フォト

カテゴリー

サイト増設コンテンツ及びブログ掲載の特異点テクスト等一覧(2008年1月以降)

The Picture of Dorian Gray

  • Sans Souci
    畢竟惨めなる自身の肖像

Alice's Adventures in Wonderland

  • ふぅむ♡
    僕の三女アリスのアルバム

忘れ得ぬ人々:写真版

  • 縄文の母子像 後影
    ブログ・カテゴリの「忘れ得ぬ人々」の写真版

Exlibris Puer Eternus

  • 吾輩ハ僕ノ頗ル氣ニ入ツタ教ヘ子ノ猫デアル
    僕が立ち止まって振り向いた君のArt

SCULPTING IN TIME

  • 熊野波速玉大社牛王符
    写真帖とコレクションから

Pierre Bonnard Histoires Naturelles

  • 樹々の一家   Une famille d'arbres
    Jules Renard “Histoires Naturelles”の全挿絵 岸田国士訳本文は以下 http://yab.o.oo7.jp/haku.html

僕の視線の中のCaspar David Friedrich

  • 海辺の月の出(部分)
    1996年ドイツにて撮影

シリエトク日記写真版

  • 地の涯の岬
    2010年8月1日~5日の知床旅情(2010年8月8日~16日のブログ「シリエトク日記」他全18篇を参照されたい)

氷國絶佳瀧篇

  • Gullfoss
    2008年8月9日~18日のアイスランド瀧紀行(2008年8月19日~21日のブログ「氷國絶佳」全11篇を参照されたい)

Air de Tasmania

  • タスマニアの幸せなコバヤシチヨジ
    2007年12月23~30日 タスマニアにて (2008年1月1日及び2日のブログ「タスマニア紀行」全8篇を参照されたい)

僕の見た三丁目の夕日

  • blog-2007-7-29
    遠き日の僕の絵日記から
無料ブログはココログ

« 今復権されるべき大伴昌司 | トップページ | 忘れ得ぬ人々20 ポンペイのドイツ人 »

2008/06/24

「42年前彼女がそのテレビで見ていたドラマは何だったのだろう……」についての教え子の解

先日の僕のニュース引用のブログを、今、アメリカで学ぶ今年卒業した教え子に送り付けて、君の解を求めたいと言ったところ、早速に答えてくれた、その一部を(彼はこの前で見過ごされた孤独死という都市社会のジャーナリスティックなしっかりした視点でこの事件を語っているのであるが、あえて私の浪漫主義を痛く刺激した後半部分)を引用する。

時代に置き去りにされながら、一人孤独にテレビを見つめ続けた女性。なんだか思い描くと、すごく映像的で、映画にできそうな、妙にロマンに似たようなものを感じます。

彼女の発見後、当時9歳だった隣人のJadranka Markicさんが回想するかたちで物語はスタートする。画面は生前のHedviga Golikさんとの想い出へ。静かで内にこもりがちな、でも上品な夫人。しかしある日を境に彼女はパタリと姿を見せなくなる。その後混乱に満ちたユーゴスラヴィアの歴史とともに、9歳だったMarkicさんは徐々に大人になってゆく、Golikさんのことは記憶のほんの片隅に。そして42年後の発見シーンへとつながる。
回想シーンでGolikさんの自宅を生活感たっぷりに描き、テレビをキチンと映しておくと、オープニングとラストの、時代に置き忘れられたGolikさん宅のシーンが生きる。そして、揺れ動くユーゴを動乱たっぷりに、こちらもオープニングとラストの、「静」を引き立てる。

僕は、こんな教え子のイマジネーションに――密かに激しく――嫉妬しながら、……こうして教師をしていて、こうした教え子に逢えたということを、心底正直に、至福に思う――

« 今復権されるべき大伴昌司 | トップページ | 忘れ得ぬ人々20 ポンペイのドイツ人 »