フォト

カテゴリー

サイト増設コンテンツ及びブログ掲載の特異点テクスト等一覧(2008年1月以降)

The Picture of Dorian Gray

  • Sans Souci
    畢竟惨めなる自身の肖像

Alice's Adventures in Wonderland

  • ふぅむ♡
    僕の三女アリスのアルバム

忘れ得ぬ人々:写真版

  • 縄文の母子像 後影
    ブログ・カテゴリの「忘れ得ぬ人々」の写真版

Exlibris Puer Eternus

  • 吾輩ハ僕ノ頗ル氣ニ入ツタ教ヘ子ノ猫デアル
    僕が立ち止まって振り向いた君のArt

SCULPTING IN TIME

  • 熊野波速玉大社牛王符
    写真帖とコレクションから

Pierre Bonnard Histoires Naturelles

  • 樹々の一家   Une famille d'arbres
    Jules Renard “Histoires Naturelles”の全挿絵 岸田国士訳本文は以下 http://yab.o.oo7.jp/haku.html

僕の視線の中のCaspar David Friedrich

  • 海辺の月の出(部分)
    1996年ドイツにて撮影

シリエトク日記写真版

  • 地の涯の岬
    2010年8月1日~5日の知床旅情(2010年8月8日~16日のブログ「シリエトク日記」他全18篇を参照されたい)

氷國絶佳瀧篇

  • Gullfoss
    2008年8月9日~18日のアイスランド瀧紀行(2008年8月19日~21日のブログ「氷國絶佳」全11篇を参照されたい)

Air de Tasmania

  • タスマニアの幸せなコバヤシチヨジ
    2007年12月23~30日 タスマニアにて (2008年1月1日及び2日のブログ「タスマニア紀行」全8篇を参照されたい)

僕の見た三丁目の夕日

  • blog-2007-7-29
    遠き日の僕の絵日記から
無料ブログはココログ

« 芥川龍之介 開化の殺人 附やぶちゃん注 | トップページ | 芥川龍之介 首が落ちた話 »

2008/05/15

芥川龍之介 或日の大石内蔵助

芥川龍之介「或日の大石内蔵助」を正字正仮名で「やぶちゃんの電子テクスト:小説・評論・随筆篇」に公開した。これは作品集「傀儡師」を底本としたテクストで、現在のネット上に同作品集を底本とした「或日の大石内蔵助」のテクストはない。

僕はこの「或日の大石内蔵助」が殊の外に好きである。何故なら、中学一年の時に、授業で「羅生門」を読んで、家にあった芥川龍之介作品集をむさぼるように読んだのだが、その時に一番、目から鱗だったのが、この作品であったからだ。大河ドラマの「赤穂浪士」や、その頃(今もだが)繰り返し年末になると放映される「忠臣蔵」の映画やドラマのステレオタイプに、僕はもううんざりしていた。そんな中で、何故か大石が撞木町で酒色にふけるところだけは、妙に僕は心惹かれたのだった。そうして、そこでいつも僕は、大石が『もう、討ち入りなんかやめちゃおうっと!』って思ったんじゃないか、僕ならゼッタイそうだ、いや、きっと大石だってそうだったに違いないと子供ながらに、ませたひねくれた子供ながらに文法で言う確述として思っていたのだった。だから、芥川のこの大石は、目から鱗、確かに「確かな僕の大石内蔵助」であったのである。そうして、その後に現れるそのような解釈の「忠臣蔵」の大石像に対しても、『なん~だ、そんな大石はとっくに芥川龍之介が書いてるよ』と更に馬鹿にするようになったのであった。まさに僕の記念すべき芥川体験の一つであったのである。

« 芥川龍之介 開化の殺人 附やぶちゃん注 | トップページ | 芥川龍之介 首が落ちた話 »