フォト

カテゴリー

サイト増設コンテンツ及びブログ掲載の特異点テクスト等一覧(2008年1月以降)

The Picture of Dorian Gray

  • Sans Souci
    畢竟惨めなる自身の肖像

Alice's Adventures in Wonderland

  • ふぅむ♡
    僕の三女アリスのアルバム

忘れ得ぬ人々:写真版

  • 縄文の母子像 後影
    ブログ・カテゴリの「忘れ得ぬ人々」の写真版

Exlibris Puer Eternus

  • 吾輩ハ僕ノ頗ル氣ニ入ツタ教ヘ子ノ猫デアル
    僕が立ち止まって振り向いた君のArt

SCULPTING IN TIME

  • 熊野波速玉大社牛王符
    写真帖とコレクションから

Pierre Bonnard Histoires Naturelles

  • 樹々の一家   Une famille d'arbres
    Jules Renard “Histoires Naturelles”の全挿絵 岸田国士訳本文は以下 http://yab.o.oo7.jp/haku.html

僕の視線の中のCaspar David Friedrich

  • 海辺の月の出(部分)
    1996年ドイツにて撮影

シリエトク日記写真版

  • 地の涯の岬
    2010年8月1日~5日の知床旅情(2010年8月8日~16日のブログ「シリエトク日記」他全18篇を参照されたい)

氷國絶佳瀧篇

  • Gullfoss
    2008年8月9日~18日のアイスランド瀧紀行(2008年8月19日~21日のブログ「氷國絶佳」全11篇を参照されたい)

Air de Tasmania

  • タスマニアの幸せなコバヤシチヨジ
    2007年12月23~30日 タスマニアにて (2008年1月1日及び2日のブログ「タスマニア紀行」全8篇を参照されたい)

僕の見た三丁目の夕日

  • blog-2007-7-29
    遠き日の僕の絵日記から
無料ブログはココログ

« 「忘れ得ぬ人々20 ポンペイのドイツ人」写真追加 | トップページ | フリードリヒ「リーゼンゲビルゲの朝」“Morgen im Riesengebirge” »

2008/07/23

フリードリヒ「樫の森の中の修道院」“Abtei im Eichwald”

1996年夏、僕は妻とフランクフルトから旧東ドイツへ入って西へと向かうフリーの旅をした。バッハの生地アイゼナハを訪れ、その山上にあるルターが聖書のドイツ語訳をしたワルトブルグ城に泊まり、ライプチヒでバッハの墓参、しかし、全く言葉が通じない(ドイツ語は二人とも全く分からない上に、ホテルマンも殆どがまだ英語が喋れなかった)ストレスで胃が痛くなりながらも、辿り着いたベルリンのナツィオナル・ガレリーで、念願のフリードリヒの作品群に逢った。HPトップにその折の「海辺の僧侶」の部分を大画面で掲載しているが、その折に僕が写したその他の写真も少しアップして行きたい。

「樫の森の中の修道院」“Abte im Eichwald”(部分)

1809~10 カンヴァス 油彩 110.4×171㎝

Abtei  

これは彼の作品として最も知られる、あのグライフスヴァルト郊外にある「エルデナ修道院跡」がモデルとなっている。

Abtei2 ……曙の時、捩れた樫の木立が空を摑む。修道院の壁はかろうじて前方の部分のみが残りそそり立つ。その下方には、この廃院の空虚な入り口(そこには中央に十字架が見える)、門の更に手前の雪原には、真新しい墓穴が掘られ、土の地肌をのぞかせている。絵の左右の暗い雪原には、点々と墓標が立つ。そこへ仲間のものと思しい柩を担いだ黒い修道僧の列が闇の奥へと粛々と進む。――

それは厳粛な死の観想である。コントラストの悪い写真版や書籍の小さな挿絵では気づかないが、月は画面右上で、曙の中、白く光を失っている。作品の下部は薄闇に包まれているが、この空は晴れ渡った、澄んだ気に満ちている。それは旭日の予感である。これを不気味な絵としてはなるまい。光明の兆しこそがこの作品の静かな語りなのだ。

全図(ドイツ語版ウィキペディア“Abte im Eichwald”画像)

« 「忘れ得ぬ人々20 ポンペイのドイツ人」写真追加 | トップページ | フリードリヒ「リーゼンゲビルゲの朝」“Morgen im Riesengebirge” »