から山越えの道を歩いているとき、はらはらと初しぐれが降ってきた。折りしも風雅なことよと思い、時雨だからすぐ止むだろうと、木かげに雨宿りをしていると、近くの木に猿がいて時雨が降るのを見ている。人間もだが、猿も猿なりに小さな蓑を着て、このおもしろい初時雨の中を歩いてみたそうな様子であることよ』と鮮やかに釈す。僕には、井本氏の「猿がいて時雨が降るのを見ている」や「このおもしろい初時雨の中を歩いてみ」ようとする「新しい」猿が、その時、ふと見えた気がした。気がつくと、車中の扉近くに立っていた僕の前には、イヤホンをして音楽を聴きながら、丁度そぼ降る雨を、何か深く哲学するように眺めているホワイトカラーの若者が立っていた――そこで僕の戯れ句

直立す猿蓑着けて後影

« 水とりや氷の僧の沓の音 芭蕉――明暗を取違えて凍てついた音ばかり聴きたがっていると解を謬る(安東次男) | トップページ | 芥川龍之介「地獄變」やぶちゃん注古文現代語訳 »